2018年2月18日(日):花名さんのような純真な女の子になりたいと思う今日この頃です

 昨日遅くまで起きていた反動で、かなりのお寝坊をしてしまった私です。
 それでも休日なのでアニメを消化してもおつりが来るので助かりました。

 ダーリン・イン・ザ・フランキス(6話)は、一つの区切りかと。
 互いに惹かれあう関係はより強い力へと通じるのかもしれません。

 スロウスタート(7話)は栄依子さんと先生のお話でした。
 花名さんのような純真な女の子になりたいと思う今日この頃です。

 魔法使いの嫁(19話)は、急にシリアスな展開になりました。
 ドラゴンの子が助かることを願わずにはいられません。

 Fate/EXTRA Last Encore(4話)は、第二階層へと到達します。
 次に立ちはだかるサーヴァントもまたかなりの強敵のようです。

 お外を走ってきてから朝ごはんをいただきます。
 さくら荘の6話は七海さんが倒れてサムゲタンが出てきます。
 終わりのセラフ2期の4話では深夜さんがパンをくわえて登場します。

 お買い物のお手伝いはいつも通りで、そのあとはお外をお散歩します。
 それからドラゴンボールの録画も一応消化しました。

 お昼からは家のお手伝いが中心であまり浮上できませんでした。
 それでもキングダムハーツ2も少しは進めることが出来ました。


 夕方には、
 HUGっとプリキュア(3話)
 カードキャプターさくら(7話)
 を見ました。

 晩ごはんをいただいてからようやく浮上します。
 お返事は出来ていると思いますが、人間関係にはとても苦労します。
 かの人のように誰にでも好かれる人間になりたいです。

 明日は、
 学園ベビーシッターズ
 続・刀剣乱舞 花丸
 刻刻
 三ツ星カラーズ
 を見ようと思います。

【アニメ感想】カードキャプターさくら クリアカード編 第7話「さくらとお庭でおにごっこ」

 カードキャプターさくらの7話を見て感想を書きます。
 今回は知世さんのお宅にお邪魔するお話のようです。
 知世さんの撮影への執念はある意味大物だと思います。

【内容】
 音楽室で回収したカードを月(ユエ)に報告するさくらさん。
 カードの効力は何かを記録することが出来るようで、ケロちゃんは早速使ってみるべきと提案します。
 なお、雪兎は大学では音楽サークルに入っていてケロちゃんより忙しいとのことです。

 「記録といえば知世」とのことでさくらたちは知世の家にやってきていました。
 さくらが来るのを喜んでいたのは知世だけではなくそのお母さんも同様でした。
 なお、さくらのお母さんと知世のお母さんはいとこ同士とのこと。

 お母さんは仕事で不在になりますが、さくらは「新製品」を試すようにと言われます。
 最近はさくらの活躍を撮影できなかったことから、スマホで操作できるドローンを開発したとのこと。
 とりあえず先日手に入れたカードを使ってみることにしますが……

 はじめは動かなかったカメラも、命令をするなりすさまじい動きで撮影を開始します。
 一方で、知世は自分が記録することに並々ならぬ執念を燃やします。
 なんでもドローンだけでなくて水中用のカメラも開発を進めているようです。

 小狼がやってきて何か会話をしようとしますが、さくらの姿に思わず顔を赤らめます。
 メイドさんがおやつを持ってきてくれたので、ケロちゃんは写真を撮ってスッピーに送るとのこと。
 カードの写真も撮影して、スッピー(やエリオル)に送れば何か手がかりがあるのかもしれません。

 ケロちゃんも月も、小狼すらも反応しないカードとは一体何なのでしょうか。
 突然風が巻き起こりますが、やっぱり小狼には見えていませんでした。
 剣を出して戦闘態勢に入った小狼は雷で相手を攻撃しますが、当てることが出来ませんでした。

 さくらは重力のカードを使って異変の原因らしいものと追いかけっこを始めます。
 ゲイルでは傷つけてしまうからと、アクションのカードで植物を動かしてみますがそれでは駄目でした。
 相手ともっとなかよしになりたいと感じたとき、向こうから寄ってきて、飛翔のカードを回収します。

 知世は新しいカードを使ってほしいとお願いし、さくらはさっそく手に入れたカードを使います。
 大きなリボンのような翼をつけて空を飛ぶさくらはあたかもオープニングテーマの再現かもしれません。
 カードがみんなが幸せになるためのものだったらいいなと考えるさくらなのでした。

【考察等】
 素敵なお家に住んでいるところからも知世さんがお嬢様ということを改めて実感します。
 知世さんのお母さんもまた娘さんと同様、それ以上の反応を示してなんだか面白いです。
 さくらさんと知世さんと同様に、お母さんたちも同様に仲良しだったのだろうなと推測します。

 ドローンや水中カメラという執念を燃やす知世さんがいろんな意味で素敵です。
 ケロちゃんがスッピーさんと張り合うように写真を撮りつつも、しっかりと後のことも考えているのも良かったかと。
 どうして戦わないのかと思っていた小狼くんも武器を出してきてちょっと安心しました。

 タイトルどおりの「おにごっこ」は、見ていてとてもほほえましいお話でした。
 ただ闇雲に攻撃するわけではなく、なかよしになろうという発想がさくらさんらしくて素敵です。
 大きなリボンのようなもので空を飛ぶ姿も見ていてすごくいいなと思います。

 次回は、秋穂さんの引っ越してきたお家にお呼ばれするお話のようです。
 おそらくお話の鍵を握る「大切な人」も出てくるのではないかと思われます。
 お話が進展するとともに、秋穂さんとはますます仲良しになれることを願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】HUGっと!プリキュア 第3話「ごきげん?ナナメ?おでかけはぐたん!」

 プリキュアさんの3話を見て感想を書きます。
 前回2人目が仲間になり、今度は3人目……というわけにはいかないようです。
 可愛い動物さんを見ていると穢れた心が癒されるということでしょうか。

【内容】
 2人目の仲間が加わったかと思えば、はぐたんは機嫌を悪くして泣きじゃくってしまいます。
 さあやがパソコンで調べ物をしていると、ハリーは「ミライパット」というアイテムを出して(販促して)きました。
 指し示す先にはぐたんをご機嫌にするアイテムがあるとのことですが……

 やってきた先は日本庭園でしたが、はぐたんの機嫌は直ることはありませんでした。
 はなははぐたん(とハリー)を抱っこしつつ、さあやと先にすすんでいきました。
 一方、チャラ男はバイト女子に報告書を出さないことを責められていました。

 移動動物園にやってきたはな達はテンションが上がり、何気にほまれの姿もありました。
 しかし、はぐたんのご機嫌が直らず、またも泣き出してしまいます。
 サラリーマン男性が「ガキは嫌い」とけんかを売ってきますが、ほまれがすごんだら逃げていきました。

 実は可愛いものが大好きなほまれは、赤ちゃんを見るなり目を輝かせます。
 はなははぐたんを抱いているところをお母さんに見つかりますが、ハリーが父親ということで事なきを得ます。
 お母さんは記者をやっていて周辺を色々取材しているとのことです。

 お母さんはあっさりとはぐたんを眠らせ、子育てのこつを教えてくれました。
 どうやらミライパットが指し示していたのはお母さんだったようです。
 一方で、ハリーは自分達の世界がクライアス社によって未来を奪われてしまったことを回顧します。

 チャラ男はサラリーマン男性を見つけていつも通りオシマイダーにしてしまいます。
 オシマイダーはタワーを揺らして騒動を起こし、はなとさあやはとりあえず変身して戦闘を開始します。
 おっさんの鬱憤はこの世界ではプリキュアをも超える存在だったようです。

 「イケてる大人になりたい」と敵に拳を叩き込むキュアエールさん。
 必殺技であっさりとオシマイダーを退職に追い込んでしまいます。
 なお、チャラ男は会社に戻らずにそのまま帰宅してしまったようです。

 はなはとりあえずお母さんに抱きついて心臓の鼓動を感じます。
 その後、はぐたんは気がつけばはなのご両親にお世話をしてもらいます。
 そして、どうやら3人目のプリキュアはほまれで確定事項のようです。

【考察等】
 はなさんたちの苦労を通じてお母さんの偉大さを感じるお話なのでしょうか。
 私も小さい頃は色々と迷惑をかけていたのだろうなと、そんなことを考えてしまいます。
 お母さんこそが身近なヒーローであるという作品のコンセプトがよくわかるお話だったかと。
 
 はなさんを見ていると元気をもらえますし、さあやさんを見ているとどこかいやされます。
 また、ほまれさんの可愛いもの好きという側面も女の子らしくていいなと思いました。
 一方で、サラリーマン男性の扱いが雑なような気もしますが、世のお父さんは見ていないからいいということなのでしょうか。

 オープニングを見てもわかるとおり、ほまれさんが3人目のプリキュアで確定のようです。
 スカウト大作戦ということを見ると、結構積極的なアプローチが必要な感じなのでしょうか。
 私の予想では3人目まではあっさり加入して、最後の追加戦士は25話前後で加わるのではないかと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア プレイ日記 第1章「シャドーの復活とリライブホール」

 親戚筋から「ポケモンXD」をいただいて少しずつプレイしました。
 ある程度進んだので備忘録代わりにまとめてみようと思います。

 まずタイトル画面なのですが、
 ダークルギアというタイトルがなんだか中二病っぽくてかっこいいです。
ポケモンXD

 続いて主人公のリュウトさんを紹介します。
 前作「ポケモンコロシアム」の人よりも若干年齢が下のようです。
主人公

 オープニングの後は戦闘になりますが、どうやら訓練のようです。
 その後は妹のマナさんを捜してくるように言われ、あちこち移動します。
 研究所にはいないとのことで、スクーターで「カミンコ博士」のところに行きます。

 助手のめがねの人とバトルしますがあっさり終わります。
 カミンコ博士は一言で言えばマッドサイエンティストだと思います。
 とりあえず妹さんが見つかったので研究所に戻ります。

続きを読む

キングダムハーツ2 プレイ日記 19日目「プライド・ランド編」

 年度内のクリアは難しいと思いつつ、今日もキングダムハーツ2をプレイさせていただきました。
 今回はライオンキングさんのお話で、ソラさんがなんとライオンの姿になって戦闘をします。

【前回のあらすじ】



 いつもどおりシューティングゲームをした後、ソラさん達一行は「プライド・ランド」にやってきました。
 いわゆる「ライオン・キング」の世界で、ソラさんたちは気がつけば別の姿になっていて驚きます。
 メスライオンさんにお話を聞くと、食糧不足があったり悪い王様が出てきたりと色々大変らしいです。

 ソラさんは自分が悪い奴をやっつけてやろうと考え、とりあえず先に進みます。
 敵のスカーはハイエナやピートさんを従えており、なかなか強敵のようです。
 さらに、ライオンの世界を救うことが出来るのは、新しい王様だけとのこと。

 無茶振りだと思いつつ崖を飛び越えたりして移動すると、先代の王の息子というシンバさんが登場します。
 彼は過去のトラウマやいろいろなことがあって戦うことができないといいますが、亡きお父さんの声を受けて戦うことを決意します。
 今度のボスは彼が一人で引き受けてくれると思うと、ちょっと気が楽になります。

 ボスのスカーさんが登場して、ご丁寧にシンバさんのお父さんを殺害したことを白状します。
 彼とはシンバさんが戦うことになり、ソラさん達は取り巻きのハイエナさんを殴りつけることになりました。
 敵が複数いると結構面倒ですが、正面からの攻撃をカットする例のアレでなければ何も恐れることはありません。

 さらに先に進むと、シンバさんがスカーさんを谷底に突き落としてしまいます。
 そのまま出てこなければいいのですが、スカーさんはハートレスになって襲い掛かってきました。
 このワールドのボス戦になるのですが、ひたすらに殴りつけていれば勝てるのは内緒です。

 シンバさんが王様になってライオンたちの世界にも平和が戻ったようでよかったです。
 次は攻略サイトによるとトワイライトタウンに行けばいいらしいです。
 果たして次はどのような出会いが待っているのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム