【アニメ感想】ナイツ&マジック 第8話「Secret & Quest」

 ナイツマの8話を見て感想を書きます。
 冒頭から怒涛の展開に1話飛ばしたのかと本気で思いました。
 相変わらずロボットへの情熱に目を輝かせるエル君が素敵です。

【考察等】
 シェルケイズなる魔獣の襲来に王都は騒然とします。
 それらが向かう先「アルフヘイム」はエーテルリアクタの生産地でありロボットの生命線でした。
 燃え上がるエル君はロボット生産を守るため銀鳳騎士団の出撃を命じます。

 騎士団の面々を率いてを現地に到着したエル君たち。
 そして金色の獅子を駆る王子も意気揚々と初陣を飾ります。
 意気揚々と戦闘を続ける一同を見た現地の方々はその性能に驚きを隠せません。

 一気に森に攻め入るエル君の前に現れたのは、あまりにも巨大なシェルケイズの「女王」でした。
 木の上に乗ったエルは女王の頭部めがけて攻撃を仕掛けてあっさりとそれを退けます。
 先王にエーテルリアクタの製法を教えるといわれたエル君はますます目を輝かせます。

 エーテルリアクタの製法はアルフヘイムの民にしか教えられないとのこと。
 案内役の男性はどうやら人間ではないようで、実は80歳以上なのだとか。
 やってきたアルフヘイムは幻想的な風景が広がり、独自の風習を持っていました。

 大老の一人である女性は、エル君に製法を会得するには時間が足りないと一言。
 先王の言葉を受けた彼女はエル君に改めて技法を教えることになりました。
 大気中のエーテルを吸収しマナに変換するためには(擬似)血液とスクリプト(生命の歌)が必要とのこと。

 打ち取った魔獣の心臓を使って理想の機体作りへとまい進するエル君。
 夢への情熱で製法を会得したエル君は、意気揚々と学園へともどります。
 新型機を完成させたエル君ですが、周辺諸国にはどうやらきな臭いにおいが立ち込めているようです。

【考察等】
 燃えるような情熱のエル君を見ているとなにやら元気をもらえるような気がします。
 王子様や引退した先王様のロボットを駆る姿も、彼と同じにおいを感じます。
 エル君を見守る先王様がふとおじいちゃんに見えるのは私だけでしょうか。

 後半では「エーテルリアクタ」製法の説明がなされますが、最低でも私の理解を超えるものでした。
 それでも意外とあっさりと終わってしまうのは、異世界転生した特殊事情ゆえなのでしょうか。
 彼の作り出す理想の機体がどんなものになるのか、わたし、気になります!
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】プリンセス・プリンシパル 第7話「case16 Loudly Laundry」

 プリンセスプリンシパルの7話を見て感想を書きます。
 色々な意味で余裕のあるお姫様が素敵だなと思います。
 選ばれたものの才覚に、うらやましさと、劣等感を感じる今日この頃です。

【内容】
 冒頭から、洗濯工場で働くことになったアンジェたち。
 彼女たちに与えられた任務はご禁制のガスを使う「毒ガスジャック」の発見と確保にありました。
 ロンドンの壁の貯蔵庫を使う犯人は、どうやら兵舎の人間であると推測されます。

 兵士達は自ら選択することはなく、衣服には毒ガスの成分が付着するとのこと。
 洗濯工場にやってきたのは、一斉に出された軍服からその成分を採取することになりました。
 そして、洗濯工場でのお仕事を楽しそうにこなすお姫様が素敵です。

 女性たちは直ぐに休憩に入って捜査は進みません。
 その理由は機械がポンコツだから怪我をしないようにという配慮でした。
 そして、工場が謝金がたまって倒産寸前ということが明らかになります。

 借金取りの前に現れたお姫様は工場を買い取ると言い出します。
 兵員全てのチェックが終わるのは2週間であり、お姫様は損をするつもりはないと一言。
 機械の並べ替えや道具のまとめなど、工場を少しずつ改装することとなりました。

 一斉に歌いながらお仕事をする女性たち。
 効率が上がったことからあっさりと仕事は終わり、さらに新たな顧客を獲得することに。
 一方、上層部は任務と関係ないのではないかと当然のごとく突っ込みます。

 楽しくお仕事を続ける女性たちに、ちせも意気投合したようです。
 お姫様は兵士達の軍服からついに毒ガスの成分とその持ち主を探り当てます。
 そして、彼女を狙う男の気配に気づくちせさんはさすがです。

 自爆しようとする男を殴りつけるちせですが、どうやら男は命を落としてしまったようです。
 お姫様は社長を辞めると言い出し、リーダーであった女性にバトンタッチします。
 女性はちせに「負けるな」と伝言を残し、工場を守ることを決意します。

【考察等】
 今回はスパイというよりもむしろ経営のお話だったようです。
 可愛らしいだけでなくて優れた経営手腕をも兼ね備えたお姫様が素敵過ぎます。
 おしゃれに、労働に、目覚めた工場の女性陣も楽しそうで何よりです。

 工場経営としては成功したものの、今回は任務としては成功しなかったようです。
 それなのに、女性陣がなにやら楽しそうなところがいいなと思います。
 一方で、お姫様たちが上司に怒られないのかがすごく心配になりますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】セントールの悩み 第7話「初めての経験って恐怖と興味が共存…ライムだけどね。/幼い頃に観たオカルト映画の恐怖は140%増しだよね。」

 セントールの7話を見て感想を書きます。
 キャラクターのかわいさと難しいお話とのギャップが相変わらず面白いです。
 最近では今季有数の癒し枠ではないかと思い始めてきました。

1 初めての経験って恐怖と興味が共存…ライムだけどね。
 蛇の人のスーさんを伴いプールに行くことになった姫乃たち。
 委員長の妹は初めてのケツァルコアトルに動揺するものの、適応は意外と早いようです。
 プールではそれぞれ水着に着替えますが、着替え方や胸元にそれぞれの個性が出てしまいます。

 南極では海におちることが死を意味することから、水が恐いというスーさん。
 不満をたれる三つ子をよそに、人馬の2人は深いプールで練習をしていました。
 人魚が上手に泳ぐ一方で、人馬の姫乃は自分が溺れたら誰も助けられないと語ります。

 楽しそうに水かけをする一同に思わず平和を感じる一同。
 紫乃が姫乃に甘える一方で、ふてくされる三つ子は委員長やそのほかのクラスメイトが抱っこします。
 なお、全てが女王から生まれたスーさんは妹がたくさんいるようです。

2 幼い頃に観たオカルト映画の恐怖は140%増しだよね。
 いきなり教室にやってきて「金曜日に怪談をやろう」と提案するオカルト部の部長さん。
 彼は「トワコちゃん」を参加させることが本命のようですが……
 そのほか、活動実績を報告することで来年の部費も獲得できるようです。

 一生懸命な部長に同調する姫乃に対して、勝利を確信する部長さん。
 人体実験や人面犬のお話が飛び交う中、夜の部室でろうそくをたて、いよいよ怪談が始まります。
 学園都市では遺伝子操作の実験体がさまよっているというお話から、科学の限界にお話の中心は移ります。

 怪談から離れたことを指摘した会長によって、幽霊のお話から化石のお話へと話題は移ります。
 会長さんの顔芸がいろんな意味で秀逸でした。
 「恐くなんかないんだから!」と叫ぶトワコさんが素敵だなと思います。

3 考察等
 何気ないやりとりにそれぞれの種族の事情を感じて面白いです。
 姫乃さんと紫乃さんとのやり取り、小さい子たちの絡みに従妹が小さかったころをふと思い出しました。
 スーさんも見た目が強烈ですが、中身は普通の女の子なんだなと思います。

 後半では怪談のお話と思いきや、むしろデートのお話の流れになりました。
 自分に正直な部長さんも、彼の一生懸命に付き合う姫乃さんも、恐くないと叫ぶトワコさんも素敵です。
 優しくも不思議な世界観が、このお話を今季の癒しの一つとしてて意義付けることを可能にしているのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】潔癖男子!青山くん 第8話「梅屋くんは忍耐強い」

 青山くんの8話を見て感想を書きます。
 今回の冒頭は柔道でしたが、サッカーは一体なんだったのでしょうか。
 まあ今更突っ込んでも仕方ないのかもしれませんが……

【内容】
 柔道部期待の新人である梅屋くんは何故かサッカー部に入ってきました。
 忍耐強い梅屋くんはどうやらもかに気があるようで、あっさりと顧問の先生を投げ飛ばして柔道部と縁を切ります。
 しかし、もかの青山くんラブは筋金入りのようです。

 青山くんに勝負をすることになった梅屋くん。
 つい最近まで柔道をやっていた男とは思えない動きで青山くんに喰らいつきます。
 意気揚々と梅屋くんの解説をする顧問の先生は、自分の部活はどうするのでしょうか。

 もかの掃除の手伝いをするようになった梅屋くん。
 すっかりいいムードになったように思える一方で、この掃除は全て青山くんの為だったりします。
 掃除したところをまた掃除する青山くんの姿を見つめるもかに、どうしてそこまで好きなのかと問い掛ける梅屋くんなのでした。

 もかが掃除したところを再び掃除する青山くん。
 彼女の気持ちを察した梅屋くんは彼女が掃除したことを青山くんに告げます。
 それでもマイペースにお掃除する青山くんはある意味平常運転です。

 青山くんを動物園のネコ祭に誘った梅屋くん。
 やってきたのは青山くん、梅屋くんともかの3人でした。
 しかしもかは青山くんを、梅屋くんはもかを見て、動物を見ているのは青山くんだけのようです。

 ねこ祭でねこさんを独占する青山くん。
 さらには小田切さんの姿もあり、気づけばあっさりと合流することに。
 チンピラに絡まれますがとりあえず全力で走って逃げ去ります。

 小田切さんにコンプレックスを感じるもかさん。
 梅屋くんは最後にボートに乗ることを提案し、もかと青山くんを2人きりにします。
 彼の後押しでもかは「楽しかった」ということが出来ました。

【考察等】
 冒頭は柔道ながらも、今回はサッカー要素が少しは入ってきたような気がします。
 とはいえ今回の本題は恋愛要素が中心ということで、ちょっとお話としては異色なのかもしれません。
 面白いというよりも、普通に感動できる、いいお話だと思いました。

 自分の好きな人のために一生懸命になる梅屋さんが素敵です。
 彼には忍耐強いというよりも誠実という言葉が似合うような気がします。
 一方で、次回にはまったく違うお話になるのだろうなと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】バトルガール ハイスクール 第8話「星守たちの休日」

 バトルガールハイスクールの8話を見て感想を書きます。
 前回のシリアスが一変して今回はまたほのぼのとした日常ムードに戻ったようです。
 むしろ殆ど戦闘だけだった前回が浮いてしまう形になりましたが。

【内容】
 連休にリゾートにやってきた星守の少女たち。
 一方でみきたち一部メンバーはイロウズの襲撃に備えてお留守番でした。
 なお、すばるの作った朝ごはんはとてもおいしそうでした。

 勝手に花壇に水を与えられていたことから学園の七不思議を思い出す一同。
 テストで赤点だったみきは追試のため勉強を強いられる一方で残りメンバーは遊園地で楽しんでいました。
 相変わらず盗撮にいそしむ先輩には誰も突っ込んでいませんでしたが。

 バレーボールの試合を観戦していた星守がいれば、スイーツを食べる星守もいました。
 コンサートを鑑賞する皆さんはセレブ感満載で何よりです。
 一方、残されたみきたちは体育館にマットをしいて眠っていましたが。

 どこかのCパートのようにお酒を飲む先生もお休み中のようです。
 一方、物音を感じたみきたちは泥棒の可能性を感じてパトロールを始めます。
 物音の正体はバーチャルでお休みを楽しんでいたあんこ先輩で、お水をあげていたのはミサキさんだったようです。

 みきは勉強を強いられ、ミサキは意外な一面を見せます。
 先生はいいよねと言い出すみきですが、実際先生方は色々と大変なようです。

 みきは先生にお礼のケーキを作ろうと言い出しますが、みきやミサキには料理の経験はないようです。
 ケーキを作ろうとして失敗したことを聞いた先生は、自分のために一生懸命になった生徒にどこかうれしそうです。
 そして、休暇中のメンバーが戻って来てみんな仲良しで何よりです。

【考察等】
 ある意味平常運転にもどったお話だと思います。
 一方で前回のシリアスは一体どこに行ったのでしょうか。
 相変わらずマイペースな皆さんや意外な一面を見せるミサキさんを見ているとどこか安心します。

 めまぐるしく移り変わるキャラクターを見て、殆どわからなくなってしまいました。
 そろそろ終盤に入る中、次回あたりからはシリアス路線に戻ってしまうのでしょうか。
 ここまできたら最後まで見届けられたらいいなと思います。

 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム