【アニメ感想】進撃の巨人 第32話「打・投・極」

 進撃の巨人の32話を見て感想を書きます。
 気づけば同期のうち4人が巨人ということですごいことになってきました。
 相変わらず迫力のある戦闘はすごく、スタッフの方の努力を感じます。

【内容】
 何と、ライナーは「鎧の巨人」でありベルトルトは「超大型巨人」でした。
 その「裏切り」に対して怒ったエレンは自らも巨人となり、鎧の巨人と戦うことに。
 一方、ユミルを食べてしまった超大型巨人に対して、ハンジたちは戦闘態勢に移行します。

 ハンジ達は一気に超大型に攻めかかりますが、超大型から発した蒸気によって立体機動装置を使えなくなってしまいます。
 その状況に「待ち構えるしかない」と構えるハンジは、もう彼らの確保は不可能であり、殺すしかないと決意します。
 そして、エレンの方は鎧の巨人によって一方的に殴り倒されてしまいます。

 全身が堅い鎧で覆われた「鎧の巨人」には、エレンの攻撃も、ミカサの刃も通用しません。
 かつて故郷が巨人に襲撃されたことを思い出したエレンは「お前等クソ野郎だ」「消さなきゃ」と怒りを燃やして立ち上がりますが、やっぱり殴り倒されてしまいます。

 かつてアニに投げ飛ばされて、関節技を決められたことを思い出したエレンさん。
 今度は自らがその技で鎧の巨人を投げ、そのまま片腕をもぎ取ることに成功します。
 しかし、それでも相手に致命傷を負わせることはできませんでした。

 エレンに「足は壊せるか?」と尋ねるハンジさん。
 彼女達の提案により一字撤退を決意するエレンですが、鎧の巨人の動きは早く、簡単には逃がしてくれません。
 鎧の巨人の首を押さえたエレンは、ミカサが鎧で覆われていないひざ裏を攻撃したことで抵抗力を弱めた隙を突き、そのまま首をもぎ取りにいきます。

 大声で叫ぶ鎧の巨人は、どうやら巨人を呼び出したようです。
 その時現れたのは超大型巨人で、何と巨人を二人ごと食べようとしてしまうのでした。

【考察等】
 1期ラストに引き続き、巨人対巨人の戦いになりました。
 こうなると巨人化できるエレンさんの優位は失われ、結局は単純な力勝負になってしまいます。
 ライナーさんの方が体型も勝っているからどうしても苦戦は免れえないのは仕方ないかと。

 攻撃が通用しない相手に対して、まさかの投げ技や関節技で勝負するところは見事だと思います。
 それでも致命傷を与えられないのが恐ろしいところで、あのエレンさんが一旦撤退を受け入れるのはちょっと意外だったりもします。
 エレンさんとミカサさんの息のあった連携に、さすが夫婦とふと思ってしまいました。

 最後に叫んで巨人を呼ぶのは、たしかアニさんでも同じパターンだったかと。
 とはいえアニさんの時とは違い、もう正体がばれているのでもう隊には戻れそうにないのですが。
 そして超大型さんが食べに来るのはまったく想像できませんでした。

 気づけばずっと画面に見入っていて、いつの間にか終わってしまいました。
 次回のお話がどうなるのか、ますますこの先の展開が、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】進撃の巨人 第31話「戦士」

 進撃の巨人の31話を見て感想を書きます。
 前々回のユミルさんも衝撃的でしたが、今回またも衝撃的な事実が判明します。
 ひとつの謎が解決する以上にわからないことが出てきて、ますます先が気になってしまいます。

【内容】
 調査兵団の主力部隊が合流し、ライナーたちは事なきを得ます。
 しかし、彼等を戦って倒れたユミルはハンジがいうには「普通」なら死んでいる状態とのこと。
 ユミルが人類の味方であると説明するクリスタ改めヒストリアですが、ハンジは「この世界の状況は複雑だ」と意味深な一言を発します。

 ユミルの身柄はひとまずトロスト区へ送られることとなりました。
 そして、アニの一件(1期で握りつぶされかけたこと)を含めて2度死に掛けたライナーは混乱状態に陥ります。
 そんな一同にハンジは、今は壁の修復を優先すべきと諭すのでした。
 しかし、先遣隊のハンネスがいうには、修復すべき壁の穴はどこにも見られなかったとのこと。

 一度トロスト区に戻り体制を立て直すことになったエレン達。
 そんな彼に「話がある」と切り出したライナーは、自分たちが人類を滅ぼすべく行動を開始したと言い出します。
 自分が鎧の巨人であり、ベルトルトが超大型巨人であると告げると共に、エレンに共に来るようにと求めるのでした。

 12時間前、ハンジはエレンたちにアニ(女型の巨人)とライナー、ベルトルトが同郷であることを告げていました。
 それと同時に、ライナーがアニに情報を流していたのではないかという推測、一度握りつぶされたときライナーが刃でエレンの位置を示したのではないかという話が浮上していたのでした。

 ライナーの突然の告白を受けたエレンは「お前疲れてるんだよ」と一言。
 ここに長くいすぎたと涙を流すライナーは「戦士」としての責任を果たすと、自分の体の傷が修復されていく様をエレンに見せます。

 エレンを守るため、間髪入れずにライナーとベルトルトを殺しにいくミカサ。
 しかし、ライナーは鎧の巨人に、ベルトルトは超大型巨人に変身し、ユミルとエレンを掴んで走り去ろうとします。
 信じていた2人の正体に衝撃を受けたエレンは、この「裏切り者」に対して、自らも変身して彼らの前に立ちふさがるのでした。

【考察等】
 ユミルさんが巨人になった前々回につづき、ライナーさんやベルトルトさんも巨人になってしまいました。
 エレンさんの同期はアニ(1期の女型の巨人)さんを含めて4人も巨人ということで驚きですし、ライナーさんの「人類を滅ぼすため」という言葉がすごく引っかかってきます。
 巨人の正体が人間であるということ、そして、人間を滅ぼそうとする人間が存在するということですが、彼等がどうしてそのような行動に至ったのか、新たな謎が浮上してしまいました。

 前回のクリスタさんの本名が「ヒストリア」であるということは、恐らくお話の上で重要なことなのだと思います。
 しかし、今回のライナーさんとベルトルトさんの一件がそのことを完全に吹き飛ばしてしまったような気がします。
 一方で、ライナーさんとベルトルトさん、アニさんが通じていた疑惑がある一方で、ユミルさんはまた別の理由で動いていたような気がするのは私だけでしょうか。

 おそらくお話の鍵を握る「獣の巨人」の正体も気にかかりますが、今はライナーさん=鎧の巨人たちのことが優先でしょうか。
 アニさんに続き、またも同期と戦うことになったエレンさんの今後が、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】進撃の巨人 第30話「ヒストリア」

 進撃の巨人の30話を見て感想を書きます。
 前回の衝撃のラストから一週間、クリスタさんとユミルさんの過去、そして現在を通じた絆が描かれていてよかったと思います。
 同性ながら、クリスタさんがますます好きになりました。

【内容】
 エレン達が訓練兵だった時代、雪山での訓練が行われていました。
 しかし、ライナーによると、クリスタ、ダズ、そしてユミルの3人が行方不明とのこと。
 あいにくの吹雪で、彼らの捜索は明日にまわされることに。

 死に掛けているダズを無言で引っ張るクリスタと、それを見つめるユミルさん。
 ダズを置いて2人で助かるか、3人とも死ぬかしかないという彼女に、クリスタは3人を救うのだと引っ張ることを辞めません。
 そんなクリスタに「そのまま死ぬつもりか」とユミルは反論します。

 クリスタは、ある偉い人の妾(愛人)の子であり、その存在を疎まれて訓練兵にさせられたとのこと。
 ユミルがクリスタを案ずるのは、自分の生い立ちが似ていたかららしいのです。
 しかし、自分を追いやった連中ではなく、自分に殺意を向けているクリスタにいらだつユミルさん。

 ユミルはクリスタを残し、ダズとともに吹雪の中に消えていきます。
 一方エレン達は命令を無視してクリスタ達を助けに向かおうとし、先にロッジにたどり着いたクリスタ、ダズと合流。
 遅れて1人でやってきたクリスタはユミルと合流しますが、彼女がどうして崖を無事たどり着いたのかと一言。
 ユミルはその秘密を教えるが、その姿を見たときは本当の名を名乗って生きろをこたえます。

 時間は現在に戻り、ユミルはクリスタ達を守るため巨人と化して無数の巨人と戦うことに。
 その姿を見たライナーとベルトルトは、自分の友を殺した巨人を思い浮かべ、唖然としてしまい、落ちそうなクリスタの足を強く握りしめる一幕も。
 仲間のいる塔を守るため必死にユミルに、クリスタはいつもとは違った強い口調で「生きろ!」と叫ぶのでした。
 
 「いっそこんな塔なんてぶち壊せ!」
 クリスタのその言葉に反応して、ユミルは塔を破壊して仲間を自分の頭に乗せて脱出します。
 しかし、瓦礫の中から現れた巨人にユミルは食べられてしまうことに。

 ユミルの元に向かうクリスタの前にも、巨人が立ちはだかり大ピンチに。
 しかし、彼女を救ったのはミカサであり、調査兵団の精鋭達が残る巨人を倒してしまいます。
 そして、幸せそうな表情で倒れるユミルに、クリスタは自分の本当の名「ヒストリア」を告げるのでした。

【考察等】
 一言で言えば、クリスタさんとユミルさんの絆を描いたお話でした。
 時として「天使」と形容されるクリスタさんの献身に、自分を責める心があったことを知ると、何だか悲しくなってくるのは私だけでしょうか。

 クリスタさんの出生の秘密が明らかになりますが、命を狙われるほどの立場というのが気になります。
 そんな彼女を守るユミルさんは後半で巨人となりますが、そんな彼女に「生きろ!」と叫ぶクリスタさんが素敵です。
 自ら死のうとしているとまでいわれたクリスタさんが、そこまで生きるということを意識したのは、明らかにユミルさんによるところが大きいと思います。

 ミカサさん達の救援によって、クリスタさんたちは助かったのはよかったのですが、ユミルさんは巨人の秘密を持ったまま、亡くなってしまうのでしょうか。
 そして、クリスタさんの本名「ヒストリア」が今後どのような意味を持つのでしょうか。
 ますます謎が残る「進撃」の今後が、わたし、気になります!
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】進撃の巨人 第29話「兵士」

 進撃の巨人の29話を見て感想を書きます。
 相変わらず絶望的な状況が続く中、それでも必死に生き延びようとする皆さんがまぶしく映ります。
 この状況からどう生き延びることが出来るのでしょうか。
 クリスタさんのことを含めて、ますます次回がきになるところです。

【内容】
 壁を登る獣の巨人。
 そして、古城では巨人たちと調査兵団の戦いが始まります。

 2時間前、日の出よりも先に出発すると説明を受けた新兵たち。
 コニーは自分の村が無事であるとしながらも、仰向けの巨人が母親ではなかったのかと推測を立てます。
 それに対して「バカじゃねえの!」と悪態をつくユミルさん。
 ライナーは彼女の態度に、なにかをはぐらかしたのではないかと推測します。

 ユミルがカンヅメに書かれた、自分には読めない文字を読めたことをいぶかしむライナーさん。
 しかし、そんなことを確認する前に、巨人達が古城へと襲来してきます。

 「生きてるうちに最善を尽くせ!」と語る先輩方。
 城を守る新兵たちのうち、ライナーは先行して巨人と対面してしまいます。
 階段で大砲を落として事なきを得たと思いましたが、今度はコニーが背後から巨人に狙われることに。
 コニーをかばって右腕をかまれたライナーはそのまま巨人もろとも飛び下りようとしますが、コニーやユミルに助けられます。

 一段落した後、酒を消毒液に使ってライナーを治療するクリスタさん。
 自分のスカートを包帯の代わりに使う彼女の天使ぶりにライナーは「結婚しよう」と一言。

 先行して巨人と対峙したナナバら調査兵団の先輩方は次々と巨人を倒して生きます。
 しかし、獣の巨人の一投により仲間が犠牲となり、さらに大量の巨人が襲来してきます。
 立体軌道装置のガスや刃も(さらには酒も)尽き、先輩方は巨人の餌食に。

 迫る巨人を前に、コニーからナイフを借りたユミルさん。
 彼女はクリスタに「雪山の約束」を思い出すとともに、胸を張って生きろと一言。
 飛び下りた彼女は、何と巨人に姿を変えてしまいます。

【考察等】
 獣の巨人の行動が不明でしたが、遠距離攻撃のためだったのでしょうか。
 歴戦の調査兵団の先輩方をもってしても持ちこたえられなかったという事実に、もう絶望しか浮かばないのですが。
 それでも生きろと告げるユミルさんですが、まさかの巨人化には驚きました。

 前回のお話といい、クリスタさんがお話の鍵を握っているようです。
 ユミルさんがあそこまで必死に彼女を守ろうとしているところに、クリスタさんがますます重要人物であると感じます。
 そのあたりも次回に少しくらい明かされるのでしょうか。

 一方で、ライナーさんが読めなかった字を読めるところも注目かと。
 余談ですが、ライナーさんの回想でちょっと映った巨人はユミルさんの巨人なのでしょうか。
 戦闘描写のレベルの高さもそうですが、謎が謎を呼ぶストーリーにもますます引きこまれます。

 次回の「ヒストリア」というタイトルについて。
 クリスタさんの過去から、何らかの歴史がつむがれるのでしょうか。
 わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】進撃の巨人 第28話「南西へ」

 進撃の巨人の28話を見て感想を書きます。
 キャラクターが入り乱れて混乱してしまうこともありましたが、それでもストーリーは着実に進んでいるのを感じます。
 エレンさんの同期もそれぞれ生き抜いているようで、何だか安心しました。
 そして、獣の巨人は一体何を考えているのでしょうか。

【内容】
 故郷にやって来たコニーですが、村は巨人の襲撃を受け悲惨な状況に。
 人々の死体が無いのは避難したからだと思いたいところですが、一方で馬が残されたままどうやって逃げたのでしょうか。
 仰向けになった巨人に母親の面影を見るコニーですが、そんな彼に「任務に集中しろ!」「最善を尽くせ!」と促すライナーさん。

 南下する一団には、エレンと同期であるユミルとクリスタの姿がありました。
 自分を守ろうとするユミルに、「生まれた家」と関係があるのかと問いただすクリスタさんが気になるところ。
 そして、巨人と戦うリコ分隊長やハンネスは「何かがおかしい」と感じているのでした。
 また、月明かりで城跡を見つけた一団はそこで一旦休憩することに。

 移動中のエレンたちですが、ハンジがアニの硬化したかけらを眺めていました。
 かけらが蒸発せずに消えていないことと材質が壁のかけらと共通している二つの点。
 そこから、以前アルミンの打ちたてた「壁の材質=巨人」の仮説が実証されます。

 巨人化したエレンで壁を塞ぐことができる可能性が、さらには壁を塞ぐ資材を運ぶ必要が無いことからウォールマリアの奪還すら現実味を帯びてくることに。
 巨人が動かない夜に決行すべきと進言するアルミンに、「やるしかねえだろ」とエレンに決起を促すリヴァイ兵長。

 エルミア区には巨人から避難してきた人がごった返していました。
 その光景を見ても話す事が出来ないとするニック司祭ですが、一方で重要人物としてクリスタの名が挙がることに。
 サシャから報告を受けたハンジは改めて出発を促すのでした。

 一方、城跡で待機するライナー、コニー、ユミル、クリスタたちは、動けないはずの巨人の襲撃を受けることに。
 そしてひときわ大きな「獣の巨人」は壁をつたって侵入を図ります。

 重要人物であるクリスタを確保するべく出発するエレンたちに、リヴァイ兵長からありがたいお言葉が。
 アルミンの知恵を評価して、ハンジと知恵をしぼれと一言いい、次には、ミカサに全力でエレンを守れと指示します。 
 そして、エレンには自分を抑制しろと促すのでした。

 一路古城を目指すエレン達ですが、果たして巨人の猛攻を阻止することが出来るのでしょうか。

【考察等】
 お話は着々と進展し、ひとつの事実が判明しつつもまたわからない点が増えてきます。
 壁の材質が巨人であるというアルミンさんの仮説が実証されたことから、ウォールマリア奪還の可能性が見えたことは人類にとって大きな前進だと思います。
 一方で、コニーさんの村で人の死体がないことやコニーさんが巨人を母親と感じるシーンがありましたが、これは人が巨人になったということなのでしょうか。

 中盤でいきなり浮上したクリスタさんのお名前。
 ユミルさんが彼女と行動を共にする理由、そして彼女自身が口にした「生まれた家」という言葉が気になるところ。
 彼女を救出できたらという条件がつきますが、その口からなにか重要な情報が得られるような気がします。
 
 大量の巨人が迫る城跡ですが、あの巨人の群れが実はコニーさんの村の人なのでしょうか。
 そして、獣の巨人の行動にもますます目が離せません。
 次回もしっかりと見ていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム