【アニメ感想】異世界かるてっと 第7話「遂行!いいんかい」

 異世界かるてっとの7話を見て感想を書かせていただきます。
 今回から本格的に委員会活動が行われるらしいのですが……
 意外なキャラの組み合わせを見られると思うとちょっとワクワクします。

【内容】
 エミリアは学級委員の活動に疲れながらもどこかうれしそうでした。
 彼女は彼女なりに自分に出来ることをやろうとして、パックはそれを応援するとのこと。
 そしてエミリアは学校に行ったことがないから楽しいと言って涙を流します。

 スバルは飼育委員をしているそうですが、ハムスターがあまりにも大きくて違和感を覚えます。
 ハムスケはことあるごとにスバルをかじり、レムは魔獣を倒すと言い出しますが……
 レムは保健委員だから怪我をしたら来るようにと言い、ベアトリスはいつもどおり本を読んでいるだけなのだとか。

 マーレはベアトリスと同じ図書委員ですが、なぜか気が合う関係らしいです。
 アウラは先に飼育小屋に行くと言って弟(マーレ)とともに登校し、放送委員のめぐみんは放送事故を起こします。
 エミリアはアインズやアルベドと相談していて、アインズは仲間同士の交流はいいことだとひと言。

 スバルはアインズと仲良くなりますが、アインズはスバルの胸に手を当ててきました。
 「心臓をひねり潰さなかったのははじめて」と物騒なことを言い出しますが……
 そこにロズワール先生がやってきて林間学校が近いと言い、スバルはEMTがわからないと言われてしまいます。
 
【感想等】
 学校に行ったことがないというエミリアさんですが、他のキャラのうち何人が学校に行ったことがあるのでしょうか。
 ハムスケさんが飼育小屋に住んでいたのはなかなかシュールな光景でした。
 アウラさんが女性で、逆にマーレさんが男の娘なのは(公式サイトには書かれていましたが)あえて触れないのでしょうか。

 委員会活動の次は林間学校とのことですが、まともに授業をほとんどやっていないような気が……
 普通に授業を聞いているだけだとなかなかお話を作れないからなのかもしれません。
 流れからすると次が林間学校で、あとは運動会か文化祭あたり終わるのかなと思えてきます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】異世界かるてっと 第6話「決定!いいんかい」

 異世界かるてっとの6話を見て感想を書かせていただきます。
 懇親会でクラスの距離が縮まったのかはさておき、今度はクラス委員を決めることになりました。
 ちなみに筆者は小学生の頃は飼育委員をやっていましたが……

【内容】
 ロズワール先生は学校に慣れてきた頃だと言ってクラス委員を決めようと言ってきました。
 アルベドはアインズが委員長にふさわしいと言いますが、アクアはアンデッドが委員長になるのはおかしいと反論します。
 アインズ、アクアが委員長に立候補したかと思えば、エミリアも立候補すると言い出します。

 くじ引きの結果、エミリアが委員長になり、アルベドは副委員長がアインズであることに不服を述べます。
 アクアは副委員長をやりたくないといい、守護者達は自分が副委員長になると言い出しますが……
 軍人達はモテモテのアインズがうらやましいと思っていて、気がついたらあらゆる委員が決まっていました。

 デミウルゴスは委員会活動で結果を出すことがアインズの意志だと勝手に解釈します。
 ベアトリスはロズワール先生に話があると言い、先生が何を企んでいるのかと考えますが……
 カズマはターニャ、デミウルゴスと同じ委員になって、彼らが学生ではないだろうと突っ込みます。

 風紀委員長になったターニャは「規律」を重んじ、デミウルゴスとたちまち意気投合し、カズマは登校拒否になりそうと嘆きます。
 ダクネスはどんな拷問を受けるのかと喜び、コキュートスに何をされるのかと妄想を広げていましたが……

【感想等】
 元ネタは全て見ているはずが(特に幼女戦記の)キャラが未だにわかっていなかったりします。
 エミリアさんが委員長になるのはいいとして、出来たらもう少しめぐみんさんとの絡みがほしいです。
 小学生よろしく飼育委員までありましたが、一体何を飼育するのかすごく気になります。

 同級生に幼女はさておき悪魔がいる時点で突っ込むのは普通の反応だと思います。
 ダクネスさんはいつもどおりなのでなんともいえませんが……
 次のお話ではエミリアさんとめぐみんさんが絡むのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】異世界かるてっと 第5話「炸裂!こんしんかい」

 異世界かるてっとの5話を見て感想を書かせていただきます。
 正式な学校行事とは思えないものの、今回は懇親会のお話のようです。
 サブタイトル的にめぐみんさんがそろそろ活躍するのでしょうか。

【内容】
 ロズワール先生は懇親会の出し物を見せてほしいとくじ引きをしてきました。
 一番最初に選ばれたのは生徒を差し置いてレルゲン先生でしたが……
 レルゲン先生は自己紹介をし、腕を振りながらも帝国国家を斉唱してきました。

 ダクネスはレルゲン先生の滑って卑下されるさまに感激しているようです。
 次はスバルがあやとりで「東京タワー」を作りますが異世界の人には理解されません。
 レムは鬼の角を出して鉄球を振り回し、ターニャは能力の底を見せる探り合いなのかと考えます。

 ヴァイスは服を脱ごうとして阻まれ、ダクネスは一人では出来ないからとグランツが協力します。
 グランツは鞭で殴れと言われて変態扱いされ、スバルやヴィーシャに苦言を呈されます。
 アクアは「芸は請われてやるものではない」と言いつつアインズを浄化しようとしてきました。

 カズマ、アクアの夫婦漫才が終わり、めぐみんが爆裂魔法を打とうとしたので一度外に出ることに。
 銅像をめがけて爆裂魔法を炸裂させて快感を覚えるめぐみんさん。
 アインズは「いいものを見せて貰った」と言い、自分もなにか芸をすると言い出します。

 サラリーマン時代を思い出しつつ、アインズは空から雪を降らせてきました。
 アインズの部下は至高の御方の実力に感嘆し、幼女戦記の皆さんはトラウマを思い出したようです。
 不敵な笑みを浮かべるアインズに続き、めぐみん、エミリアの(中の人つながりな)一枚絵で終わるのでした。

【感想等】
 オープニングの「世界を面白くするのは我々自身だ」という一文は意外と深いです。
 前回は主人公同士の交流でしたが、今回はそれ以外のキャラの交流が中心でしょうか。
 角を出して鉄球を振り回してくるレムさんに懐かしさを感じたのはここだけの話です。

 アクアさんが水芸をしなかったのは意外でしたが、めぐみんさんが爆裂魔法を打つのはお約束でしょうか。
 めぐみんさんとエミリアさんの中の人が同じなのは知っていましたが、スバルさんとグランツさんも同じ人らしいです。
 最後に中の人コラボも出来たのでよかったのですが、次回以降は学校らしく授業風景でもやるのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】異世界かるてっと 第4話「邂逅(かいこう)!くらすめいと」

 異世界かるてっとの4話を見て感想を書かせていただきます。
 サブタイトルは膠着、邂逅と難しい言葉が続きますが……
 個性的すぎるクラスメイトはどうすれば仲良くなることが出来るのでしょうか。

【内容】
 ターニャは公園にアインズを呼び出し、すさまじい気迫で「貴様は存在Xなのか」と聞いてきます。
 アインズは自分が存在Xだと言われて困惑し、ターニャは元々日本人だったのではないかと言い出します。
 アルベドはターニャがアインズを好きになってしまうのではと危機感を抱き、レムと意気投合します。

 元日本人で異世界にやってきたという共通点からターニャ、アインズは急に和解していました。
 授業が終わり、レルゲン先生は懇親会の隠し芸について言及しますが、ロズワール先生が楽しそうだから決めたそうです。
 ヴィーシャはターニャを迎えに来て、ターニャは「この世界は飯がうまい」と言って去っていきますが……

 次の日、ターニャはヴィーシャとともに挨拶し、レルゲン先生はあの幼女の皮を変わった悪魔がどうしたのかと考えます。
 レムはスバルを抱えたまま登校し、ダクネスも同じようにカズマを背負って登校しますが……
 互いを見た2人は下ろしてもらい、歩いて登校しますが結局遅刻してしまいました。

 スバル、カズマの2人は遅刻して廊下に立たされながらも互いに異世界転生だと意気投合します。
 カズマはパーティーに恵まれない自分の境遇を嘆き、女子に囲まれているスバルはお前は大変じゃないと憤ります。
 「格差は理不尽」と言い、スバルは敵だと訴えるカズマなのですが……

【感想等】
 冒頭からアインズ様とターニャさんが絵柄に反して一触即発になっていて驚きです。
 結局は意気投合する流れになったのはよかったですが、そもそも彼らを呼び出した連中は何者なのでしょうか。
 スバルさんが何度も死んだ経験があることを知ったらカズマさんの態度も変わるのかもしれません。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】異世界かるてっと 第3話「膠着(こうちゃく)!くらすめいと」

 異世界かるてっとの3話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトのあらすじを見るとターニャさんが中心のお話になるようですが……
 個性豊かなクラスメイト達の間で果たしてどんなクロスオーバーが繰り広げられるのでしょうか。

【内容】
 ターニャは学園生活を送ることになりましたが、元々戦いから遠ざかることを望んでいました。
 周囲の世界の出来があまりにも悪いことが気になりますが……
 デミウルゴスはこの世界に「生徒」として閉じ込められていることにアインズはすでに気づいているとひと言。

 この世界は何らかの拘束力を持った結界に阻まれ、アインズは戦闘行為をとがめた……らしいです。
 ターニャはこの状況を甘受せざる得ないと思っていましたが、隠し芸大会のプリントが回されてきました。
 エミリアは「隠し芸」は何をすればいいのではないかといい、ラムはスバルそのものが隠し芸だと言い放ちます。

 ベアトリスは隠し芸なんてつまらないと言いますが、ケーニッヒやノイマンに「お嬢さん」と言われて機嫌を悪くします。
 彼らは「幼女ってのは難しい」とターニャのことを思い出してしまいますが……
 ベアトリスはロズワールを捕まえて事情を聞き出そうとしますが、レルゲン(先生)に口の利き方を怒られます。

 「ちゃんと学生らしくしないといけない」と言われたベアトリスはあっさりと言うことを聞きます。
 レルゲンは「世の中には幼女の皮を被った悪魔」がいるといい、ターニャは噂されたのかとくしゃみをします。
 さらに、ターニャはアインズが「存在X」ではないかと考えて2人きりで話をしたいと言い出します。

 レムは「人を好きになるのに時間なんて関係ない」といい、アルベドとなぜか意気投合します。
 アインズ、ターニャがどこかに出て行ってしまいますが……
 アルベドはアインズを追いかけようとしたものの先生に阻まれてしまうのでした。

【感想等】
 ほのぼのとしたムードに反して「膠着」という緊張感が漂う言葉が出てくるのが気になります。
 ターニャさんが中心っぽいあらすじではありましたが、アインズ様のインパクトがあまりにも大きすぎたかも。
 アニメだとあまり出番がなかったベアトリスさんの出番が増えたことはちょっとうれしいです。

 クロスオーバーがここにきて一気に加速し、だんだんカオスな感じに仕上がってきました。
 レムさんはひと言だけでスバルさんへの愛を感じさせるのはすごいと思います。
 個人的には中の人が同じエミリアさんとめぐみんさんがどうからむのかが気になりますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム