【アニメ感想】RobiHachi 第7話「一寸先は夢の国」

 ロビハチの7話を見て感想を書かせていただきます。
 サブタイトルの時点でかなり攻めていることがわかりますが……
 広告代理店も夢の国も恐れないのはある意味すごいと思います。

【内容】
 アッカ・サッカという惑星にやってきたロビー達は入るだけで金を取るのかと憤ります。
 ハッチはSNSのフォロワーが1万人がいると裏口から入っていけると説明しますが……
 ロビーはハチがフォロワーを金で買ったのではないかと同情しながら先に進んでいきます。

 遊園地の中は夢のファンタジー世界らしく、突然にミュージカルが始まります。
 ハッチは順応して踊り出し、ロビー達も仕方なく一緒に踊ることになりました。
 ここは惑星中が遊園地らしく、悪口が御法度で、汚れたものは人間を含めて処分されるそうです。

 ロビー、ハッチ、イックは絶叫マシンに乗せられますが、ハッチだけは順応しているようです。
 今度はパレードの場所取りが必要らしいのですが……
 ヤン達は入場するために立ち往生しますが、金でなんとかなると言い放ちます。

 今日は奇跡的な天体ショーがあるらしく、周囲にはカップルがやたらといました。
 ヤンは俺とロビーが結ばれる日が来るのかと言っていましたが……
 ハッチはロビーやイックとはぐれ、ロビー達は迷子センターに呼び出されます。

 自分の遊び相手はいつもSPだと言っている子供に、ハッチは自分自身の過去を重ねているようです。
 ハッチは「思い切って外に出ると意外な出会いがある」と語り、外に出て友達を作れよと言ってロビー達と合流します。
 ロビーやイックは急に遊園地に順応していましたが、ヤンがパレードに参加していて逃げることに。

 ヤンは城に逃げ込んだロビーを追いかけていき、そのまま鐘を鳴らして永遠に結ばれようとします。
 ロビー、ハッチはラブリーキングとクイーンに選ばれ、悲願を打ち砕かれたヤンは「許せん!」と憤ります。
 イックが宇宙船を持ってきてロビー達を回収し、ヤンは「どうしてなのよ!?」と涙を流してきました。

 「夢はきっとかなう」と言われたヤンはロビーを諦めないと固く決意します。
 毒舌や悪口を言えるようになったイックは喜び、ハッチは鐘を鳴らしたカップルのことは伏せておきます。
 そしてエンディングではヤンがいつもどおりダンスを踊っているのでした。

【感想等】
 序盤で広告代理店を敵に回したこのアニメなら「もう何も怖くない」のかもしれません。
 フォロワーさん1万人で裏口から入れるというところが妙に現代的だと思います。
 いつからこのアニメは観光アニメからミュージカルアニメになってしまったのでしょうか。

 遊園地のテンションがやたらと高いせいか、見ているだけでちょっと疲れてきました。
 ヤンさんはヤンデレなのかと思いつつも、ハッチさんの過去が今後は重要になってきそうな気がします。
 いきなりオネエ言葉になったヤンさんにちょっと戸惑いつつも、残りのお話も見ていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】RobiHachi 第6話「寝耳にウナギ」

 ロビハチの6話を見て感想を書かせていただきます。
 前々回が釣りのお話で、今回はウナギさんのお話ということでしょうか。
 一瞬、おはよウナギという言葉が頭に浮かんだのは内緒です。

【内容】
 ロビー、ハッチはウナギが名産の「ハママ2」にまでやってきました。
 ウナギは乱獲で取れなくなり、ハッチの世代ではウナギのタレごはんしか食べられなくなったそうです。
 ちょうど「大ウナギ祭り」だと聞いて胸を躍らせた2人ではありましたが……

 現地に降り立ったら牛があちらこちらにいて、筋肉ムキムキの男が牛に乗って疾走していました。
 土用の丑の日を勘違いしたのかと推測しますが、巨大なウナギが牛を飲み込んでいきます。
 巨大なウナギを捕まえたら王宮で解体ショーが行われるそうで、どんな時代になってもしがらみにとらわれるのが人らしいです。

 赤い髪のウナミが出てきて自分をガイドにしてほしいといい、彼女の父親は去年ウナギにのまれてしまったそうです。
 ヤンはロビーを捕まえる前にウナギで精を付けようと考え、ロビー達は巨大なウナギのかばやきを食べました。
 ウナギのつかみ取りで賞金が出ると聞いたイックは賞金を稼いでこいと言いますが……

 ヤンはウナギの骨をかじって目を血走らせますが、神輿を運んでいるロビーやハッチには気づきませんでした。
 次の日はウナギのロデオがあるそうで、イックをマスコット扱いにして並の部屋に留めても、もう予算が底を尽きてしまいました。
 ロビーは男しかいないことに不満を述べていて、ヤンはロビーを求めて次々とウナギを食べていきます。

 ヤンはロビーを出せと言ってステージに飛び出し、ハッチは電気ウナギ風呂に入って喜んでいました。
 ハッチはもうそろそろ寝ようとかと思っていましたが、得体の知れないうめき声を聞いて恐怖します。
 ヤンが筋肉隆々になっていましたが、流血とともに我に返り、元の体型に戻ってそのまま眠ることとなりました。

 ハッチは流血を見て幽霊が出たと言い出し、次の日はロビーがレースに出るそうです。
 ヤンはウナギに乗っているロビーを発見して借金を返せ、利子を払え、つけを払えと迫ってきました。
 ロビーは「尻」「けつ」と叫びながらお尻をつかんでくるヤンから逃げて優勝を勝ち取ります。

 2位の賞金を得たロビーはウナミにチップを渡し、ウナミの父は普通に生きていたそうです。
 そもそもウナミを含めてハママ星人は全員男というオチでしたが……
 ロビー達は改めてヤンから逃げていき、ヤンはエンディングでノリノリで踊り出すのでした。

【感想等】
 観光なのかロボットアニメなのか、いまいちよくわからないまま折り返し地点にまでやってきました。
 浜松といえばウナギということらしいですが、ウナギに食べられそうになる展開まではさすがに読めませんでした。
 伝統というしがらみにとらわれているという言葉はもしかしたら日本人に向けたものなのでしょうか。

 ヤンさんがウナギを食べてノリノリなのが面白いですが、食事だけであそこまで変わるものなのでしょうか。
 追いかけっこで賞金を獲得するのはなんとなく予想は出来ていましたが……
 ウナミさんが男性だったことにショックを受けつつも、次回からも彼らの活躍を見届けていきたいです。
 
 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】RobiHachi 第5話「地獄の沙汰もドン次第」

 ロビハチの5話を見て感想を書かせていただきます。
 サブタイトル的にヤンさんが中心のお話なのは確定だと思います。
 太陽系を脱出して着実にイセカンダルに近づいているのだろうと思いますが……

【内容】
 ヤンはたすきをつないで駅伝を完走したようですが、そこにはロビーはいませんでした。
 どこもかしこもイセカンダルの宣伝が流れる中、ロビーが幻の魚を捕まえたというニュースが流れます。
 ヤンは今度はお前が俺を釣り上げると言っていましたが……

 オープニングの後、ロビーやハッチは関所にさしかかったもののその料金に憤ります。
 通行手形を見せてくれと言われてもロビーもハッチも準備していませんでした。
 ロビー、ハッチはハッコーネの温泉に入ることになり、通行手形は本国でないと発行出来ないそうです。

 温泉では怪しい男が手形を手に入れたと話をしていて、ハッチは裏ボスと接触することを考えます。
 裏ボスはハッコーネのドンファンという異名を持ち、彼の発行した手形は本物の手形よりも効果があるそうです。
 先客は「魂を抜かれるかと思った」と恐れをなして逃げていきました。

 ハッチは正面からボスに会いたいと言い出し、ロビーは血相を変えてハッチを連れ戻します。
 「桃色温泉コーヒー」というものを振る舞われて旅女子ぶりを見せてくるハッチさん。
 ロビーはイックにいっそ地球に戻って手形を取ってこいといい、そのまま目の前の旅女子に声をかけます。

 ハッチはコーヒーを振る舞ったマスターは裏ボスと繋がっていると確信します。
 マスターの娘は裏ボスの犠牲者であるそうですが、イックはハッチが只者ではないと確信します。
 女性陣はハッチを連れていってしまい、ロビーは呆然と立ち尽くすしかありませんでした。

 ロビーは大人の魅力がわからないと憤りますが、イックは「大人の魅力は金」と言い出します。
 切符売り場で働くマスターの娘(カパ子)がロビーに声をかけてきて、恩人が地球が大好きだと言ってきましたが……
 ロビーは温泉が混浴ではなかったことに不満を抱きますが、温泉も恩人が作ったところらしいです。

 恩人はハッコーネに温泉を持ち込んだ人物らしく、ロビーは混浴にしなかったことを恨んでいました。
 ハッチはさらに女性に連れ回され、イックはロビーもハッチも女子といちゃついてばかりだと憤ります。
 話を聞いたハッチはマスターの娘に話しかけようとして温泉を覗いて逃げ出す羽目になりました。

 ハッチはカパ子の「彼」のことを教えてほしいと言い、通行手形を発行してほしいと訴えます。
 彼は宇宙一愛のある人であり、そのパワーが強すぎるらしいです。
 「直視しなければいい」というアドバイスを参考に裏ボスに話しかけて手形をほしいと願い出ると……

 目の前に現れた裏ボスはピンクのウォンバットであり、ロビーもハッチもそのとりこになりかかります。
 通行手形を発行してもらい、受付の男性はおまけなのかもふもふストラップをくれました。
 イセカンダル詣でだけは手形なしで通行できるといわれてショックを受けつつ、一路イセカンダルを目指すロビーなのでした。

【感想等】
 半分冗談で高速料金を考えていましたが、それが現実のものになったことに少し驚きます。
 手形を入手すると言われて「がんばれゴエモン」というゲームを連想したのは私だけかもしれません。
 ドンファンさんと言われてポケモンさんだと思いたかったのですが……

 ロビーさんのダメダメな性格を見ていると働いて借金を返せと突っ込んでしまう私がいます。
 美男高校地球防衛部のウォンバットさんが出てくるのは色々な意味で想定外でした。
 そのうち地球防衛部の1期を見直すかはさておき、次回からもちゃんと視聴していこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】RobiHachi 第4話「竿の先に半魚人」

 ロビハチの4話を見て感想を書かせていただきます。
 太陽系を出た以上は私達にとっては未知の領域となりました。
 半魚人と聞いてワンピースのアーロンパークが頭に浮かんだのは内緒です。

【内容】
 ロビーはヤンの元にやってきて追加で融資してほしいと言い出します。
 ヤンは借金を返せない時は覚悟しろと念を押し、ロビーは今度の投資は大丈夫だと断言します。
 気前よくお金を貸してくれたヤンに対してロビーはいちごミルクのキャンディを差し出します。

 時系列は現代に戻り、いちごミルクを手にして顔を赤らめるヤンさん。
 太陽系を脱出したロビーはハッコーネを目指しますが、ハッチは他の星も寄ろうと提案します。
 オダワーラは水の惑星らしく、巨大なかまぼこ(を模した街)の中に半魚人が生活していました。

 ハイテンションで釣りをやろうというハッチですが、ロビーはすぐに飽きてしまいました。
 変な魚はオダワーラ名物らしく調理してもらうとカラフルな丼になりました。
 お金がなかったからと働くことを提案し、店主も働き方改革で人手不足だと快諾します。

 ロビーは大量のかき氷を食べていたせいで病院に運ばれてしまいました。
 ハッチはイック(ロボット)とともにバイトをし、ロビーは病院で美女ナースと再会します。

 回想でヤンは捨てられていたアロに「男なら身だしなみを気をつけることだ」と櫛を差し出します。
 さらにアロはグラに同じようなことを言いますが、グラは音楽を聴いていてよく聞こえていませんでした。
 時系列が現代に戻ればロビーは美女ナースに鼻の下を伸ばしていました。

 幻の魚「オダワーラの使い」を奉納すると懸賞金が手に入るとのこと。
 バイト先の半漁人は幻の魚を捕まえて結婚式を挙げると変なフラグを立ててきました。
 次の日、ハンティングセットを手にしたロビーは意気揚々とハッチを誘います。

 幻の魚が釣れないことに憤ったロビーはヒザクリガーを合体させて海に飛び込みます。
 宇宙で大丈夫なものは水中で大丈夫なのかと考えていたら、思い切り浸水してしまいました。
 ロビー、ハッチは脱出するために上へと移動していきますが……

 ヒザクリガーは水に沈み、ロビー、ハッチはバイト仲間に助けられます。
 「命がなければ意味がない」といいお話になり、最後は幻の魚がヒザクリガーから出てきます。
 最後は魚を捕まえ、懸賞金をゲットしたもののご祝儀とクレーン代に消えたというオチでした。

【感想等】
 ロビーさんも色々残念な人ですが、ヤンさんも色々と残念な人なのかもしれません。
 火星、冥王星の後はオダワーラと急に元ネタ(東海道五十三次)に忠実になったと言えばいいのでしょうか。
 いきなり「働き方改革」などという言葉が出てきたのはさすがに驚きましたが……

 先日の鬼太郎さんも飲食店で働くオチでしたが、飲食店で働くのがはやっているのでしょうか。
 ロンさんと部下との出会いを見ると、彼らも悪い人ではないのだろうと思います。
 一番たちが悪いのはロビーさんに変なことを吹き込んでくる美女ナースさんなのかもしれません。

 ブラックバイトで過労する展開を想定していましたが、釣り、ロボットアニメと二転三転するのが面白いです。
 死亡フラグをはねのけて結婚まで行き着いたのはよかったと思います。
 次回はどんなお話になるのかわかりませんが、そろそろヤンさんが追いついてきてもいいのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】RobiHachi 第3話「冥王星の惑星(ほし)恨み」

 ロビハチの3話を見て感想を書かせていただきます。
 色々ありながらも順当に地球から離れているようですが……
 ヤンさんはわざわざ追いかけていて赤字にならないのかと疑問です。

【内容】
 「銀河道中ヒザクリガー」は50年前の打ち切りアニメなのだとか。
 なんでも宇宙人とリアルで遭遇したことから内容が変えられてしまったようです。
 どうしてそれと同じロボットが宇宙船の中にあるのかと疑問を感じますが……

 ロビー、ハチの宇宙船がワープしていたらいきなり別の宇宙船にからまれてワープアウトを強いられます。
 目の前に広がるのは冥王星であり、そのまま着陸しろと言われてしまいます。
 「冥王星へようこそ」とマスコットキャラが出てきますが、元々は原子力のPRキャラなのだとか。

 冥王星は準惑星にされたことを根に持っているらしく、着ぐるみに入っている人は観光協会の人間でした。
 月はたかが衛星の分際で「月曜日」の座に居座っていると言い張りますが……
 「月曜日を冥王曜日に!」とスローガンを掲げていましたが、地球ではそのことは知られていませんでした。

 冥王星では大手広告代理店の言われるがままにマスコットを採用したりかき氷を特産品にしたりしたそうです。
 ハチによると氷は窒素が入っていてあまりおいしくないようですが……
 観光協会の人はロビー達の火星での成功を知っていて、自分達の目的のために利用しようとします。

 娘さんのおっぱいにつられたロビ-は「大手広告代理店の鼻を明かしてやる」と意気込みます。
 ロビーは観光の肝は女性客だと言い、パンダやレッサーパンダはいないのかと言い出しますが……
 冥王星にはペンギンがいるそうですが、どう見ても地球のペンギンとは別物でした。

 宇宙から見た冥王星にはハート模様が浮かび、これを恋と愛の神社を作れと言い出すロビーさん。
 ロビーが冥王星のCMを作っているころ、ロンは火星に降り立ったところ、すでにタコがなくなってしまいました。
 ロンはロビーがイセカンダルを目指していると聞き、一路出発しますが……

 大手広告代理店「ドンツー」がやってきて、原寸大プルートーくんというものを持ってきました。
 ロビー、ハチはプルートーくんは時代遅れだと言い放ちますが……
 代理店が原寸大プルートーくんで出撃すれば、ロビー達もまたヒザクリガーで出撃します。

 相手がプルトニウムバスターを撃つと言ってくればロビーも自分の考えた必殺技を撃つと言い返します。
 敵が弱いと気づいたロビー達はジャベリンで相手を一蹴し、そのまま冥王星を去っていきます。
 地球圏外に出たと聞いた何者かは「ルナガードを呼べ」と意味深なことを言っていましたが……

【感想等】
 冒頭からいきなり白黒の映像が出てきたことに驚いたのは私だけではないと思います。
 宇宙人とコンタクトするような時代に白黒テレビなのはどうしてかと突っ込みを入れてしまいます。
 そういえばあの「機動戦士ガンダム」も元々は打ち切りだったそうですが……

 冥王星が準惑星になったという事実が曜日のことにまで広がる発想は想定できませんでした。
 大手広告代理店という表現が言いにくいですが、何らかの圧力があるのでしょうか。
 圧力の有無はともかく、大手広告代理店を悪者にした番組を作れたことは称賛に値します。

 初回はロボットアニメだと思っていたのが、結局は観光振興アニメということでいいのでしょうか。
 そういえば初代ガンダムのテレビアニメ版ではジャベリンも武器として使っていたような気が……
 ロビーさんをロビさんと書いていたのをこっそり修正しつつ、次回もしっかり見届けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム