【アニメ感想】八月のシンデレラナイン 第7話「笑顔の迷子」

 ハチナイの7話を見て感想を書かせていただきます。
 色々ありながらも強くなるために練習する流れが出来たのはよかったと思います。
 エガオノダイカとは絶対に関係ないと思いますが……

【内容】
 練習器具が壊れてネットも穴が空き、アルバイトをして必要なお金をまかなうことに。
 龍はバイトだけではきりがないと言い、和香は部に昇格すれば部費が増えるのではないかと考えます。
 生徒会に申請してみると審査が必要だと言われ伽奈という人物がやってきました。

 ヒーローショーのアルバイトをしていた夕姫は小学校時代の先輩である倉敷舞子と再会します。
 夕姫は舞子を野球に勧誘しようとし、翼は生徒会の審査と聞いて緊張してしまいます。
 あおいと伽奈は同じくラスの仲良しで、伽奈は学年トップで1年生から生徒会の優等生で運動神経も抜群でした。

 夕姫は舞子がドッジボールが強かったといい、いっそピッチャーを任せてはどうかという流れになりました。
 翼は大型新人が入ったと言って喜んでいましたが、舞子は面倒事はごめんだと言って立ち去ろうとします。
 舞子は補導歴があるらしく、伽奈は「彼女が愛想が悪いからコミュニケーションに苦労しそう」と言って突っ込まれます。

 良美の勧誘もあって舞子が加入する流れが強まりますが、伽奈とは衝突してしまいます。
 伽奈は自分らしく笑顔を作ろうとし、顧問の先生には野球を楽しんでねと言われます。
 舞子が帰宅すると母親が「父親が帰ってこない」といい、母親自身も心が壊れているようです。

 綾香は舞子が警察に補導されたと言ってきて、舞子は母親もろとも学校に呼び出されていました。
 母親は娘がこうなったのは自分のせいだと言い、環境を変えるために引っ越すとまで言い出します。
 舞子は「勝手なことを言わないで!」「居場所を奪わないで」とキレてしまい、そのまま飛び出していってしまいました。

 先生は舞子が野球をやっていて楽しそうだと親を説得し、伽奈もまたどこかに走っていきました。
 伽奈は「誤解されたままでいいのか」「同好会にいるべき」と言い、自分が感情を出すのが苦手だったと告白します。
 「私は君に笑顔でいてほしい」と言ってきてその後は事情を説明していい流れになりつつありました。

 伽奈は野球同好会なら伽奈が自分らしくいられると言って頭を下げ、舞子は改めて入部することになりました。
 さらに伽奈もまた同好会の活動を続けたいと言い出してきました。
 そして来週がお休みというお知らせに続いて、次回は「夏に向かって」というタイトルに続きます。

【感想等】
 何事も先立つものがないと厳しいのはリアルでもアニメでも同じようです。
 多少話題はずれますが龍さんとスロウスタートの花名さんの中の人が同じだと聞いてちょっと驚く私がいます。
 部員が足りないなら今すぐ私も入部したい……というのは無謀でしょうか。

 このままギリギリの人数のままでいくと思いきや、生徒会を含めて入部者が増えるのはうれしい誤算でした。
 夕姫さんの人当たりのよさそうな感じが好きですし、あとは指摘されているように作画がなんとかなれば覇権もあったかも。
 可愛い絵とは打って変わって突然のホラー展開はオカルト公務員よりも怖かったです。

 コミュ障だと思われた伽奈さんが舞子さんに語りかけるシーンは普通によかったと思います。
 オープニングのひまわりもろともエガオノダイカを連想しますが、実際はひまわりよりも百合の花なのかもしれません。
 次回のお休みは万策が尽きたのかはわかりませんが、最後まで何とか放送してほしいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】八月のシンデレラナイン 第6話「これからの私たち」

 ハチナイの6話を見て感想を書かせていただきます。
 ほとんど初心者ばかりだったので試合に負けてしまったのは仕方ないと思います。
 ここからどうやって上達するのかが重要ですが……

【内容】
 少し前の冬休み、智恵は翼に勉強を教えていました。
 現在も智恵は今度の試験で赤点を取って練習に出られなくなったら困るとひと言。
 龍はいつも勉強を見ている智恵が翼を甘やかしすぎてるのではと苦言を呈します。

 オープニングの後、次こそは試合に勝つためにと練習をレベルアップすることに。
 より実戦に備えた練習をすることになり、茜もフライをキャッチできるようになっていました。
 一方で、智恵は自分が成長していないことに焦りを感じているようですが……

 龍は試合に勝つためにもっと厳しい練習が必要だといい、他の部員も勝つためにがんばる所存でした。
 翼は智恵の様子がおかしいのではないかと察し、いつでもフォローすると言いますが……
 智恵が少し前にグラウンドにやってきたころには、翼をはじめとして何人かはすでに練習をしていました。

 一週間のテスト休みを前に何かを食べに行くことになりましたが、焦ってきた智恵は自主練をやろうと考えます。
 翼はうまくなるペースは人それぞれ違うからと言いますが……
 智恵はこの前の試合で他のみんなほど悔しいと思えたのかと自問して更に焦りを強めていきます。

 お寺の駐車場で一人で練習をしていると、そこに前回戦った小也香がやってきます。
 なんでも住職が野球に理解のある人物で使わせて貰っているそうですが……
 小也香はしっかりした指導者に教わることをお勧めしたいと言い、智恵は教えてほしいと顔を近づけてきます。

 翼は智恵に避けられているのではないかと考え、良美は智恵が小也香と練習していることを報告します。
 小也香は全国にはもっと強いチームがいると考え、この前まで監督の不祥事もあって廃部寸前だったと言い出します。
 翼は敵と一緒にいる智恵にキレてしまい、智恵も甘やかさないでよと言って反論してきました。

 智恵は翼の親友をやめると言って彼女を避けるようになり、龍は指導者として小也香は申し分はないとひと言。
 翼はいらだちをぶつけるかのようにバッティングセンターでバットを振りますが、精神的なショックは大きいようです。
 隣では小也香が快音を響かせていて、翼は見苦しいところを見せたことを謝罪します。

 小也香は智恵は練習もテスト勉強もがんばっていると言い、野球に親友は必要ではないと言い出します。
 必要なのは勝利という目的に邁進する「戦友」であるとのことで、和香達は翼が赤点確定ではないかと危惧します。
 良美は必要なのは「拳」だと言い、翼、智恵を手紙で呼び出して対面させます。

 智恵は野球をすることで友達の形が変わってきたと言い、自分が背負い切れていないのだと気づいたそうです。
 翼は智恵の変化に気づかなかったことを謝罪し、智恵は翼の足を引っ張りたくないから親友ではいられないと改めて告げます。
 さらに、智恵は翼のテストのためにノートまで作っていて、それを渡して去っていきますが……

 翼はノートの記述を見て、今のままでは嫌だと言ってきました。
 触発された智恵は翼に抱きつき、他の部員は草むらからうれしそうにそれを覗いていました。
 親友でも戦友でもない2人ではありますが、心のどこかで通じ合う2人なのでした。

【感想等】
 翼さんが穂乃果さんに見えてきたことから、大正野球娘だけでなくラブライブとの類似性も見ていけるのかもしれません。
 オープニングのひまわりで「エガオノダイカ」を連想する人もいるかもしれませんが……
 着実にレベルアップしているのは見て取れますが、試合に勝つにはまだまだ先は長そうな感じがします。

 補習にならないようにテスト勉強をがんばるお話かと思っていたら、実態は智恵さんが焦りを覚えるお話でした。
 人知れず練習するのはよくあるものの、ライバルに教えてくれる小也香さんは実はいい人のようです。
 あれだけ強かった彼女達ですら廃部寸前と言われ、全国のレベルになるまでにどれだけ練習すればいいのかと不安になります。

 翼さんと智恵さんがギクシャクしているのを見て、少し昔のことを考えて心がもやもやしてしまいました。
 拳で語り合うかどうかはさておき、絶剣さんの言葉のように本気でぶつからなければ伝わらないことは事実でした。
 次回タイトルは「笑顔の迷子」ですが、もちろん「エガオノダイカ」とは関係はない……と思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】八月のシンデレラナイン 第5話「はじめての試合!」

 ハチナイの5話を見て感想を書かせていただきます。
 早い段階で必要なメンバーがそろい、早速練習試合をすることにしたようです。
 女子チームが全国に30くらいらしいのでなかなか近場に相手もいなさそうな気もしますが……

【内容】
 翼や智恵が落ち込んでいたかと思えば時間が3週間前に戻ります。
 グラウンド整備が終わったところで翼は試合をしてみないかと提案します。

 オープニングの後は試合相手を探しますが、龍ははっきりと「勝つのは無理」だと言い切ります。
 先生が県内の高校に掛け合って相手を探すと言い出しますが……
 ポジションが伝えられ、翼はショート、和香がキャッチャーで龍がピッチャーをすることに。

 試合に向けた練習をすることになりますが、あおいは「試合ってジャージでやるのだ?」と質問してきました。
 ユニフォーム1式に1万円がかかるようですが、部費はボールを買って使ってしまったようです。
 デザインはどうするのかと言われた一同はスカートで野球をすることになり、練習相手も幸いにも見つかったようです。

 隣町の清城高校女子野球部と試合をすることになりますが、男子は甲子園出場経験もある名門なのだとか。
 ユニフォームも届いて試合をすることになり、龍のピッチングは初回を無失点に抑えます。
 綾香が塁に出てあおいがバントで走者を進め、翼がヒットを放ち、龍は変化球を打たされつつも初の得点を得ます。

 龍は相手のライトがファーストミットになっていることが気になってきました。
 理想的な先取点を奪ったものの、その後は相手投手(小也香)のスライダーに完全に抑えられます。
 守備と投球の乱れから満塁にされ、たちまちに逆転を許してしまいました。

 相手は内野と外野を入れ替えてきて本来のポジションに変えてきました。
 はじめから相手は1巡目を捨てて球筋を見極め、不慣れなポジションを練習していたとのこと。
 気がつけば12対1のコールド負けを喫し、智恵と翼しか部活に来なくなります。

 龍は茜を励ます一方で、翼は智恵と2人きりで練習をすることに。
 和香や綾香、夕姫がやってきて試合の総括をすると言って叫び出し、続いて茜や龍、良美やあおいもやってきます。
 翼は考えなしに盛り上げたことを反省しますが、良美に「仲間を信じろ」と言われて調子を取り戻すのでした。

【感想等】
 4話で9人がそろい、5話ではうまい具合に近場に女子チームがあったことはちょっとできすぎかも。
 ほとんどが素人集団という事実もあって、冒頭シーンで負けたことがわかってしまった人は少なくないと思います。
 メジャーの吾郎さんみたいにジャイロボールでも投げられたらなんとかなったのかもしれませんが……

 綾香さんがラブライブの凜さんのリスペクトだとして、あおいさんの話し方はアライさんのリスペクトなのでしょうか。
 先生がよく働いてくれることもあり、ユニフォームの価格もバイトをするほどではなく、ここまで順当に進んでいるような気がします。
 制服で野球をした(大正野球娘の)前例を考えればスカートのユニフォームもありだと思います。

 試合は初回得点など初心者とは思えないほどの戦いを見せますが、それでも経験の差はあまりにも大きすぎました。
 今後1、2回かけて部員を連れ戻すかと思っていたら、意外とあっさり戻ってきてよかったと思います。
 次回は「これからの私達」という今後を踏まえたお話になりそうですが、まずは一勝出来るようになることを願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】八月のシンデレラナイン 第4話「分かれ道に立っても」

 ハチナイの4話を見て感想を書かせていただきます。
 いよいよ翼さんがクラブに進まなかった理由が明かされることになりました。
 彼女は一体どんな思いでその結論に至ったのか、わたし、気になります!

【内容】
 昨年の夏のリトルシニア全国大会で、翼と龍はそれぞれ別のチームとして戦っていました。
 翼は失点しても「楽しいね」と何処までも前向きに、最後の最後まで思い切り楽しもうと周囲を鼓舞します。
 そのせいか一気に逆転に成功し、龍のチームは逆にちぐはぐになってしまいました。

 龍は「遊びでやってるんじゃないのよ」とキレてしまい、この大会で優勝して先に行くんだと宣言します。
 翼はとどめと言わんばかりにホームランを放ってきました。
 そして時系列は現代に戻り、龍はかつての試合と今の翼に一体何を思うのでしょうか。

 大会で優勝したとき、私の野球は終わったと言い出す翼さん。
 半年ほど野球をしていなくてそのまま野球をやめていたかもしれないと言ってきて周囲は困惑します。
 「男子には違う目標がある」からとチームを辞めてしまったそうですが……

 翼は智恵と同じ学校に進むといい、努力の成果もあったのか受験に合格します。
 野球をしているのを見て興奮したものの、どこかで自分を抑えている翼さん。
 智恵は自分は野球が嫌いだったと言いますが、今は野球が好きになったのだと言ってきます。

 翼は大好きな野球を楽しめるチームを作ろうと決意し、あと2人で試合が出来るようになっていました。
 綾香は入部することを決定し、さらには和香はキャッチャーをすると言い出します。
 翼、和香はあと一人で試合が出来ると言って喜びますが、龍は「私の返事は変わらないわよ」とひと言。

 龍はクラブチームのトライアウトを受けに来ていて、翼たちは大声で応援してきました。
 和香によるとクラブチームは硬式の試合に出られるそうで、ここからプロになった人もいるそうです。
 龍は周りのふがいないプレイにいらだち、遊びじゃないのよとキレてしまいます。

 チャンスで打席が回ってきたものの、併殺打に取られてしまった龍さん。
 「私は何も出来ないまま終わってしまうのか」という龍ですが、翼は諦めてほしくなかったと応援をやめませんでした。
 龍は「終わりは私が決める」と調子を取り戻し、得点を決めることも出来ました。

 練習場所に姿を現した龍は翼たちにダメ出ししつつ、トライアウトは不合格だったと告げます。
 「勘違いしないで、後悔はしてないわ」ともっと強くなれることを確信していました。
 龍はそのまま同好会に入ることになり、9人そろった野球同好会が本格的に始動するのでした。

【感想等】
 メジャーの吾郎さんやダイヤのAの栄純さんのように仲間に闘志を与えるのは主人公の資質だと思います。
 ピッチャーでもキャッチャーでもない主人公というのは昨今ではやや珍しいかも。
 今さらなのですが、翼さんの髪の毛の色がどこかラブライブの穂乃花穂乃果さんと同じことに気づきます。

 可愛いキャラクターデザインで見はじめた本作ですが、龍さんだけはかなり重たいものを感じてしまいます。
 翼さんの応援があってちょっと気持ちが軽くなってきたのは私だけではないはず。
 ベタな展開ながらもみんなで応援するシーンに朝から涙が流れてきたのはここだけの話です。

 龍さんの「終わり(≒限界)は私が決める」という言葉が個人的にすごく好きだったりします。
 彼女が入るのは想定内だとしても、生徒会が入らなかったことが意外で、4話で9人そろうのもうれしい誤算でした。
 順当に次回は試合をするそうですが、負けて現実を思い知らされることになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】八月のシンデレラナイン 第3話「気持ちよく汗をかこう」

 ハチナイの3話を見て感想を書かせていただきます。
 同好会が発足し、さらにはとんとん拍子で仲間が増えていくようです。
 生徒会長が最後に加わると思うのは私だけではない……はず。

【内容】
 リトルシニアの全国大会で翼は龍と戦ったことがあったようです。
 翼は部室も手に入ったと言って喜んでいましたが……
 オープニングの後、図書室で騒いでいるのは(自称)新聞部の綾香でした。

 翼達は部室に集合し、部費ももらえると聞いてボールを大量に買えると喜びます。
 とりあえず練習をすることになり、和香は練習メニューを考えてきたようです。
 ランニング、ダッシュといった練習をしていたら応援団と思しき女子(良美)がいきなり応援してきました。

 良美は試合の応援もすると言いますが、現在の5人では試合をすることも出来ませんでした。
 翼は勧誘の応援もしてほしいと言い、良美はノリノリで引き受けてくれるようですが……
 良美は自分が選んでくると走っていき、あおいという子を連れてきて、彼女は学校一の勝負師なのだとか。

 あおい、良美はいきなりじゃんけんをしてきて、翼もなりゆきで勝負すると言い出します。
 面白そうだからとあおいが入部し、頼まれては嫌とは言えない良美も入部することになりました。
 とりあえずラーメンを食べていたら和香が綾香がつけてきていたことに気づきます。

 綾香は「女子の硬式野球はロマンの宝庫」だと言い、昔は高校にはチームがなかったのだとか。
 それが日米の試合があってから全国にチームが次々と出来、現在はプロになった人もいるのだとか。
 近くにバッティングセンターがあると聞いた翼達は現地に向かいますが……

 多くの野球少年がバットを振っていて、それを見ていた一同も練習をすることに。
 あおいはコツをつかんだのかいきなり快音を飛ばしますが、茜は「全然あたらない……」としょげていました。
 翼がヒントを与えたことで打つことが出来、なりゆきで綾香もボールを打つことになりました。

 快音を飛ばす綾香は「気持ちいい」といい、他の皆さんもいい練習が出来ているようです。
 やってきた龍を見た途端に翼は「私も打ってくる」と並んで打席に立ちます。
 龍は「野球はもうただの遊びなんでしょ?」「野球ごっこをはじめるなんて……」と言って去っていきましたが……

 綾香は去年のリトルシニアの準決勝で龍と翼が戦っていたことを知ります。
 龍は名門のクラブチームに入ると言い、素人と野球ごっこをする翼は信じられないと言い出します。
 「私はプロになる」と言い張る龍に対し、翼は全国優勝チームの一員だったのだとか。

 どうして翼はクラブチームに入らないのかと疑問を抱く同好会の皆さん。
 翼は中学の経験を通じて「まだやりたい」という決意を得たようですが……

【感想等】
 かの「大正野球娘」でも新聞部の子がいましたし、こちらの作品でもそれは変わらないようです。
 語尾の「にゃ」というのはむしろラブライブの凜さんかデレマスのなのかもしれません。
 どうしてじゃんけん対決になるのかわかりませんが、仲間が増えるのはよかったと思います。

 バッティングセンターで練習していて、ライバルと出くわすのは割とよくある展開なのでしょうか。
 おそらく5話くらいまでには綾香さんと龍さんが加わって9人になるのだろうと思います。
 次回は龍さんと勝負して遊びじゃないと思い知らせ、本気か確かめるみたいな感じで入部すると思いますが……
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム