【アニメ感想】私に天使が舞い降りた! 第12話(終)「天使のまなざし」

 わたてんの12話(最終回)を見て感想を書かせていただきます。
 文化祭当日、どう見ても変質者のみやこさんには笑わせていただきました。
 肝心の花さん達の劇がうまくいくのかどうか、わたし、気になります!

【内容】
 文化祭当日、花たちの劇は冒頭からいきなりミュージカルが始まります。
 花もまた見事な歌を披露し、みやこもただ呆然と見ることしか出来ませんでした。
 小依、夏音はスイ、レンを名乗り、花は「アネモネ」という役のようです。

 3人はいきなり空を飛び、彼女達は天使の国にやってきたそうです。
 乃愛やひなたは歌を歌いながら姉妹の役をやっているようです。
 花は天使の矢を放ち、この胸が締め付けられるのなどと言っていました。

 ひなたと花は寿命の違いから結ばれることはなく、乃愛は人間になるしか結ばれる方法はないと言い出します。
 花は何のためらいもなく人間となりますが、地上ではすでに多くの時間が経過していました。
 かつて恋した相手はすでに亡くなっていて、その孫(みやー姉のかつらをかぶった乃愛)がお迎えしてくれました。

 カップケーキを見た花は涙を流し、さらには香子がゲスト出演している事実が驚きでした。
 花は乃愛、ひなたと天に昇っていき、お話はフィナーレを迎えます。
 最後は全ての登場人物が出てきて、ようやく現実の世界にはお箸が戻るのでした。

 みやこは涙を流して感激しますが、ひなたは先生がみやこを連れてこいと言っていたそうです。
 怒られるのかと思っていましたが、先生は普通に感謝してくれ、もやはアイドルのような扱いを受けます。
 映画に出るとか帰国子女とかだんだんすごい噂が流れていたそうですが……

 香子はいつしかマネージャーになっていて、みやこは握手会を開くことになりました。
 乃愛達はみやこをどうやって救出するのかと考えますが、みやこはトイレに行くという名目で逃げてしまいます。
 児童たちはみやこが地味なのはオーラを隠しているのではないかと推測します。

 小依は自分がアイドルよりも人気がある大統領になりたいなどと言い出します。
 花はみやこの所にやってきて、お姉さんの一生懸命の所は嫌いじゃないですと手を取ってきます。
 みやこは花と出会った時のことを思い出しますが……

 花はみやこを他の児童のところに連れていき、みやこは彼女なりにがんばったようです。
 文化祭は無事に終わり、母親は打ち上げをしようなどと言っていました。
 最後はみやこの家に集まり、お風呂に入っていたら花たちが乱入してくるのでした。

【感想等】
 きらら系不在の今季、わたてんがえんどろーに並ぶ最大の癒やしであったことは疑いないです。
 登場人物が女性しか出ていないのはそういう世界なのだろうと思いますが……
 演出を除いてもどう見ても小学生レベルではないと突っ込んだ人は少なくないと思います。

 毎回癒やしを提供してくれた本作ですが、最終回はこれ以上ない仕上がりを見せてきました。
 かつての「きんモザ」1期最終回の(妄想の)劇が重なり、さらにはマール王国のような雰囲気がありました。
 お話の中身としては天使を主軸に持ってきながら人魚姫を交えた作品という感じでしょうか。

 みやー姉のカツラがこんなところで生きたことが驚きであり、さらには香子さんが普通に出ていたのが驚きでした。
 先生に感謝されているみやこさんですが、前回は不審者扱いされていたような……
 これだけの素晴らしい作品を送り出してくれた皆さんに感謝しつつ、春からまた新たな癒やしを求めていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】私に天使が舞い降りた! 第11話「つまりお姉さんのせいです」

 わたてんの11話を見て感想を書かせていただきます。
 今回は文化祭のお話らしいですが、小学校の文化祭の話題は珍しいかもしれません。
 なぜかビデオカメラを回している知世(CCさくら)さんの姿が頭に浮かびますが……

【内容】
 花が文化祭の劇の主役に選ばれたと聞いたみやこはまるで親のように歓喜します。
 話を聞くとひなたが推薦して、くじ引きをひいて現在に至るようです。
 ひなたが推薦した理由は主役が「天使」だからで、みやこは花に責任を取ってくれと言われます。

 「みやー姉に任せろ!」と文化祭の衣装を作る流れを作っていたひなたさん。
 みやこは自分達で作るべきではないかといい、ちょっと大人な一面を見せてきました。
 土曜日には小依や夏音がやってきますが、ひなたは香子も呼んできたようです。

 香子は「初めての共同作業」だと目を輝かせ、連絡先を交換したいと迫ってきます。
 使わない服を使って衣装を作ることになり、夏音や小依が安定した実力を見せてきました。
 一方で、花はあまりにも下手くそだったので戦力外通告を受けてしまいます。

 小依はおいしいお菓子を食べてみやこのように立派なお姉さんになりたいと言い出します。
 夏音と香子も意気投合してだんだん怪しい方向に進んでいますが……
 劇の内容は天使が地上に降りてくるというもので、みやこは小学校時代を思い出しますが。

 みやこはお姫様役に選ばれたものの、当日に学校を休んでクビになったそうです。
 花は「あとは人が多いか少ないかだけです」「つまりお姉さんのせいです」と言い放ちます。
 母親もお化け屋敷をするらしく、ちゃんと出来るか心配になっているそうですが……

 夏音の母親は娘への愛を大々的に話し出し、花の母親は娘が怖がる姿を見たいとひと言。
 みやこは昔の自分ならば絶対に行かなかったと考えつつ、大学の学祭はいかないと断言します。
 ひなた、乃愛、花はお風呂に入っていて、ひなたは「そのときはそのときだ」と大物ぶりを見せつけます。

 劇の練習や文化祭の準備が進み、ついに文化祭当日になっていました。
 みやこは早々に不審者扱いされて涙を流し、ひなたはスタンプカードを集めるのだと意気込みます。
 全部たまるとお菓子がもらえるそうで、花は大量にカードを集めていました。

 小依、夏音は的あてをするといい、小依は不器用な一面を見せてきました。
 2人は実行委員だからと移動し、花は「あと8個ですよ」とみやこを引っ張っていきました。
 スライム作りや釣りなどをやって着実にスタンプを集めていきますが……

 お化け屋敷の客引きでみやこの母親が出てきて、花は「余裕ですよ」と言いつつも震えてきました。
 乃愛の母親は軽く抱きつく方が可愛いと娘にアドバイスしてきました。
 花は「お母さんもお姉さんも嫌いです」といい、お母さんは「2人は仲良し」なんだと喜んでいました。

 もうすぐ劇だからとひなた、花、乃愛は呼び出しを受けますが……

【感想等】
 冒頭から目を輝かせるみやこさんの姿になんだか微笑ましい気持ちになってきました。
 改めてオープニングを見ていて、もうそろそろ終わりかと思うと涙が出てきます。
 リアルもアニメも出会いと別れを繰り返すのが世の必定なのかもしれませんが……

 出番少なめの小依さんと夏音さんが出てきたこともあり早起きして見た甲斐がありました。
 みやこさんがちょっと大人な一方で、花さんや夏音さんのお母さんもなかなか面白い人だと思います。
 父親が全く出てこないのは仕事だと考えつつ、男子生徒が出てこないのは女子校設定でしょうか?

 主人公のみやこさんが捕まってしまうのはいつもどおり……と言っていいのでしょうか。
 スライム作りはちょっとやってみたいと思いますが、さすがにリムルさんを作るのは無理だと思います。
 お化け屋敷に恐怖する花さんに愛おしさを覚えつつ、次回も皆さんの姿を瞳に焼き付けたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】私に天使が舞い降りた! 第10話「また余計なこと言っちゃった」

 わたてんの10話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトを見る限り、乃愛さんと花さんのお話っぽいですが……
 小学生も色々人間関係には苦労しているようです。

【内容】
 花は乃愛の髪をセットしてあげますが、思いっきり失敗してしまいました。
 ひなたがみやこの方が上手だというのでとりあえずみやこにやってもらうことにしましたが……
 みやこはたちまちに髪型をハーフアップに変えてくれました。

 ひなたはみやこの好きな髪型にしてほしいといい、みやこは「坊主頭」といいつつもポニーテールにしてきました。
 みやこは女の子だからもっと髪を大切にするようにと言い、妹の愛が少し怖くなってきたとのこと。
 続いて花の髪の毛をセットすることになり、みやこは彼女のさらさらした髪に見とれてしまいました。

 花はみやこにあげたヘアピンを使っているかといい、彼女の髪をいじろうと考えます。
 目を出した方が可愛いと言われても、人と目を合わせるのがちょっと恥ずかしいとのことです。
 花は相当に不器用であり、みやこは鬼のような髪型になってしまっていました。

 花からもらったヘアピンをつけるとちょっと恥ずかしくなってくるみやこさん。
 気がついたら香子が部屋に侵入していて、出会って2年目の記念日だからと洋服を持ってきました。
 なんでも全て手作りであり、色々と重たい気持ちになってきました。

 香子はみやこの変身セットがほしいと言い、さらには今着ているジャージがほしいと言い出します。
 とりあえずクッキーを与えると香子は一枚一枚熱情を込めて大切にいただくなどと一言。
 そこにひなたがやってきて同じ人間を愛する存在として意気投合しているようですが……

 ひなたによるとみやこと花の関係は香子とみやことの関係と同じであるとのこと。
 場面が変わって、花はシュークリームのお店に行きたいと言い出します。
 お持ち帰りすればいいから2人で行くことになり、じゃんけんで誰が一緒に行くのかと勝負することに。

 ひなたは姉と行けないことをくやしがりますが、最終的に花がみやこと一緒に行くことに。
 みやこは持っている服がかなり特殊らしく、やむを得ず香子の服でお出かけすることになりました。
 「お姉さんってやれば出来るんですね」と言われてちょっと顔を赤くしてしまいました。

 みやこは花に触ろうとしますが、夏祭りの時のように警察に捕まりそうになります。
 さらに花とはぐれてしまいますが、花はみやこの手を握って連れていくことに。
 「このままで我慢してください」と言われて思いっきりデレてしまうみやこなのですが……

 小依と花音は花、みやこの姿を見て声をかけようとしますが断念します。
 花はシュークリームを買うことが出来て喜び、そばの公園で1つ食べてみることに。
 おいしいものの、みやこのシュークリームの方が好きなのだとか。

 花はいつかみやこのシュークリームを食べられなくなるのかと考えてしまいます。
 みやこはずっとあの家にいるからと言ってきてそれはそれで心配になりますが……
 「私は一生、花ちゃんのためにお菓子を作ってあげるから!」と告白してきました。

 花は「約束ですよ。お菓子一生食べ放題!」と言ってのけ、その後もみやこと手をつないで戻ることに。
 香子はみやこが自分の服を着ていると興奮し、みやこはとりあえずお風呂に入りました。
 帰宅した香子はみやこのクッキーを食べて血肉を感じ、これはこれで危ない香りがしますが……

 Cパートでは文化祭の劇の役を決めるためにくじ引きをすることに。
 花が主人公を射止めるのですが……

【感想等】
 今季のアニメも終盤にさしかかり、なにげにこの作品が一番好きなのかなと思えてきました。
 キャラは可愛いですし、今回も色々な髪型を試してみるのは素敵だと思います。
 個人的に乃愛さんの髪型がSAOのアスナさんみたいでちょっとやってみようかなと思ったのは内緒です。

 みやこさんの色々な表情が面白いですが、香子さんが勝手に入っていたのは驚きました。
 香子さんの重すぎる愛はある意味異常ながらも、あれだけ愛されるのはちょっとうらやましいかも。
 ひなたさんがちょっとかわいそうでしたが、花さんとのデートもすごく可愛いなと思います。

 どこか最終回みたいな雰囲気が漂いますが、調べると11話もちゃんとあるようで安心しました。
 Cパートで文化祭の劇の話題になりますが、これがお話の終着点なのでしょうか。
 個人的には2クールでも3クールでも「(アイカツフレンズのあいねさんみたいに)どんとこい!」なのですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】私に天使が舞い降りた! 第9話「私が寝るまでいてくださいね」

 わたてんの9話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトを見ると、今回は乃愛さんとひなたさんがデートするようです。
 はたして乃愛さんはひなたさんを攻略することが出来るのでしょうか。

【内容】
 乃愛は母親から映画のチケットをもらったと言ってきましたが……
 みやこや花が用事があってダメな一方でひなたは大丈夫なようです。
 乃愛は2人のデートなのだと意気込み気合いを入れて可愛い恰好で登場します。

 ひなたは男の子っぽい恰好でやってきて、姉の好きなホワイトリリーを見たいと言ってきます。
 乃愛はサンドイッチを作ってきたのですがはしゃいで振り回したおかげでぐちゃぐちゃになっていました。
 それでもお構いなしに食べてくれるひなたはイケメンすぎました。

 映画がはじまり、乃愛は眠ってしまってましたが、ひなたは本気になって応援していました。
 ボディを狙え!となんだか尋常ではない言葉が飛んできますが……
 映画の後は飲み物を飲んで、あとは乃愛のリクエストでお買い物に行くことになりました。

 花にお土産を買っていくというひなたにちょっとうらやましいと思える乃愛さん。
 ひなたはサンドイッチと映画のお礼だとカチューシャをくれました。
 花はヒゲローをおみやげにもらって喜び、みやこが作ったサーターアンダギーを食べます。

 みやこの母親はアルバムを整理すると言い、花は小さな頃のみやこに興味を持ちます。
 母親はみやこの小さい頃は可愛いと言い、どうして今はこんなになったのかと言い出します。
 中学生の頃のみやこは眼帯を付けて中二病を発動させていたようです。

 高校の頃はカラコンを付けていたみやこですが、うしろには香子の姿がありました。
 みやこが一人で写っている写真が多いのを見て、哀れみの目を向けてくる一同。
 母は中学の時の制服をまだ取ってあり、さらに眼帯やマフラーも取ってありました。

 セーラー服を着てご満悦の乃愛ですが、ひなたは眼帯をつけて姉と同じ恰好をすると一言。
 中学になったら部活をするのかという話題になり、花は自分でお菓子を作れたらと言い出します。
 ちなみにみやこは帰宅部もとい陸上部に入っていたそうですが……

 花は制服を着せられ、さらに三つ編みとメガネを付けた姿に興奮するみやこさん。
 母親が戻ってこないとのことで、花たちはみやこの家にお泊まりすることになりました。
 みやこはリクエストを元にカレーオムライスを作り、乃愛はみやこがいいお嫁さんになると言い出します。

 お風呂に入った後は乃愛がホラーのビデオを持ってきていました。
 彼女によると「ホラーを見て怖がると可愛く見える」らしいのですが……
 乃愛はわざとらしくひなたに抱きつく一方、花は幽霊なんていないと言いつつも震えていました。

 みやこは花に抱きつかれて喜ぶ一方、花は一人ではトイレが怖いそうです。
 花は一人っ子だから姉妹に憧れるといえば、みやこはいっそお姉ちゃんになってもいいと一言。
 「みやこお姉ちゃん」といわれてうれしさのあまり呆然とするみやこなのでした。

【感想等】 
 乃愛さんがはっきりと「デート」と言ってしまうところがいろんな意味で素敵だなと思います。
 ひなたさんのボーイッシュな恰好や所々の「イケメン」ぶりも素敵です。
 私が乃愛さんでも確実にひなたさんに惚れてしまいそうなのですが……

 中盤ではみやこさんの過去が明かされ、いろんな意味で興味深い話題が続きます。
 「中二恋」のような眼帯を付けていたのは誰もが通る道なのでしょうか……
 皆さんの制服姿が素敵ですし、いっそお母さんが中学の制服を着ても面白かったと思います。

 家事、育児(?)を完璧にこなすみやこさんは実際にいいお嫁さんになると思います。
 花さんに対する態度の一部が色々アレなのかもしれませんが、あまり触れない方がいいのかも。
 文句の付け所のないお話の一方で、残り少なくなってくるとだんだん寂しくなってきたのですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】私に天使が舞い降りた! 第8話「知らないほうが幸せなことってあるよ」

 わたてんの8話を見て感想を書かせていただきます。
 いつもジャージのみやこさんですが、これはこれでいいかなと思えてきました。
 こうしてみると制服のあった学校時代の方が楽だったのかもしれません。

【内容】
 高校のジャージでゲームを楽しんでいるみやこの姿に苦言を呈するお母さん。
 私服も高校の時から替わっていない一方で、自分で変な服を作っているなどと言われてしまいます。
 ひなたは大人になったら姉の面倒を見るなどと言い出します。

 お母さんはお金を出すから服を買ってこいと言いますが、みやこは店員が話しかけてくるのは嫌だと反論します。
 みやこ、ひなたは強引に外に出させられ、花は母親からみやこの家にリンゴを持っていくようにと言われます。
 ひなたはいつの間にかどこかに行ってしまい、みやこは店員さんに話しかけられて恐怖を抱きます。

 「恐ろしい店には二度と行く気が無い」などと言い出すみやこさん。
 みやこはいっそ生地を買って自分で服を作ろうと考え、母親は薄々そのことに気づきます。
 花はリンゴをみやこの家に持ってきますが、みやこが不在と聞いて驚きます。

 帰り道で乃愛が出てきて、自分達もお買い物デートしよう(原文ママ)と言い出します。
 みやこは生地がただで手に入ったと喜び、お金が余ったから一緒に遊ぼうと言ってきます。
 「みやー姉が一緒ならどこでもいい!」とゲームセンター等に行きました。

 乃愛は花の微妙な服の趣味を「ドンマイ!」と励まし、店員さんに対しても堂々と接してきます。
 花は犬が苦手なようですが、その犬のなまえは「みやこ」のようです。
 「みやこ」という名前だからなのか、犬は花に懐いてきたようですが……

 犬の「みやこ」の飼い主はみやこの友達である香子でした。
 香子は妹を探していると言い、その妹(友奈)はみやこに「お手!」などと言ってきます。
 ひなたは隠し妹を作っていたのかと悩んでしまいました。

 友奈は香子と再会する一方、花は犬と同じ名前のことについては「知らない方が幸せなことってある」と一言。
 香子が自分のコスプレ写真を撮っていたことを知ったみやこは愕然とします。
 ひなたは友奈が「可愛い」と思え、乃愛もみやこの花に対する気持ちがわかってきたように思えます。

 乃愛はみやこに「お手」を求めてきたりしますが、とりあえずみやこは妹と2人きりになりました。
 花は乃愛に自分が犬が苦手なことを内緒にしてほしいと念を押します。
 ひなたはいつもどおりみやこに抱きつき、みやこはひなたのことが大好きだと告げます。

 お母さんにはどうして生地を買ってくるのかと怒られてしまいました。
 一方、Cパートでは香子は自分とみやこは運命なのかと笑い出します。
 お母さんはみやこの中学時代のアルバムを見てにやつくのでした。

【感想等】
 うまるちゃんのアニメでも服を買ってこいといわれるお話があったような気がします。
 それはそれとしてお金まで出してくれるお母さんがちょっとうらやましいです。
 コミュ障のみやこさんにとっては服を買いに行くこと自体がかなりの大冒険のようですが……

 みやこさんとひなたさんが一緒にお出かけしている姿は微笑ましいです。
 乃愛さんが店員さんに慣れていたり、いぬさんにも堂々と対処できるのは大物ゆえでしょうか。
 犬の「みやこ」さんの飼い主が香子さんだったのはちょっと笑ってしまいました。
 
 ひなたさんが「隠し妹」などと言い出したのはさすがにその発想はありませんでした。
 みやこさんがひなたさんを「大好き」と言ってきたのはちょっとうれしいかも。
 私もひなたさんのような妹がほしいなと思いつつ、次回のお話も見ていこうと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム