【アニメ感想】デート・ア・ライブⅢ 第7話「もたらされた力」

 デアラの3期7話を見て感想を書かせていただきます。
 昨日の敵は今日の友と言いますが、むしろ今回に限ってはその逆でしょうか。
 折紙さんやエレンさんのあまりの強さに「まじひくわー」と思える今日この頃です。

【内容】
 エレンの「ゲーティア」と琴里たちの戦艦との戦闘が続けられます。
 恭平は相変わらずの変態さんでしたが……
 縛られている士道の目の前には折紙が現れ、いきなり高笑いをはじめます。

 折紙の後に四糸乃が現れ、笑っていた折紙の正体は変身していた七罪でした。
 七罪は嫌な気分になると力が戻るらしく、トイレでぼっち飯を食べているのを見られたシーンを思い浮かべたとのこと。
 折紙に圧倒された十香は目を覚ましたものの、美九や耶倶矢、夕弦はすでに倒れていました。

 夕弦の首を絞めて殺害しようとする折紙を前に、十香はついに本気になって戦いを開始します。
 折紙は父母の敵を討とうとしますが、十香によって吹き飛ばされてしまいました。
 そこに「力がほしくない?」と声が聞こえてきて、力を欲した折紙は目の前の水晶に手を伸ばしていきます。

 十香は折紙に一撃を加えたと言いつつも、テリヤキー(テリトリー)があるから死なないだろうとのこと。
 倒れていた美九を起き上がらせるためにはキスが必要らしいのですが……
 結局は美九は普通に生きていて、耶倶矢や夕弦の胸を揉んでセクハラしてきました。

 気がつけば折紙は精霊と化し、精霊を倒すために力を振るうのだと言い出します。
 十香は折紙をグーで殴りつけつつ、本当にわかり合えないのかと問いかけます。
 話し合いが通用しないと知った十香は本気で攻撃を仕掛けようとして士道が止めに入ります。

 士道の姿を見た折紙は遠くへ飛んでいき、街の惨状を見て自分がやったのかとつぶやきます。
 今の自分から十香や他の精霊を倒すことが出来ると考えますが……
 十香から事情を聞いた士道ですが、美九は元気なうちにお仕事をするのだとライブを行います。

 精霊の力が戻った十香を封印すべきなのかと考える士道さん。
 十香は自らキスを迫ってきて、士道はそのままキスをしようとしますが、美九たちがのぞいていました。
 更に先生が出てきて病院に電話すると言い、Cパートでは狂三がようやく姿を見せるのでした。

【感想等】
 折紙さんのあまりの豹変に数話飛ばしたのかと思ったのはここだけの話です。
 2期が全10話だったことを考えると、なにげに3期も全10話(~12話)だったりするのでしょうか。
 公式サイトのあらすじを見て狂三さんの姿があったことにちょっと安心しましたが……

 SAOのユージオさんも、こちらの士道さんも、大ピンチが続くという意味では同じなのかも。
 なんとか折紙さんを倒したかと思えば、まだまだ戦いはそう単純ではないようです。
 十香さんのテリヤキー発言や美九さんのセクハラといったギャグ要素もなかなかに素敵です。

 精霊が封印されて人間になるように、人間が力を与えられて精霊になることもあるのでしょうか。
 美九さんの歌で回復できるそうですが、完全回復は難しいようです。
 次回は狂三さんが参戦すると思われますが、彼女がどのように絡んでくるのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】デート・ア・ライブⅢ 第6話「分かたれた道」

 デアラの3期6話を見て感想を書かせていただきます。
 七罪さんのお話はいい方向に向かっていて何よりだと思います。
 一方で折紙さんの周辺はなんだかややこしくなってきましたが……

【内容】
 幼い頃、折紙は炎の精霊によって両親を失ったという過去がありました。
 時系列は現代に戻り、折紙は深刻そうな表情をしています。
 一方、士道は目を覚ましたら隣に七罪が寝ていたことに驚きを隠せません。

 士道は琴里に罵声を浴びせられますが、そもそもどうして七罪が大人の姿になっているのでしょうか。
 折紙が学校に来ていないことが気になっていたら、彼女は急な都合でイギリスに転校してしまうとのことです。
 小さくなった七罪は四糸乃に声をかけられ、仕返しされるかと思っていたら、普通に街を案内してくれるとのこと。

 士道は折紙の自宅を訪ねますが、中はもぬけの殻になっていました。
 琴里は士道と連絡が取れないと電話を受け、何とか士道を探し出そうとしますが……
 士道は手錠をかけられていて、折紙は水を口うつしで飲ませようとしてきます。

 折紙は士道を巻き込まないために彼を拉致したと言い、自分と精霊と戦うなどと言い出します。
 士道は精霊が人間として生きていこうとしていると反論しますが……
 折紙は精霊は復讐の対象だと言って聞かせつつも、その認識が変わりつつあることを許せないとのこと。

 アイザックは折紙の行動を黙認しており、彼女がどう行動するのかを見届けたいようです。
 彼はエレンに「ゲーティア」を使ってラタトスクを倒すようにと命令してきました。
 十香達は折紙の転校と士道の失踪は関係しているのではと推測し、さらに美九が加わってきました。

 空間震警報が鳴りましたが、これは折紙がならしてほしいと要請したとのこと。
 変身した折紙は精霊である十香たちを倒そうと襲いかかってきます。
 十香、耶倶矢、夕弦、美九の4人でかかっても折紙に傷を付けることが出来ません。

 琴里は十香たちを回収しようとしますが、エレンが運転する戦艦「ゲーティア」によって阻まれてしまいます。
 相手は人類最強の魔道士という強敵でしたが、乗組員は誰一人逃げることはありませんでした。
 琴里はエレンに苦戦し、十香は倒れ、士道は誰かいないのかと叫び出すのですが……

【感想等】
 折紙さんの過去は1期を見ていたのですんなり理解できましたが、見てなかったら少し厳しかったかも。
 キリトさんもとい風太郎さんが三玖さんと添い寝したように、ユージオさんこと士道さんも添い寝がお好きなのでしょうか。
 そういえば「五等分の花嫁」にも琴里さんと同じお声の人が出ていた……というのはこじつけでしょうか。

 禁書目録の3期でもイギリスに行くお話がありましたが、こちらでもイギリスのお話になるのでしょうか。
 折紙さんが敵になってしまいましたが、どう見ても彼女が無理をしているようにしか思えません。
 七罪さんのお話で狂三さんが出てこなかったことを考えると、今度こそ彼女の活躍があるのだと考えたいところです。
 
 折紙さんの武装にしてもエレンさんの戦艦にしてもどちらかと言えばロボットアニメに近づいたのかも。
 主人公の士道さんは次回活躍するとして、3期になってからまだ出てきていない真那さんの出番はあるのでしょうか。
 プリンセスと呼称される十香さんもこのままで終わるとは到底思えませんが……

 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】デート・ア・ライブⅢ 第5話「絶望が落ちてくる」

 デートアライブの3期5話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトル自体が不吉な予兆ではありますが、七罪さんは徐々に攻略されつつあるのかも。
 士道さんならきっとなんとかしてくれると思うのは私だけではないはず。

【内容】
 アイザックを始末しようとしている造反者は衛星を落とすという暴挙を考えつきます。
 変身していない状態で褒められることに慣れていないという七罪にとって大切なのは誰かに認めてもらえることらしいです。
 琴里に扮した七罪は七罪が気持ち悪いのではと言い出しますが、精霊達はこぞってそれを否定します。

 優しくされることに慣れていない七罪は精霊や士道の態度に困惑してしまいます。
 七罪は施設の外へと逃亡した一方、士道の前にはエレンが現れて七罪の行方を聞いてきます。
 DEMが人工衛星を落とそうとしていることを知ったエレンはどこかに行ってしまいます。

 人々が慌てふためく中、士道は七罪を探して一緒に避難しようとします。
 七罪は自分がひどいことをしたにも関わらず、士道がどうして自分に構うのかと疑問を抱きます。
 琴里は人工衛星の落下予測地点を割り出して迎撃しようとしますが……

 恭平に後を託した琴里はグングニルで衛星を破壊しますが、もう一つの衛星が現れます。
 琴里は力尽きながらも「守ろうとする命の中に自分を入れて」と言ってきました。
 士道は「俺しかいない」とサンダルフォンを出して衛星を攻撃しますが……

 十香たちが助けに現れて衛星を破壊することになり、アイザックは造反者の企みは失敗すると断言します。
 耶倶矢、夕弦が風を起こし、十香をはじめとする他の精霊が敵の攻撃を食い止めていきました。
 士道のピンチを救ったのは七罪であり、最後は思いっきり涙を流してきて士道は困惑してしまうのでした。

 「可愛い」と言われた七罪は封印をどうすればいいのかと士道に聞いてきました。
 それがキスだと聞いた途端に赤面してしまう七罪なのですが……
 そしてまだ爆弾が落ちてくるとのことですが、そこに現れたのは変わり果てた姿の折紙なのでした。

【感想等】
 ナレーションの言葉の一つ一つが秀逸で、作品を一つ上のレベルに押し上げているように思えます。
 自分に自信が持てない、褒められることに慣れていないという彼女のことがなんだか他人とは思えません。
 十香さん達のような人が周りにいたら少しずつ変われてもおかしくはない……はず。

 タイトルを回収するかのように衛星が落ちてきて、これまでとは一転してロボットアニメのようなお話になってきました。
 琴里さんの精霊形態がこれだけ活躍するのは1期で狂三さんと戦って以来かもしれません。
 彼女のピンチに仲間が駆けつけるのはラブコメというよりも少年誌の展開に近いように思えます。

 空から落ちてくる最終兵器、大量の敵の出現と、これが最終回ではないかと思えてきたのは私だけではないはず。
 七罪さんがとにかく可愛く、こんな妹がいたらと思ったのはここだけの話です。
 これで封印されていない精霊は狂三さんだけだと思いますが、彼女もそろそろ出てきてもいいように思えます。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】デート・ア・ライブⅢ 第4話「変身」

 デアラの3期4話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は七罪さんを見つけ出したはずでしたが、お話はまだまだ終わらないようです。
 小さくなった皆さんはこれはこれで可愛いなと思いますが……

【内容】
 士道は七罪によって小さくなった十香たちに迫られて困惑していました。
 令音はいまだに七罪を見つけられていないと言いますが、どうして七罪はこのようなことをしたのでしょうか。
 一方、アイザックはエレンに七罪こそが優先目標だと言い出しますが……

 オープニングの後、士道はクラスメイトに七罪の影響がないことを安心します。
 先生は士道に客が来ていると言い、十香達が士道に迫ってきました。
 折紙は「千代紙」といい、士道の娘だと言い出して周囲を困惑させ、さらに十香の服が光とともに消えてしまいました。

 一度帰宅した士道ですが、家の形は招き猫のような形になっていました。
 DEMの上層部はアイザックに目にものを見せられないのかと画策していました。
 十香達はバニーガールの衣装になっていて、七罪は「いい気味」だと言っていましたが……

 エレンは七罪を攻撃してきますが、七罪は弾丸をお菓子に変え、さらにエレンを子どもに変えてしまいました。
 子どもになっても「貴女を殺すには十分です」と流血させるほどの一撃を放つエレンさん。
 ピンチの七罪を救出したのは小さいままの十香達であり、士道は美九の能力でエレンの取り巻きを操って脱出します。

 DEMの上層部は廃棄予定の衛星を落とすことを考え、折紙は電話を受けて突然飛び出します。
 七罪は目を覚ましますが、小さな子どもの姿になっていました。
 士道に「本当の姿」を見られた七罪はそのことが許せないとのことです。

 現在の七罪にも魅力があるのではないかと思う士道さん。
 七罪はオムライスを食べていたら袋をかぶせられ、美九のエステサロンに移動させられていました。
 「女の子は天使なんてなくても変身できる」とのことですが……
 
 エステ、美容室に続き、最後は士道が女装してメイクで七罪を変身させることに。
 七罪は変身した自分に驚いて気を失う一方、エレンは折紙を自分の部下にしようとしていました。
 両親の無念を晴らせると言われればその申し出を受けるしかないのでしょうか。

【感想等】
 女性陣が小さくなったことで、士道さんや令音さんが保育園の先生のようにみえてきました。
 美九さんは百合属性を持っていましたが、七罪さんはロリコンではないかというのはさすがに冗談です。
 それ以前に士道さんが過労死してしまわないのかが心配になります。

 そろそろ狂三さんが出てくると思っていたら、エレンさんが先に出てきてしまいました。
 どう転んでも順調に攻略を進めていく士道さんは相変わらずだと思います。
 変身して自分を隠すことが出来るのなら、それはそれで少しうらやましいと思ったのは内緒です。

 前半の保育園、後半のエステサロン、さらには士道さんの女装と、最初から最後まで盛りだくさんのお話でした。
 七罪さんの攻略がうまくいきつつあるのはいいとして、折紙さんの方が色々と心配になりました。
 折紙さんが二重スパイの可能性を考えつつ、どのタイミングで狂三さんが出てくるのかが気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】デート・ア・ライブⅢ 第3話「七罪はおまえだ」

 デートアライブの3期3話を見て感想を書かせていただきます。
 前回のデートでは七罪さんが見つからず、ついに一人目の犠牲が出てしまいました。
 このピンチを前に士道さんは一体どんな行動に出るのでしょうか。

【内容】
 2日目になった途端に夕弦が消えてしまい、士道は一日も早く七罪を見つけ出そうと考えます。
 琴里は自分とデートしてみないかと、キスしてみないかと言ってきますが……
 士道はキスすると見せかけてきてリボンを取って、その反応を見て彼女が本物だと確信します。

 士道はデートのペースを上げることを考え、まずは美九とデートをすることに。
 美九がアイドルだからと士道もろともコスプレをすることになり、続いてあいまいみーの3人とデートします。
 先生には結婚届を出されそうになり、耶倶矢とはボーリングで勝負することになりました。

 ボーリングで負けた士道は言うことを聞くことになり、耶倶矢は士道の膝枕で涙を流してきます。
 2日で11人とデートをこなした士道ですが、誰に対しても違和感を覚えませんでした。
 七罪が現れて2日目の終了を宣言し、彼女は「全ては始まっている」と言い出しますが……

 士道は四糸乃が七罪ではないかと推測しますが、四糸乃だけでなく愛も消えてしまいます。
 次々と仲間が消えていく中、士道は折紙と映画デートをすることになりました。
 折紙は映画を見ながら自分の胸を触ってほしいと言い、さらには間接キスをねだってきました。

 士道は完全に疲れてしまいますが、十香は士道が疲れているのではないかと心配します。
 突然金髪の男性(エリオット)が道を聞いてきますが、彼は一体何者なのでしょうか。
 十香が消えてしまったと聞いた士道は憤り、七罪は当てられないなら消えた仲間と取って代わると言い出します。

 「誰も私を見つけてなんてくれない」という七罪さん。
 士道は残った仲間に事情を説明しますが、折紙は七罪はどうしてこんなリスクを取る真似が出来るのかと考えます。
 写真そのものに化けている可能性、誰にも化けていないという可能性も考えますが……

 七罪が登場して士道に問いかけ、間違えるごとに仲間が消えていくと言ってきます。
 士道は七罪が消した5人の中にいると言い、初日に消した夕弦ではないかと推測しますが……
 夕弦ではなかったことで折紙が消され、士道はますます追い込まれてしまいます。

 琴里は殿町ではないかといい、間違えだったとのことで耶倶矢が消されてしまいました。
 美九は頭を抱えて身につけていたものを取り外し、士道は七罪が余裕でいられる理由に気づきます。
 七罪は「よしのん」に化けていると見抜き、士道は七罪を問い詰めようとしますが……

 気がついたら七罪は小さな姿になっていて、秘密を知られた七罪は憤ります。
 七罪は士道の話を聞かないでどこかに去ってしまい、残されたのは小さくなった十香たちなのでした。
 次回からは士道さんが幼稚園の先生に扮するのでしょうか。

【感想等】
 仲間が犠牲になって怒るどころかデートに向かうところはなんだか面白いなと思います。
 美九さんとのデートはあっさりと終わりますが、個人的に士道さんの女装も見てみたかったかもしれません。
 先生が結婚届を出してきたのはさすがに驚きましたが……

 耶倶矢さんの色々な口調に、内田さんの演じてきた色々なキャラを連想した人は少なくないかも。
 中田さんのお声が聞こえると何か重要な人物のように思えてきます。
 士道さんの必死な表情にふとユージオさんの姿が重なったのはここだけの話です。

 戦闘をしないでここまで切迫した状況を作り出すのは実際にすごいことだと思います。
 七罪さんによって十香さんが無力化(?)させられたのはさすがに驚きでした。
 私の予想では次回かその次で狂三さんが出てくるのではないかと思いますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム