【アニメ感想】百錬の覇王と聖約の戦乙女 第7話「遺恨の報復」

 百錬(以下略)の7話を見て感想を書かせていただきます。
 温泉での休息という「平和」はそう長くは続かなかったようです。
 公式サイトは男性キャラも書いておいてほしいなとつくづく思います。

【内容】
 勇斗は「兄」と慕っていた男(ロプト)との過去を思い出していました。
 爪との戦いに勝利した狼の氏族は次の宗主としてロプトではなく勇斗を指名します。
 宗主になるという夢を砕かれたロプトは暴走し、父親をその刃にかけてしまいます。

 目を覚ました勇斗は蹄の部族が豹の部族に制圧されたという報告を受けます。
 自分の技術が盗まれていたことから、敵はかつての「若頭」であったロプトではないかと推測する勇斗さん。
 フェリシアは兄から自分のところに来るようにという書簡が届いていたと続けます。

 勇斗はとりあえずアル・クリに友好の書簡を送って様子を見ることに。
 美月に電話をかけますが、無理をしているのではないかと言われてしまいます。
 仮面をつけたロプトはたちまちに角の部族に戦争を仕掛け、勇斗たちは救援に向かうことに。

 勇斗は武器を次々と手渡しにして流れ作業で弓を連続で放ちます。
 「所詮は借り物の力」とドヤ顔をするロプトさん。
 スマホの力を過信したな(原文ママ)と攻撃を仕掛けますが、勇斗は逆に相手を取り囲みます。

 大量の犠牲者を前に「絶対地獄行きだな」とつぶやく勇斗さん。
 ロプトはシギュンの術によって勇斗をかくらんし、体が一瞬透けてしまいます。
 そうかと思えば正気を失った兵士たちは強引に特攻を仕掛けてきます。

 妹に拒絶されたロプトは剣を向け、勇斗は彼と一戦交えることに。
 ジークルーネが増援にやってきたことで、ロプトたちは退散を余儀なきされます。
 勇斗はかつて兄と呼んだあの男に勝つことができるのでしょうか。

【感想等】
 勇斗さんの過去が明らかになり、一つの節目がやってきたように思えます。
 「若頭」という表記が極道っぽく聞こえるのは私だけでしょうか。
 もしかしたら極道のスタイルを導入したのも勇斗さんなのかもしれません。

 後継者に選ばれなかったという設定に聖闘志星矢のサガさんを思い出したのは私だけかも。
 ライバルキャラが仮面をつけるのはガンダムシリーズの伝統かもしれませんが……
 遠い異世界で普通に「スマホ」という言葉が出てきているのがなんだかシュールです。

 勇斗さんの恐ろしさはスマホの力よりも、それを生かすだけの頭脳ではないかと考えます。
 相手を模倣するというロプトさんもスマホの知識を借りる勇斗さんもある意味では「同じ穴のむじな」かもしれませんが。
 残りのお話でロプトさんと決着をつけ、さらには美月さんのそっくりさんが出てくるという感じなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】百錬の覇王と聖約の戦乙女 第6話「戦乙女の休日」

 百錬の6話を見て感想を書かせていただきます。
 今回はいわゆる「日常回」ということでよろしいのでしょうか。
 男性キャラ置いてけぼりのタイトルにむしろすがすがしさすら感じてしまいます。

【内容】
 イングリットとともにガラス製品を生産する勇斗さん。
 彼女は勇斗と体を密着させた状態で思わず顔を赤くしてしまいます。
 この状況を見た時に美月はどう思ってしまうのでしょうか。

 オープニングの後は、新たな(元奴隷の)女性キャラ(エフィ)を交えて会議がはじまります。
 スキンヘッドの男性は「親父殿」こと勇斗の知識と努力を評価しつつ、たまには休んでもらえないかと考えます。
 異世界での女性陣の荒ぶる視線に、美月は思わず悪寒を感じたとのことですが……

 「日本に帰るな」と釘を刺されたと感じつつも、部下(?)の心遣いに感謝する勇斗さん。
 一人で温泉に入っていたはずが、護衛と称した双子が後から入ってきます。
 さらに他の女性キャラも次々とやってきてどったんばったん大騒ぎになります。

 女性陣に取り囲まれて体を洗わされることに困惑しつつ、勇斗はなんとしても耐えなければと決意します。
 フェリシアは自らの胸で体を洗ったり、ジークルーネは足をなめてきたりします。
 勇斗は鼻血を出して倒れ、風呂は一人で入りたいのだと念を押しますが……

 「服を着ろ」「密着しすぎるな」と念を押す勇斗ですが、女性陣はマッサージをすると言い出します。
 マキャヴェリの「君主論」についての画像が挟まれた後、ステインソールが生きていたという知らせが入ります。
 ジークルーネはイングリットから新たな刀を入手しますが、ついため息をついて怒らせてしまいます。

 「できれば父上に作って欲しかった」というジークルーネさん。
 そうかと思ったら、戦で失ったはずの刀が戻ってきて涙を流して喜んでしまいます。
 ガラス細工を売って莫大な利益を得ますが、人材不足という壁が立ちはだかります。

 ドジっ娘のエフィが水をこぼしますが、勇斗に頭をなでられて顔を赤くします。
 元々は「いい暮らし」をしていたエフィが字を読めることに気づいた勇斗は学校を作ることを考えます。
 マキャヴェリの「君主論」を引き合いに出して人材の育成に励むことを決意する勇斗なのですが……

【感想等】
 ステインソールさんに勝って前半が終了し、後半に向けた息抜きということでしょうか。
 モブキャラだと思われたスキンヘッドの男性の思わぬ計らいと美月さんの反応が興味深いかと。
 一方で、日本に戻るなと軽く釘を刺されるところは気になります。

 温泉でスキンシップをしようとする女性陣の積極的なところは見習うべきでしょうか。
 さすがに胸を押しつけたりするのは私にはできそうにありませんが……
 勇斗さんが前回(の戦闘シーン)よりも緊張しているように見えるのがなかなかに面白いです。

 全体としたギャグシーンが多めの中で、マキャヴェリの「君主論」が挟まるのがなかなかシュールです。
 ステインソールさんが生きていたという話題から、最終回までにもう一戦交えることになるのでしょうか。
 子供に教育を受けさせることが出来る世の中が今後も続くことを願って、今後もお話を見ていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】百錬の覇王と聖約の戦乙女 第5話「虎を食う獅子」

 百錬の5話を見て感想を書かせていただきます。
 ここまで見てきて少しずつキャラクターのお名前はわかってきたような気がします。
 未だに娘、姉、妹の違いがよくわからないのは私だけではないはず。

【内容】
 ジークルーネは勇斗を攻撃して、一兵卒でも使い物にならないと吐き捨てます。
 必死にしがみつく勇斗ですが、あっさりと気絶させられることに。
 そんな一連のやりとりを思い出しつつ、狼の勝利を祈るのですが……

 「雷」の軍勢に対して、勇斗はずっと未来の道具である「鉄」の矢を使用して対処します。
 接近戦に持ち込めば、ファランクスや騎馬部隊が援護に出て優勢に進みますが……
 勇斗は反撃の隙を与えないのだとジークルーネを差し向けます。

 ステインソールは巨大なハンマーで殴りつけてきて、ジークルーネの刀を抑えてしまいます。
 ジークルーネを退けさせ、ステインソールは果敢に攻め入ってきますが、勇斗は「匹夫の勇」だと切り捨てます。
 しかし、ステインソールのその圧倒的な力は相手のファランクスを完全に1人で崩してしまいます。

 長髪の男性「スカーヴィズ」が撤退命令を出しつつ、ステインソールと互角の戦いを繰り広げます。
 ステインソールは部下を追撃に差し向けますが、スカーヴィズによって倒されてしまいます。
 思わず八つ当たりしてしまったステインソールですが、気を取り直して自ら追撃に出ます。

 勇斗たちは川を渡り終え、ステインソールはさらに川を渡って追撃してきます。
 「虎を釣り上げた」という勇斗は矢の雨を降らせますが、彼には通用しませんでした。
 エインフェリアル7人に囲まれたステインソールは単身で戦うことになりました。

 本気になったステインソールはジークルーネの刀を弾き飛ばし、真っ正面から食い破ってやると豪語します。
 しかし、突然に発生した洪水によって流されてしまいます。
 勇斗が言うには項羽に対して韓信が使った秘策であり、リネーアの指示があったからとのこと。

 勇斗はステインソールの態度にかつての自分を見ていたようです。
 続いて彼女に連絡をして、戦後処理が色々大変だったと言いつつも、まだ帰る方法はわからないとのこと。
 国力が上がれば帰る方法が見つかるのではないかと考えるのですが……

【感想等】
 今回はステインソールさんとの戦いがメインで、大きな山場にさしかかったような気がします。
 公式サイトの「キャラクター」のところは(主人公以外)女の子しか書いてなかったのはある意味驚きです。
 女性キャラばかりのお話だと思っていただけに、スカーヴィズさんが最強の暗殺者だったのも驚きました。

 ステインソールさんはヒーロー殺しというよりも「雷」ということで(トールの)ハンマーということでしょうか。
 最後は7人で勝負することになりましたが、逆を言えばそれくらいでないと勝てない相手ということかと。
 余談ですが、ここにきてなにげに中の人が「アスタリスク」の綾斗さんだと気づきました。

 かつての自分ともいえる強力なライバルをやっつけたところで、お話は一つの区切りを迎えたのでしょうか。
 そろそろオープニングに出てきた美月さんの色違い(?)は出てくるのでしょうか。
 女性キャラが増えてきたら既存ヒロインの立場がだんだんなくなるのかもしれませんが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】百錬の覇王と聖約の戦乙女 第4話「百錬成鋼」

 百錬(公式略称)の4話を見て感想を書かせていただきます。
 何やら聞き慣れない用語が気になりますが、必殺技の類だったりするのでしょうか。
 個人的にはオープニングの美月さんのそっくりさんも気になりますが……

【内容】
 兄の夢から目を覚ましたリネーアは、勇斗が視察に来ると聞かされます。
 勇斗はフェリシア及び(風を操る力を持つ)双子とともに現地へと向かいます。
 「ギムレー」の豊かな状況を見て食糧事情の改善を期待する勇斗なのでした。

 ノーフォーク農法を提案する勇斗ですが、よそ者の手法は聞き入れてもらえませんでした。
 リネーアは顔を赤くして勇斗を歓迎しつつ、結婚のお返事を期待しますが……
 双子は自分も嫁候補だと言い出し、何やら修羅場の予感がします。

 ノーフォーク農法は色々な作物を交互に作ることで生産力を上げるとのこと。
 リネーアは住民達を説得して農法を受け入れさせることに成功します。
 自分が勇斗よりも劣っていると感じたリネーアなのですが……

 リネーアは裸になって勇斗に「抱いてください」と言い出しますが、勇斗は美月を連想してそれを拒否します。
 勇斗は自分の頭をぶつけて土下座して「結婚できない」と言い出します。
 彼は元の世界には「好きな人」がいること、元々は別の世界から来た(からこそ知らない知識を持っている)のだと説明します。
 
 リネーアは父の力を借りた自分が不安であると告げますが、勇斗は自分が失態を犯して恩人が死んだと言い出します。
 「百錬成鋼」という言葉を引き合いに出して「妹」のリネーアを励ます勇斗なのでした。
 リネーアは「兄上のことをあきらめません」と迫りますが、そこに双子がやってきて「雷」が戦の準備をしたと伝わります。

 雷の宗主ステインソールの動向が気になる一方、アルベルティーナは自分が暗殺者であると示します。
 勇斗は「国士無双」の韓信の故事が使えると準備を始めることに。
 その夜は彼女の美月にスマホで連絡し、会議を行って対処を考えますが……

 雷が連戦連勝なのは、兵の士気が異常に高いとのこと。
 さらには当時13才のステインソールが正面突破で砦を落としたという逸話を聞かされます。
 勇斗はステインソールは「匹夫の勇」だと言い、狼は負けないと豪語します。

【感想等】
 いつの間にか双子さんが仲間になっていてますます女性関係が複雑になりそうな気がします。
 そうかと思ったら「ノーフォーク農法(参考:ウィキペディア「ノーフォーク農法」)」なる用語が出てきてちょっと調べてみたのは私だけではないはず。
 未来から来たという説明を聞けば、勇斗さんが「革新的」な技術を持っているのも納得ですが……

 主人公が一途なのは好感が持てますが、早々に振られるリネーアさんのことを考えるともやもやした気持ちになります。
 勇斗さんの(恩人を死なせた)過去のお話が出てきますが、そのあたりは今後明らかになるのでしょうか。
 ステインソールさんが出てくるのが思ったよりも早いこともそうですが、双子さんが暗殺者というのも驚きです。

 次回はステインソールさんとの直接対決になるのは間違いないはず。
 彼がそのお名前的にヒーロー殺し並の実力を持っているのかはじきに明らかになるはず。
 とはいえ、5話6話では決着はつかないでしょうし、彼とは長い付き合いになるような予感がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】百錬の覇王と聖約の戦乙女 第3話「双紋と双子」

 百錬の3話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトルどおり双子さんが出てきますが、かのプチミレの演技が素晴らしいです。
 竹達さんが妹キャラ(俺妹、SAO、ワルブレ等)というのはこれで何度目なのでしょうか。

【内容】
 冒頭から視聴者に百合を見せつける双子さん。
 オープニングの後は主人公が勝利の儀式を終えたようです。
 リネーアの「結婚してください」という言葉が脳裏から離れませんが……

 リネーアは勇斗に迫り、フェリシアは対抗意識を燃やして勇斗に抱きつきます。
 そこにアレクシスという男がステインソールなる男を連れてやってきます。
 ステインソールなる男は2つのルーンを持つ「双紋」のエインフェリアルなのだとか。

 リネーアにちょっかいをかけるステインソールに勇斗は血相を変えて怒り出します。
 ステインソールは勇斗に興奮しつつ、アイツとなら楽しくやり合えそうだと言い残します。
 一方で、彼女には「ホウレンソウ」がなかったとお叱りを受ける勇斗なのでした。

 市場を視察する勇斗ですが、彼の発明(?)した紙によって国は豊かになりつつあるようです。
 一方で町では母子が奴隷として売買されていました。
 勇斗は奴隷を買い取り、彼女たちを侍従長のところに連れていき、その様子を双子が見つめていました。

 大量の書類を処理することになった勇斗の前に、例の双子が登場します。
 双子は姉妹で責任を押し付け合い、周囲は困惑を隠せません。
 彼女たちは爪の宗主の娘であり、主人公の妻になると言い出します。

 目の前で百合を披露する双子に「とびっきり変なのが来たな」と言い出す勇斗さん。
 勇斗はめとるつもりはないと主張しますが、双子は本心から杯を捧げたいと言い出します。
 ステインソールを意識して双子に「手柄」を持ってこいという勇斗なのですが……

【感想等】
 タイトルどおり双子さんが出てきますが、その積極性にいろんな意味で驚きました。
 リネーアさんたちも負けじと主人公を誘惑してきてなんだか微笑ましいなと思えてきます。
 ステインソールさんという嵐の前の静けさなのかもしれませんが……

 タイトルの1つ「双紋」のステインソールさんが敵になって立ちはだかるのは間違いないはず。
 ステインというと「ヒーロー殺し」を思い出すのは私だけではないはず。
 ホウレンソウや大量の書類など、この異世界は割と日本的な感じがします。

 娘、妹に加えて妻が登場し、美月さんがこれを知ったらどうなるのでしょうか。
 本命の美月さんが「報告がなかった」と異世界転生してくる展開もありえるのかもしれません。
 本当の戦闘よりも女性同士の修羅場の方が恐ろしい(かもしれない)と思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム