【アニメ感想】レイトン ミステリー探偵社~カトリーのナゾトキファイル~ 第45話「カトリーエイルとゴースト倶楽部」

 カトリーさんの45話を見て感想を書かせていただきます。
 前回はお料理対決と、少し探偵業から離れていましたが……
 カトリーさんのハイテンションに今日も元気をもらっているのは私だけではないはず。

【内容】
 アンドレアはハードコア肝試しフェスなるものを計画し、次々と成功を収めたとのこと。
 彼女が「ゴーストエスケープ」なる脱出ゲームをすると言えば、カトリーは目を輝かせて喜んでいました。
 最新の「ゴーストクラブ」の脱出に成功したら10000ポンドもの大金がもらえるとのことですが……

 オープニングの後、アンドレアは3人のゴーストを見つけて仲間とともに脱出すべきと言ってきました。
 カトリーはノアと一緒に組む一方、ジェラルディンはひとりぼっちになってしまいますが……
 ミンタンは10000万ポンドの話を聞いたら急にチャラい男になってジェラルディンと組むと言い出します。

 罵倒されたミンタンはジェラルディンにプロポーズし、さらにはかあちゃん等と言い出します。
 ゴーストっぽい人形がいっぱい置かれていて、壁には計算式が書かれていました。
 ベンガリーはカレンダーに着目し、ケリーは雑巾で窓を拭いていたらIという文字が見えてきました。

 ミンタンがジェラルディンに怒られている中、カトリーはすでに謎を解明したと言い出します。
 CMの後、ベンガリーは計算式とカレンダーの謎を解き、月を足せばいいのだと言ってきました。
 59の棺桶がゴーストだと判明しますが、笑顔がとても素敵でした。

 浮かび上がった文字をつなぎ合わせればSINGとなり、歌い始めたらゴーストが出てきました。
 アスポワロ警部と一緒にいた夫人は光の屈折でゴーストを当ててきました。
 さらにジェラルディンもまたゴーストを発見して脱出を目指していましたが、ゴーストは1人しか見つかっていません。

 余裕のカトリーは謎はかき氷のようだったと言ってハイテンションに説明を開始します。
 アンドレアの発言から自分達が全員ゴーストだったと言い出すカトリーさん。
 入り口が出口であったと気づき、全員がギリギリの所で脱出することに成功するのでした。

 アンドレアの目的は4人のゴーストを紹介することだったようです。
 身寄りのない子どもを招待するというボランティアをしていたアンドレアはゴーストアイドル企画を宣言していました。
 4人に自信を付けさせるためにこの企画を行ったとのことですが……

 カトリー達は賞金を受け取りましたが、全てイベントの回数券というオチでした。
 アンドレアはさらなるゴーストビジネスを進める等と言い出し、カトリーはそれに一枚買おうとするのでした。

【感想等】
 一度出てきたキャラの再登場が多いですが、一部を除いて忘れている人も少なくないかも。
 アンドレアさんのやけに気合いが入った話し方は役にはまり込むタイプの人物なのでしょうか。
 すっかり更生したはずのミンタンさんは水でもかぶって反省した方がいいのかも。

 2人でペアを組めというのはぼっちにはなかなか酷だと思うのは私だけでしょうか。
 ミンタンさんとジェラルディンさんとの組み合わせは面白いと思います。
 ケリーさんが急に歌い出したときはいつからバンドリ(?)になったのかと思いましたが……

 カトリーさん以外が謎を解くのは新鮮ですが、ちゃんとカトリーさんのスイーツの例えもあってよかったです。
 佐賀県でゾンビがアイドルをやっていることを考えればゴーストアイドルがあってもいいのかも。
 10000ポンドを回数券で払ったとのことですが、他の人達から文句は出なかったのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】レイトン ミステリー探偵社~カトリーのナゾトキファイル~ 第44話「カトリーエイルと料理の超人」

 カトリーさんの44話を見て感想を書かせていただきます。
 料理対決はだんだん本題から外れているような気がしますが……
 そもそも彼女はどのくらい料理が出来るのでしょうか。

【内容】
 カトリーの事務所の近くに中華料理店が出来たようです。
 「好きなだけ食べて」と言われたカトリーはひたすらに食べ続けます。
 300ポンド(約42000円)というお値段を見て青ざめるカトリーなのですが……

 持ち合わせがないからと料理対決をすることになったカトリーさん。
 負けたらチャイナドレスを着て客寄せしろといわれたカトリーはむしろ喜びます。
 ノアはこんなはしたないのはダメだと保護者のようなことを言い出します。

 味にうるさい男「アージ・ミサダメール」なる男が出てきます。
 いきなりキッチンがバトル仕様に形を変え、カトリーは店主と戦うことになりました。
 カトリーは包丁を使えないからとハンナという女性に任せてしまいました。

 餃子を作るカトリーに対して、店主は食べたら炎を出すような麻婆豆腐を作ってきます。
 カトリーは「お上がりよ!」と別のアニメのネタを出してきました。
 店主はフカヒレを出してきて、それをブーメランのように投げつけてきました。

 カトリーはフカヒレブーメランを見て電球を輝かせてメイン料理を作り上げることに成功します。
 審査員はカトリーの料理を食べて涙を流して感動し、店主の作った麻婆豆腐を食べれば鳳凰に乗って空を飛びます。
 カトリーの麻婆は隠し味に醤油を使っているとのことですが……

 店主のメイン料理を食べた審査員は古代中国の皇帝になったようだと言い出します。
 カトリーのメイン料理は三種類のつけ麺でした。
 そしてカトリーが激闘を制して勝利したと聞いて周囲は騒然となります。

 審査員は店主の料理はカトリーの料理に比べると決め手が足りなかったと言い出します。
 カトリーは親子丼のような師弟愛のような隠し味があったと言い、ハンナが最後の決め手になったようです。
 ハンナはごまだれにミントソースを入れ、他にも隠し味を加えていたことが明らかになります。

 店主は素人に料理に手入れされたとキレてしまいますが、ハンナは元々料理学校に通っていたとのこと。
 つけ麺にしたのはハンナのソースを生かすための料理だったのだとか。
 幼少期のハンナは店主の店にやってきて、その情熱に感動して故郷を捨てたとのことです。

 お店に雇われたハンナは店主が繊細な作業を忘れていたのだと気づき、それを隠し味でカバーしたようです。
 審査員は感動して涙を流し、店主は自分の忘れていたものを思い出します。
 師弟のフカヒレラーメンは一躍人気メニューになり、カトリーがチャイナドレスで接客するのでした。

【感想等】
 冒頭から4万円以上を飲み食べするカトリーさんはいろんな意味で大物でした。
 チャイナドレスを着ろと言われて喜ぶカトリーさんは彼女らしいと思います。
 機会があれば私もちょっと着てみたいと思ったのは墓場まで持っていこうと思います。

 少し調べてみると今回は「料理の鉄人」という番組のパロディーで出来ているようです。
 同じフジテレビ系からそのまま「料理の鉄人」と書いてもよかったと思いますが……
 やたらと派手なリアクションは再アニメ化という話もある「中華一番」を連想します。

 いつものスイーツの例え話は出ませんでしたが、最終的に感動する流れはよかったと思います。
 最後にチャイナドレスを着てきたのはカトリーさんの趣味なのだろうとは思いますが……
 次回は脱出ゲームのお話のようですが、次こそ「真実はいつも希有なものなのです」の決めぜりふが復活するのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】レイトン ミステリー探偵社~カトリーのナゾトキファイル~ 第43話「カトリーエイルとホラーキャッスルVR」

 カトリーさんの43話を見て感想を書かせていただきます。
 シャーロさんの活躍は一回限りで終わり、今回からまたカトリーさんのお話となりました。
 ガルフゼッツァー夫人という名前が何度見ても覚えきれないのは内緒です。

【内容】
 ガルフゼッツァー夫人が事務所にやってきますが、その豊満なボディは玄関を通れないようです。
 何とか中に入った夫人は悩みすぎてすっかり痩せてしまったなどと言い出しますが……
 彼女はホラー映画の聖地でVRゲームにはまり、財力で発売前のゲームを無理矢理取り寄せたとのことです。

 「ホラーキャッスルVR」は誰も解けなかったと言われたカトリーはカメラ目線で謎を解くと言い出します。
 オープニングの後、カトリー達はその最新ゲームをプレイすることになりました。
 カトリー達はゲームの世界にやってきましたが、画面で現実の自分達の姿を見せてもらって納得します。

 どう見ても怪しいお声によると「スーパーゴッドリング」を見つけなければ脱出が出来ないとのこと。
 チェーンソーを持った殺人鬼が襲いかかってきますが、カトリーは「なかなか迫力があるわね」と喜んでいました。
 カトリーは回し蹴りで対抗しようとしますが、ノアは彼女を連れて逃げていくことになりました。

 部屋中を探し回っていたカトリーでしたが、今度は殺人鬼が複数で襲いかかってきました。
 突然扉が開いたのは罠なのかと思いつつも2階にあがろうとします。
 食堂に入ろうとしたものの、殺人鬼が入っていたのでさすがに諦めることになりました。

 2階を片っ端から調べようとしたらまたも殺人鬼が襲ってきました。
 カトリーはノアやシャーロに後を任せ、自分は指輪を探すと言い出します。
 殺人鬼は植物を守りつつもノア達を襲ってきますが……

 カトリーはあっという間に「スーパーゴッドリング」を発見していました。
 SG1122という文字を見たカトリーは「全ての謎は解明されました」どどや顔をします。
 彼女が言うにはなめらかな舌触りの黒ごまプリンの味わいだったようです。

 カトリーはホラーキャッスルVRは想いでの宝探しVRだったといい、殺人鬼に高々とリングを掲げます。
 殺人鬼の正体は執事やメイドや庭師というオチで、さらには夫人や映画監督の姿もありました。
 カトリーは眠らされていた間に別荘に拉致され、実は仮想世界が現実であったことが明らかになります。

 実は指輪を探すという依頼であり、夫人がわざわざVR装置まで準備してカトリーを動かしたそうです。
 指輪は愛しのダーリンとの愛の証であり、ここまでしなければならないものでした。
 SGは夫人のイニシャルで、庭師であった夫は解雇されながらも通い続けて結婚を認めさせたとのこと。

 夫はビジネスの才能があるとのことで、世界中を飛び回っているとのことです。
 結婚記念日にその夫が帰ってきてますが、愛の形は色々あるのだという結論に。
 威厳のカケラもない夫を見たカトリーは「現実はいつも希有なものなの」ですと締めくくるのでした。

【感想等】
 オープニングの「自分の嫌いな部分も愛さなくちゃ」という一言が胸に刺さってきたのはここだけの話です。
 ノリノリでバトルしているレイトン教授を本編で拝めるのはいつの日なのでしょうか。
 それはそれとして最新のゲームの割にどう見てもファミコンソフトにしか見えなかったのは内緒です。

 殺人鬼が襲いかかってくるのは朝から怖いですし、下手をしたら夢に出てきてしまいそうです。
 私は植物の鉢の下にリングがあるのかなくらいしか思っていませんでした。
 キャストの中でメイドさんの演技が微妙なのはあまり考えないほうがいいのかも知れません。

 大げさなセットを作ってまでも探さなければいけないというところに「愛」を感じました。
 彼らが相手のどんなところが好きだったのかはいまいちよくわかりませんが……
 次回はカトリーさんが料理対決をするそうですが、一体どんな結末になるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】レイトン ミステリー探偵社~カトリーのナゾトキファイル~ 第42話「名探偵シャーロ・ックホームズ」

 カトリーさんの42話を見て感想を書かせていただきます。
 今回はタイトルのとおりシャーロさんが中心のお話で間違いないはず。
 飼い主のカトリーさんと同様に素晴らしい推理を見せてくれることを期待します。

【内容】
 名探偵として評判のカトリーは雑誌の取材を受けていました。
 カトリーは妙な擬音で調子に乗っていましたが……
 シャーロは知り合いのジョリーと出会い、自分が依頼のほとんどを解決していると言い出します。

 「俺の本名はシャーロ・ックホームズ」だと悪乗りするシャーロさん。
 ジョリーはワイルディ(犬)が殺されたと言い、シャーロはノリノリで引き受けることになりました。
 現地にやってきたシャーロは血が抜けたような死体があったと言い出します。

 ワットソーンなる猫はワイルディと一緒に飼われていたらしく、彼(?)が死んだのを見たと言ってきました。
 この猫は色々と的外れな言葉を言ってきてシャーロは日頃の経験もあって突っ込みを連発します。
 ワイルディはチャウチャウ犬らしいですが、ちゃうちゃう連発をするとなんだかややこしくなってきました。

 よくわからない流れでワットソーンはシャーロの弟子になると言い出します。
 猫には塩対応という言葉が気になるものの、捜査を続けていくことに。
 ワイルディの動きは遅いとのことで、なおかつボクサー犬のドンディとケンカしたとのことです。

 以前はエサを盗んでいく猫がいるとのことで、ワットソーンをはじめとする猫はいい思いをされていないとのこと。
 ドンディとワイルディはどつき漫才をやっていたとのことで、犯人を捜してほしいと訴えます。
 ジョリーはもう解けたのでは無いかと言いますが、シャーロは追い込まれてしまいました。 

 一旦戻ることにしつつ考えたものの、全くわからなかったシャーロさん。
 とりあえずカトリーに説明して代わりに解いてもらおうとしますが……
 カトリーは「パンは中身が大事」と言っていて、シャーロは「全ての謎は解明されました」と言い出します。

 シャーロはドッグフードだと思っていたがキャットフードだと言い出し、ワットソーンがノアのように解説をします。
 CMの後は全員を集めたシャーロですが、ワットソーンは気まずくなったのか逃げだそうとします。
 シャーロは「犯人はその中にいる」とどや顔をし、ワットソーンこそがその犯人だと言い出してきました。

 犬たちはワットソーンを取り囲みますが、シャーロはワイルディは殺されていないと続けます。
 飼い主と同じようにカメラ目線で解説を始め、ワイルディは犬のぬいぐるみだったと言い出します。
 「なんでやねん」と言ってしまうワットソーンこそが犬のぬいぐるみをかぶっていたとのことですが……

 ワットソーンは話し相手を探していたのですが、犬は全く相手にしてくれませんでした。
 そこで「犬になること」を思いつき、ぬいぐるみの中に入ることで話してきたのだとか。
 ぬいぐるみを脱いでいたところを見たジョリーは死体だと勘違いしたのでした。

 ドンディは「猫なんて信用できない」と憤りますが、ワットソーンは逆に憤ってクッキーで出来た骨を送りつけると言い出します。
 いつの間にかシャーロとワットソーンは夫婦漫才になっていて、犬たちは笑いの渦に包まれます。
 ドンディは「猫がねころんだ」と言い、ワットソーンに「遊びに来い」とツンデレを見せてくれるのでした。

 その後、犬猫は長蛇の列になってシャーロに依頼をしてきました。
 カトリーは負けるわけにはいかないと言って宣伝をすることを考えます。
 そして「現実はいつも希有なものなのだよ」と締めくくるのでした。

【感想等】
 カトリーさんのキャラクターも濃いですが、シャーロさんもCVが小杉さんだけに濃過ぎるキャラでした。
 殺人もとい殺犬事件と言っていましたが、この世界観で犠牲者は出ないとは思いますが……
 シャーロさんがメインのお話があるのならばそのうちノアさんがメインのお話も出てくるのでしょうか。

 犬は飼い主に似るとは言いますが、例え話や決めぜりふまで似てくるのはちょっと笑いました。
 ワットソーンさんが犯人(?)なのはさておき、着ぐるみというオチはさすがに想定外でした。
 誰かと仲良くするために一生懸命になる彼を見ると、なんだか彼のことが愛おしく思えてきました。

 いつの間にかお笑いになっていましたが、笑えばみんなが幸せになるということなのでしょうか。
 何はともあれワットソーンさんが今までどおり仲良くやれるのならよかったです。
 次回は趙金雲監督……ではなくガルフレッツアー夫人が再び出てくるようですが、一体どんなお話なのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】レイトン ミステリー探偵社~カトリーのナゾトキファイル~ 第41話「カトリーエイルと奇妙な心霊写真」

 カトリーさんの41話を見て感想を書かせていただきます。
 心霊写真と聞いて目を輝かせるカトリーさんがまず頭に浮かびました。
 あのハイテンションだとオカルトも怖くないと思いますが……

【内容】
 記者のピートは呪い殺されるかもしれないと心霊写真を出してきます。
 なんでも「美しい滝100選」の一つを撮影していたら女性の霊が映り込んでいたとのこと。
 他の人達が恐怖に震える一方で、カトリーはお約束どおり目をキラキラに輝かせます。

 「これはなーんちゃってのポーズでしょうか」と冷静に対処するカトリーさん。
 いつもながらカメラ目線で依頼を引き受けることに。
 ピートは滝の下のバス停の写真にも同じ女性が写っているのを見せてきました。

 空の写真にも女性の姿が映り込んでいて、一応全部同じ人物のようです。
 カトリーはやたらとなんちゃってポーズを気にしていましたが……
 ピートは自分が女性に恨まれるようなことはしていないと言いつつも最近結婚したことを思い出します。

 知り合いの霊媒師に除霊してもらうと出て行ったピートを、カトリー達は「面白そう」と追いかけていきました。
 霊媒師はピートが悪霊に取り憑かれていると主張してきました。
 ピートは職場でも女性の霊が見えていたと言い、霊媒師にもうすぐ死ぬと言われて慌てふためきます。

 霊媒師は除霊についての(料金体系の)説明をしてうさんくささを大爆発させます。
 職場には霊感の強い同僚がいるとのことですが、結局「除霊セット」を買ってしまったようです。
 新聞者は事件が多いからと忙しくて、早く貯まっている仕事をしろ(意訳)と言ってきました。

 極度の怖がりのピートは暗室に入ることも怖いからと人(エリック)に任せているようです。
 エリックは雑用を押しつけられているようですが……
 渡された写真を見たピートは幽霊が写っていると恐怖しますが、他の同僚は「重傷だな」と呆れてしまいます。

 現像は今はエリックではなく新人バイトの「ララ」という女性に任せているとのこと。
 しかし、忙しいピートはそのことに気づいていなかったようです。
 それを聞いたカトリーは「全ての謎は解明されました!」とどや顔をします。
 
 カトリーはナタデココのような味わいだと言いつつ、幽霊は愛のメッセージだと言い出します。
 3枚の写真を時系列に沿って並べてみると、なんちゃってポーズの意味はハートマークであるとのこと。
 実は愛の告白だと言われても一体どういうことなのかと突っ込まれてしまいます。

 カトリーは写真は合成トリックだと言い、ララを呼び出しますが、彼女こそが幽霊の正体でした。
 他のメンバーはララは幽霊ではないと知っていました。
 そしてついでに霊媒師はインチキだったことも暴かれてしまいました。

 ララは恋に落ちたことを伝えようとして没になる写真に自らのポーズを重ねたとのこと。
 ピートはすでに結婚していたと言いますが、自分を認識していない相手を好きになるわけはありませんでした。
 ララは指導役であったエリックのことが好きになったそうですが……

 オカルトが大好きなエリックが気づいているのではと考えましたが、エリックは多忙で気づいていませんでした。
 カトリーはピートに散々なことを言い、彼の被害妄想と早とちりが生んだ騒動だったと言い放ちます。
 ララはエリックと両思いになり、最後はいつもどおり「現実はいつも希有なものなのです」と締めくくるのでした。

【感想等】
 心霊写真はまだしも「美しい滝100選」や霊媒師という言葉がどこか日本的な感じがします。
 日本人が作っているから仕方ないのかもしれませんが……
 霊媒師さんはおそらく今回だけしか出ないと思いますが、お金の話題ばかりでどう見ても怪しいです。

 日曜日に仕事をせかされる場面を見せられて気が滅入ってくる社会人の視聴者も多いかも。
 ララさんという女性が心霊写真の正体というのは概ね想定内でした。
 デジカメやスマホで写真を撮ることの多い現在ではなかなか気づきにくいトリックでした。

 合成トリックを使ってまで愛を告白する回りくどさはまだしも、ピートさんが散々に言われているのは少し可哀想です。
 最後は両思いになったところで(ベタな展開ながらも)ちょっと感動してしまいます。
 次回はシャーロさんのお話らしいですが、一体どんな騒動を巻き起こしてくれるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム