【感想】蒼の彼方のフォーリズム(7話)「刺される前に刺せ」

 「あおかな」の7話を見ます。
 みさき先輩を見るのがつらくて、また泣いてしまいました。

【内容】
 前回、王者の真藤さんを追いこんだ明日香の力を目の当たりにしたみさきは、大きな衝撃を受けます(参考:6話感想)。

 地区予選の決勝は、真藤さんの相手は初出場の乾沙希さんでした。
 乾さんが先制するものの、真藤さんが逆転し、一見真藤さんが優位に見えますが、明日香は逆に乾さんが優勢であることに気づきます。
 明日香の読みどおり、真藤さんは乾さんに試合を完全に支配され敗れてしまいました。
 みさきは、圧倒的な力を見て喜べる明日香を理解できません。

 部で海水浴がありますが、みさきは用事(家の手伝い)を理由に欠席します。
 部長は後輩に「地区大会優勝」の夢を託し、明日香はそれをかなえたいと意気込みます。

 次の日も、みさきはFC部の仲間から離れるように買い物に出かけます。
 その帰りは雨で、フェリーを待っているところで真藤さんにばったり出会います。
 真藤さんは、FCのために体力を作ろうと、ランニングシャツなどを買いに来ていました。
 みさきは「あんな負け方をしてどうしてまだ努力できるのか」(意訳)と真藤さんに尋ね、真藤さんは「変わることは怖いが、それを乗り越えることは楽しい。そして、楽しいと思えなければやめる」(意訳)と答えます。

 そして、新学期になり、みさきは退部届けを提出します。

【感想】
 真藤さんが負けたことも衝撃ですが、それよりもみさき先輩のことを思うと胸が痛いです。
 みさき先輩は、努力では届かない壁を目の当たりにして、今までのようにFCを純粋に楽しむことが出来なくなったから(ある意味真藤さんの言葉を受けて)、退部したのだと推測します。

 余談ですが、私も似たようなことを思ったことがあるだけに他人事とは思えません。
 歌も絵も書けないから、評価されていないと思っていました。
 それでも、評価してくれる人はいたから、続けてこられたのだと思います。

 みさき先輩にも、彼女の努力や苦しみを見てくれる人が現れると思います。
 だから、やめないでほしいと思います。

【感想】蒼の彼方のフォーリズム(6話)「それが君の実力かい?」

 早めに目が覚めたので、あおかなを見ました。
 みさきさんの今後が心配です。

【内容】
 明日香は延長の末2回戦を制し、みさきは「絶対王者」の真藤さんと戦うことになります。
 ドッグファイトをみさきを圧倒する真藤さん、みさきも主人公のアドバイスで得点を返し、エアキックターンで3点まで返しますが負けてしまいます。
 みさきは負けても、「もっと練習すれば勝てるかな?」と前向きな態度を取り、さらに試合を控える明日香を気遣う優しさを見せます。

 明日香は3回戦で真藤さんと対戦し、真藤さんは「君と戦ってみたかった」といい、みさきとの戦いでは使わなかった「コブラ」などのプロ級の大技を繰り出して明日香を圧倒します。
 真藤さんは「それが君の実力かい?」とタイトルを回収し、みさきは、自分と戦ったとき、真藤さんがまだ本気ではなかったことに動揺を隠せません。
 明日香は連続のエアキックターンでポイントを返し、一旦は同点に追いつきますが、本気を出した真藤さんの前に敗北します。
 絶対王者をここまで追い込んだ明日香はチームの賞賛を受けますが、一方でみさきの心境は複雑なものでした。

【感想】
 明日香さんの上達ぶりがすごいと思います。
 ダメダメだといって飛ぶことも出来なかったころが懐かしいです。

 一方でみさきさんについて、前半ではやさしいいい子だと思っていましたが、後半で思い悩んでいるのが見ててつらいです。
 明日香さんに置いていかれるような気がしているのか、嫉妬しているのか、それともそういう考えを持った自分を嫌悪しているのか、いずれにしても闇を抱える彼女が心配です。

【感想】蒼の彼方のフォーリズム(5話)「うん、落ち着いていこう」

 早く目が覚めたので、あおかなを見ました。
 指があまりうまく動かないので、誤字が多いかもしれません。

【内容】
 フライングサーカスの大会(地区予選)が始まり、大喜びの部長さん(と明日香)です。
 試合の組み合わせは、真白と佐藤(院)さん、みさきと莉佳、明日香とまぐろさん(仮)です。
 真白は、序盤はスピーダー転向を隠しつつ2点を先取しますが、その後はほぼ一方的に佐藤(院)さんに押され、負けてしまいます。
 みさきは莉佳を圧倒し、残り時間を逃げ切り勝利を掴みます。
 部長は「気合だ!」とがんばりますが、相手は本場イギリスでプレイしていた相手で完敗でした。
 そして、明日香は序盤は相手の動きにほんろうされるものの、最後にはそれについていき、見事初勝利を治めます。

【感想】
 明日香さん、初勝利おめでとうございます。
 そして、試合に負けたものの笑顔を絶やさない真白さん、莉佳さんの「1年生同盟」は素敵だと思います。
 あんな笑顔が出来るようになりたいです。

【感想】蒼の彼方のフォーリズム(4話)「お肉……うれしい!」

 朝起きたので、まず「あおかな」を見ます。
 真白さんのひたむきさ、大好きになりました。

【内容】
 追試をやっとで終えた真白は、ようやく練習にもどるものの、明日香の上達ぶりに焦りを見せます。
 明日香とみさきに置いていかれると感じた真白は、夜の空へ飛び出し、莉佳(前回試合した相手)に衝突してしまいます。
 真白は、「基本を教えて」と莉佳に頼み込み、一週間だけいっしょに練習することになりました。
 いっしょに練習し、うどんを食べ(タイトルを回収し)、二人の間に友情が芽生えます。
 これらの練習によりフォームは改善し、真白はスピーダーに転向し、自信を取り戻します。

【感想】
 素直に「教えてほしい」と言える真白さんは、純粋でいい子だと思います。
 この回で、彼女のことが好きになった人も多いのでは?
 あと、佐藤院さんの本名が佐藤さんだったという話がありましたが、平凡な苗字にコンプレックスがあるのでしょうか。

【感想】蒼の彼方のフォーリズム(3話)「ちょっと燃えてきただけ」

 とりあえず起きたので、まずフォーリズムを見ました。
 明日香さん、何気に普通に飛べるようになってますね。

【内容】
 顧問の先生のはからいで名門「高藤学園」との合同合宿を行うことになり、明日香たちはハードな練習に何とか付いていきます。
 最終日には練習試合が行われ、相手は全国チャンピオン「真藤一成」を含めたレギュラーメンバーを出してきます。
 一人目の明日香は、普通に飛べるようになったものの、一ノ瀬さん(相手)に翻弄され、1点を返すに留まります。
 2番手の真白は、佐藤院さんに完敗します(カット)。
 そして、みさきは全国チャンピオンと対決。完全に人をなめている彼に対して、主人公のアドバイス(うどんでいうことを聞いた)もありぴったりとくらいつき、1点を返すことが出来ました。

【感想】
 明日香さん、飛べるようになってました。
 よほど練習したのだと思います。
 真藤さんも注目する主人公の実力を、早く見てみたいところです。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム