【アニメ感想】アイカツフレンズ!第45話「友達はパパラッチ!?」

 アイカツフレンズの45話を見て感想を書かせていただきます。
 パパラッチ相手でも友達にしてしまうあいねさんはいろんな意味で大物だと思います。
 他のアニメだと実妹に「友だちはいないぞ」などと言われた主人公もいましたが……

【内容】
 チョコミントマカロンのCMは成功し、男性キャラも存在感を示しました。
 ピュアパレットの人気はうなぎのぼりになり、アリーナライブはメディアでも大きく取り上げられることに。
 あいねは「新しい」ピュアパレットは一体何をすればいいのかと考えますが……

 大きなドレスを着たりと色々なことを考えるあいねさん。
 これまでとは桁違いの注目を浴び、パパラッチに狙われることもあるそうです。
 いつもどおりジョギングをしていても記者の女性(真実子)に尾行されます。

 あいねはソロライブで何をすればいいのかと考え、目の前で倒れそうになっている真実子を発見します。
 パパラッチには気をつけようと言われたあいねですが、ライブのことはあまり思いつきません。
 あいねは前回のライブで小さな子が少なかったのではないかと考えますが……

 ペン様は真実子を捕まえ、弟(よしつね)や妹とともに彼女をボコボコにしようとしていました。
 真実子はその場で倒れてしまい、気がついたらあいねの家で看病されていました。
 あいねはパパラッチである真実子とも友だちになりたいなどと言い出します。

 真実子は元々ジャーナリスト志望だったのが芸能記者にさせられたとのこと。
 弟の友だちはみおを守ってみせると頼もしいことを言い出します。
 あいねは自分がダイヤモンドフレンズになっても変わっていないと言いますが……

 よしつねはあいねがダイヤモンドフレンズになって働きづめではないかと非難します。
 あいねは弟たちと一緒に遊ぶことにして、気がついたらみおや真実子も一緒に遊んでいました。
 ダイヤモンドフレンズになって変わってしまったことについて色々考えてしまいます。

 あいねは「絶対に変わってはいけないもの」があると言ってきました。
 真実子によると、小さな子がライブに来られないのは、単純にチケットが取れないという事情があったようです。
 あいねはどうやれば小さな子がライブに来られるようになるのかと考えて……

 子ども限定のライブを行うことになり、会場を満員にできるのはダイヤモンドフレンズゆえでしょうか。
 あいねのライブは大盛況に終わり、真実子も激写していきます。
 たまき達はパパラッチすら友達にしてしまうあいねに改めて驚きを感じるのでした。

【感想等】
 前回がバレンタインなら3月にはホワイトデーのお話になるのでしょうか。
 これまでもそれなりに有名だったと思いますが、ダイヤモンドフレンズになるとやはり変わってくるようです。
 しつこく取材してくるはずの記者が倒れるまで走っていたというのはなかなかに面白いです。

 有名になってもなお謙虚な姿勢を崩さないあいねさんには好感が持てます。
 妹さんがももねさんで、弟さんがよしつねさんで「ね」が付くのですが、後者がやたら大物に聞こえてしまいます。
 お話を見ていて、時として立ち止まって考えることも必要なのかなと思えてきました。

 純真であり続けること、あいねさんの強さの理由はまさにそこなのかもしれません。
 みんながみんな謙虚であり続けられるなら、世の中ももう少し住みやすくなるのかもしれません。
 次回はかぐやさんやさくやさんがメインのお話らしいですが…… 


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アイカツフレンズ!第44話「チョコっとミントな告白」

 アイカツフレンズの44話を見て感想を書かせていただきます。
 チョコレート作りはしないものの、わずかにチョコに触れるのは時事的な要員でしょうか。
 女児向けアニメの割に男性キャラの出番が多いのはなかなか興味深いです。

【内容】
 ダイヤモンドドレスはみおの実母が作ったものであり、お披露目も無事終わりました。
 もうすぐバレンタインだからと女性陣がそわそわしていましたが……
 ムッシュザックバランはみおとチョコミントマカロンのCM第三弾を作ると宣言します。

 みおはチョコミントマカロンで男の子から女の子に告白するのはどうかと言い出します。
 ムッシュザックバランは天下を取るためには忍者が必要だからと忍者軍団「大雑把」を出してきます。
 あとは身近な男の子をスカウトしていくことになりますが……

 メイク見習いのかがみ、あいねの実兄のかずね、舞花の兄も強引に動員させられました。
 3人とも未経験ということもあってお芝居が難しいことも事実でした。
 たまきからは演技指導もいいアイカツになるなどと言われて色々教えることに。

 舞花はかずねに気になる人はいるのかと聞くと、ペン様が懐いていないことが気になるようです。
 かずねはペン様と仲良くしたいと言い、ペン様は突っ込みでコミュニケーションを取ろうとしていました。
 エマはかがみにメイクしてもらい、どうしてメイクさんになりたいのかと質問をしてきます。

 ケンさんの真似は出来ないというかがみに、エマはかがみはかがみではないかと励まします。
 あいねは舞花の兄を知りたいと言ってシャドーボクシングを始めます。
 世界中の人達と友だちになりたいというあいねは、みおの為に何か出来ないかと言い出します。

 「男だって告白したい チョコミントマカロン」
 かずねやかがみにチョコミントマカロンをもらい、さらにサンドバックからマカロンが出てきます。
 その光景を見た女性陣は感動し、最後はみおがステージで歌って締めくくります。

 CM効果によってチョコミントマカロンの売り上げは10倍になったとのこと。
 みおは誰からの告白が一番ときめいたのはと聞かれますが……
 お約束どおりなのか男性陣ではなくて「ペン様」と答えるのでした。

【感想等】
 ピュアパレットというラスボスに勝った43話以降は、エンディング後のお話と言ってもいいのかも。
 少し前の「リリスパ」も、本日のここたまさんも「忍者」が出てきましたが、アニメ世界では忍者ブームなのでしょうか。
 出てきた男性キャラが重箱の隅をつついたようなチョイスなのはこれはこれで面白いです。

 ペン様の突っ込みにしてもシャドーボクシングにしてもこういった斜め上の発想が素敵です。
 肝心のバレンタインについては今年はチョコレートすらまともに作れませんでしたが……
 次回はあいねさんがメインのお話っぽいですが、少しばかり風向きが怪しいように思えます。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アイカツフレンズ!第43話「ありがとうの景色」

 アイカツフレンズの43話を見て感想を書かせていただきます。
 前回はラスボスのラブミーティアに勝ちましたが、残りのお話は一体何をするのでしょうか。
 おそらく4月からは新シリーズではないかと思いますが……

【内容】
 ピュアパレットを下したあいね、みおはたどり着くなり黄色い歓声に包まれます。
 あいねはダイヤモンドフレンズカップのことを思いだし、トモダチカラをお返ししたいと言い出します。
 ダイヤモンドドレスのお披露目ステージが決まってますます張り切りますが……

 ますます仕事が増えると言われたあいね、みおは走りに行くと言って飛び出していきました。
 そこに怪しい男性がいましたが、実はみおの父親なのだとか。
 お父さんはかなり忙しいらしく、実は世界的に有名なデザイナーであるとのことです。

 あいねはみおの両親と一緒に食事をしますが、お鍋の斬新なデザインに驚きます。
 お父さんはねぎの並び方を力説しますが、あっさりと食べられてしまうというオチでした。
 みおの父は工業製品、母はファッションデザイナーとデザイナー一家なのでした。

 幼少期からラブミーティアが大好きなみおは、今は夢が叶ってうれしいとつぶやきます。
 お母さんはダイヤモンドドレスのデザインを行ったということで驚きを隠せません。
 みおを心配するあいねを見てうれしくなったという母は最高の友達同士が輝くドレスを作るとのことです。

 お披露目のステージがはじまろうとしますが、あいねは言いたいことがあふれてきてまとまらないと言い出します。
 ハニーキャットは世界に進出すると言い、あいねはステージの上でたくさんの友達に感謝を述べます。
 ダイヤモンドドレスを身にまとってステージに立ち、ご両親やファンを沸かせ、ライバルからのメッセージを受けるのでした。

【感想等】
 人気と実力を兼ね備えたあいねさんを見て、自分もこうありたいなと思えてきます。
 今回のメインはあくまでみおさんのお父さんということでいいのでしょうか。
 女児向けアニメ(やきらら系)で父親が目立つのはかなり珍しいと思います。

 お父さんもお母さんも有名人と聞くと、ちょっと複雑な気持ちになるのは私だけでしょうか。
 ちまたでは2世3世があふれ、ジャンプ漫画が血統主義と言われるご時世を繁栄したのかもしれませんが……
 そのうちあいねさんの実の両親は世界的なアイドルだと言われてしまうのでしょうか。

 あいねさんの心構えは素敵ですし、ダイヤモンドドレスもすごくきれいで可愛くてよかったです。
 みおさんのお父さんが杉田さんだったのはスタッフロールまで気づきませんでした。
 次回もまた男性キャラがメインのお話になるようですが、一体どんな展開になるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アイカツフレンズ!第42話「トモダチカラのキセキ」

 アイカツフレンズの42話を見て感想を書かせていただきます。
 前回はラブミーティアが絶対王者の貫禄を見せつけてくれました。
 果たしてあいねさん達はこのラスボスに打ち勝つことが出来るのでしょうか。

【内容】
 ラブミーティアは圧倒的な実力を見せ、観客は完全に勝負は決まったとまで言い出します。
 あいねは相手の「ミラクルオーラ」にのまれてしまいますが、みおはラブミーティアを越えなければと訴えます。
 ココに「ゾーン」への入り方を聞きますが、そう簡単には入れないという結論で終わります。

 追い詰められる撃ちに限界を越えたと言い出すみおに、あいねは今の自分達ならやれると考えます。
 「今の自分の気持ちをファンに伝えたい」と言い出すあいねさん。
 ファンは一番そばにいる「友達」であり、自分の心情を正直に伝えていくのですが……

 「気持ちが先に負けたらダメ」とマネージャーはハグしてきました。
 みおは自分達がこのままでは勝てないと走り去っていき、あいねは引退したフレンズの気持ちがわかると言い出します。
 かつての仲間がトモダチカラを送ってきて、さらにはハニーキャットのファンも応援しているとのこと。

 あいねは自分の目的は友達100万人だといいつつ、大切なのは人数じゃないと言い出します。
 みおはあいねにトモダチカラを届けるとともに、あいねが自分を選んでくれたことに感激します。
 すさまじい力が噴出した後、2人はオープニングテーマでライブを行い、同じくミラクルオーラを発動させます。

 ついにはピュアパレットがラブミーティアを下すに至りますが、あいね達はステージの内容を覚えていないとのこと。
 カレンやミライはラブミーティアのファンになったと言い出し、全力には全力で応えるといって去っていきました。
 あいねやみおは涙を流して感激し、フォロワー100万を越えるに至り、ピュアパレット物語のオファーまでやってくるのでした。

【感想等】
 前回のラブミーティアの実力は本物であり、見ていて鳥肌が立つほどの内容でした。
 とはいえ、「先制は負けフラグ」という格言とサブタイトルの時点で勝ち目は十分にあるように思えます。
 そしてこの大舞台を前に自分の弱さをさらけ出すことも一つの「強さ」であることは間違いないかと。

 引退したフレンズという言葉で、ふと自分自身の出処進退のことを考えてしまったのはここだけの話です。
 SNSを一つの「軸」にしたお話ながらも「人数じゃない」という結論に至ったのは見事かと。
 一時期はいいね廃止という話題もあったそうですが、私はむしろ数字を非表示にすべきではないかと思います。

 圧倒的な不利を跳ね返す展開は遠くで見ているだけで胸がこみ上げるものを感じました。
 2年目の放送があるとしたらラブミーティアがますますパワーアップして立ちはだかる感じなのでしょうか。
 まだまだ高みへは遠いと思いつつ、出来れば彼女達の挑戦を見守っていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アイカツフレンズ!第41話「ラブミーゾーンを解き放て!」

 アイカツフレンズの41話を見て感想を書かせていただきます。
 苦戦しつつも決勝に進んできたラブミーティアさんですが、何やら奥の手が隠されているようです。
 タイトルだけ見るとどんな必殺技なのかと思えてきますが……

【内容】
 準決勝2回戦はラブミーティアが勝ち残り、ピュアパレットと決勝を戦うことに。
 あいねは勢いよく食事をして喉に詰まらせ、ポニーテールのみおは色々と突っ込みを入れます。
 「やれるアイカツは全部やった」と言いますが、そこにミライがやってくるのでした。

 カレンは「みんなを温めてあげたい」と言っていましたが、全力を出すことを恐れていました。
 ミライは「アイカツゾーン」なる用語を出し、ラブミーゾーンはその進化系なのだとか。
 カレンはアイドルの高みに上り詰め、全ての心を温めることを願っているそうで、トリガーになる最強のライバルが必要のようです。

 初めてのダイヤモンドフレンズカップにおいて、ラブミーゾーンに入った2人はダイヤモンドフレンズになったとのこと。
 決勝を争った相手はアイドルを辞めてしまい、それをきっかけにカレンはラブミーゾーンを封印したそうです。
 みおは自分達をなめているのが「悔しいです」と言い、あいねは「どーんと来い!」と言ってきますが……

 あいねはパジャマパーティーを提案し、カレンは大量のパジャマを持ってきます。
 カレンはペンネに興味を持ちつつ一緒に食事をとり、シェフにご挨拶したいと言い出します。
 ぬれせんべいを食べたりボードゲームをしたりして本来の目的を忘れかけていたあいねなのでした。

 それぞれの思い出を語り合ったり正座をしたいする一同ですが、カレンは高いスペックで全てをこなしてきます。
 あいね、みおはこのままではラブミーゾーンを解き放ってこないと考えますが……
 ミライは「力一杯羽ばたいてみせて」といい、カレンはフレンズでいてくれたことに感謝を述べます。

 次の日、あいね、みおは朝早くから目を覚ましてファンサービスをしていました。
 その様子を見たミライはあいね達は自分達の目指す「高み」のすぐそばにいるのではと推測します。
 「ラブミーゾーンを解放する」と宣言するカレンにあいね達は「望むところです」と言い放ちます。
 
 いよいよ決勝がはじまり、ラブミーティアとの直接対決が始まります。
 「同じ呼吸、同じリズムで」といい、新曲で圧倒的なライブを見せつけてくるカレン達。
 観客は「絶対王者」の圧倒的な輝き「ミラクルオーラ」に呆然とし、挑戦状を突きつけてくるのでした。

【感想等】
 いわゆる「決戦前夜」のお話ですが、みおさんのポニーテールもいいなと思います。
 相方とこれまでを語り合うのはまだしも、対戦相手と互いに全てをさらけ出すのは想定外でした。
 自分の弱さをさらけ出すことは一つの強さではないかと思いますが……

 カレンさんのみんなを温めたいという「母性(?)」、そんな彼女を包み込むミライさんも素敵です。
 今回はエフェクトから全く別物になっていて、これがラブミーゾーンなのかと感心しました。
 「先制は負けフラグ」という言葉をふき飛ばしかねないほどの強敵に、あいねさんはどうやって立ち向かうのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム