【アニメ感想】魔法少女 俺 第7話「魔法少女☆レッスン」

 魔法少女俺の7話を見て感想を書かせていただきます。
 制服のようなものを着ているさきさんですが、あまり学校に行っているシーンがないように思えます。
 あの変身後を考えるともう学校に行けなくなったのかもしれませんが。

【内容】
 お寝坊してしまったさきは母親に起こせと怒りつつ外出します。
 一方で娘を送り出した母親には限界が近づいているようです。
 どう見てもヤの人にしか見えないココロちゃんが駆け寄りますが……

 男性の姿で時の人になってしまったさきは激しく後悔してしまいます。
 パパラッチされ、それがさらなる仕事を呼び込んでいるようですが……
 なお、さきと桜世の同人誌までもが出回っているようです。

 CDデビューという知らせに、これまで自腹買い取りしなくてもいいと感動するさき達。
 マネージャーは憧れの魔法少女を探しにわざわざ都会に来たらしいのですが……
 さき、桜世との出会いに応援してきてよかったと感動するのでした。

 唐突に特訓をするということで、カラオケボックスにやってきた一同。
 さき、桜世は「マイナス52点」「かまととぶってる」と言われてしまいます。
 テレビの向こうではトップアイドル2人が順調に成功しているようです。

 桜世は男性の姿になってさきへの思いを歌いますが、マイナス3点とのこと。
 マネージャーも歌を始めますが、そのノリノリのキャラクターに驚かされます。
 現役アイドルよりも上手なマネージャーにいろんな意味で衝撃を受けるのでした。

 さきの家ではココロちゃんがお母さんにマッサージをしていました。
 ココロちゃんはさきがお母さんの後継者にふさわしいと告げ、引退するようにと勧告します。
 しかし、お母さんはあと1週間魔法少女の余韻を楽しみたいと告げます。

 さきは部屋に戻る途中で妖魔や桃拾の部屋を発見します。
 とりあえず変身して妖魔を容赦なく叩き潰してしまいますが、杖が壊れてしまいました。
 在庫確認して注文するので時間がかかるとのことですが……

 桜世は桃拾の近くに妖魔が出現することから黒幕は近くにいるのではないかと推測します。
 なお、紙袋の人はアルバイトに精を出していました。
 そしてCパートではお母さんに限界が近づいているようです。

【感想等】
 アイドルとして着実に成功しつつあるさきさん達ですが、手放しで喜べそうにありません。
 マネージャーさんの色々なメタ発言は色々なところにけんかを売っているように思えます。
 魔法少女を求める中でマネージャーになるという方向性は若干変かもしれませんが、意外と天職だったのかもしれません。

 タイトルはレッスンなのですが、むしろカラオケを歌っているだけにしか見えなかったりします。
 アイドルよりもマネージャーの方が上手というのはなかなかシュールです。
 こうなるとむしろ彼がデビューすればいいのではないかと思いますが……

 いまだに現役にとどまるお母さんには何らかの考えがあるのでしょうか。
 ライバルと思しきアイドル2人や、黒幕に見えてきた兵衛さんなど、いろいろと謎が多いです。
 これらの伏線がどこまで最終回までに解消されるのかが気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】魔法少女 俺 第6話「魔法少女☆温泉営業」

 魔法少女俺の6話を見て感想を書きます。
 相変わらずぶっ飛んだ内容ですが、前回(のアニメ制作のお話)に比べるとまだましに見えてきます。
 花いろ、このはな、かくりよ、若おかみと、アニメの世界でも温泉旅館がブームなのかもしれません。

【内容】
 さき、桜世はマネージャーとともに「千座温泉」を目指していました。
 変身しないで女の子のままで歌えると張り切っていた2人ですが……
 桃拾たちもPV撮影の仕事でやってきていたようですが、さきは彼との関係の進展がないことを焦っていました。

 さきは桃拾に頭をなでなでされて大興奮しますが、兵衛とけんかになってしまいます。
 気を取り直して温泉に向かい、社長(演歌歌手?)の歌を聴くことになりました。
 マネージャーはカラオケ素材を忘れてしまい、結局は口パクで済ませたようです。

 温泉に入ることになったさきですが、桜世の積極的な態度に恐怖を覚えてしまいます。
 桃拾たちは雨で立ち往生して温泉旅館に泊まることになりました。
 さきは1人で温泉に入っていましたが、桃拾を思うあまり男性の姿になってしまいます。

 桃拾が温泉に入ってきて、さきは思わず鼻血を出してしまいます。
 隙あらば逃げ出すつもりなのですが、どうしても桃拾の体が気になってしまいます。
 首筋の傷は昔、さきを守るためにつけてしまったもののようですが……

 さきは自分が男湯に入っていたことにようやく気づき、女湯の桜世は思いっきり変身します。
 気がつけばさきは桃拾とサウナに入り、さらには水風呂にまで誘われますが……
 テンションを保って変身を保とうとするさきですが、限界に近づいてきたようです。

 なんとか桃拾に勝利したさきの一方、桜世(男性の姿で)はさきを求めて旅館をさまよいます。
 とりあえず妖魔が慰安旅行に着ているのをやっつけてしまいました。
 さきは限界を迎えて女性の姿に戻ってしまいますが、それを見つめる兵衛がどう見ても怪しいです。
 
 桜世はさきを連れて戻り、マネージャーは一足先に戻ることになりました。
 演歌歌手の歌を聴きながら温泉を楽しむさき達ですが、さき、桃拾の2人で演歌を歌うことになりました。
 思いっきり音痴だったという落ちなのですが……

【感想等】
 前回のアニメ制作のお話に比べるとどんなお話も普通に見えてきます。
 憧れの人を前に顔を赤らめるところはカードキャプターさくらと同じはずなのですが、違った風に見えるのが不思議です。
 温泉旅館での営業はWUGの序盤みたいなセクハラがないだけましなのかもしれません。

 男性同士でいわゆる「ラッキースケベ」になるのはこの作品ならではという気がします。
 作品の性質上、さきさんの恋愛の進展は難しいのかもしれませんが……
 桜世さんの変身後がミルザーさんという事実は何度考えてもシュールな気持ちになります。

 最後の方で敵をあっさり倒すという意味では前回にも通じるのかもしれません。
 兵衛さんが黒幕ないし敵に通じる存在なのはこれでほぼ確定になったような気がします。
 そろそろ次回あたりは、ココロちゃんが再登場するような予感がしますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】魔法少女 俺 第5話「魔法少女☆旅行中」

 魔法少女俺の5話を見て感想を書かせていただきます。
 登場人物の名前はある程度覚えても、男性の姿になるのはまだ違和感が残ります。
 これに違和感がなくなったころにはアニメが終わっているのかもしれませんが。

【内容】
 突然アニメの制作現場のやりとりになり、太った制作者が殴られていました。
 どうやら5話のシナリオコンテの破棄が決定してしまったようです。
 別室の「藤本」6人は議論を始めますが……

 さきと桜世は修学旅行を楽しみ、一方で巨大生物が東京に上陸しつつありました。
 そうかと思えば元請けの到着を待つ藤本さん。
 納品が終わるまでは6人は離れることが出来ないようです。

 アニメ制作者はスマホゲームをしていてそのまま転落し、巨大生物になったとのこと。
 生物は「チヂラ」と命名されたようで、行動パターンがメモと一致するようです。
 最終目的は杉並のようですが、このままではアニメの危機が訪れるとのことです。

 スーツ姿で登場した藤本たちはチヂラの行動を停止すると政府に提案します。
 スタッフを同人誌即売会に行かせないという意志が巨大生物の行動を規定しているようです。
 無事納品することでチヂラが安心するとのことですが……

 藤本たちは巨額の予算を得て豪華な食事を楽しみます。
 残り時間は仕事に捧げるとのことですが、特使が登場して事情が変わります。
 必死に交渉を果たし、大物達が動き出すことになりました。

 各地でスタッフたちが必死に行動するものの「万策尽きた」とのこと。
 それでもなんとか収録を終え、作品が完成したのですが、まだお話は終わっていないようです。
 納品テープを巨大生物の口に入れる必要があるようですが……

 そして、修学旅行を終えたさきと桜世が登場し、巨大生物をあっさり倒してしまうのでした。

【感想等】
 冒頭の6人の藤本さんに「おそ松さん」ではないかと思ったのは私だけかと。
 豪華キャストという意味ではある意味で間違いないのかもしれません。
 アニメの制作現場のお話という意味ではシロバコなのかもしれませんが……

 お話の方向性が今までよりも妙な方向に進んでいるような気がします。
 アニメの危機を解決するためには東京一極集中を是正すべきではないかと思います。
 どの業種にも限らず、地方分散した方が、いざというときに対処しやすいような気がします。

 修学旅行のお話になるかと思っていたのですが、いろんな意味で驚かされました。
 アニメ業界が色々と大変ということだけはよくわかりましたが……
 次回以降もこちらの想像を絶する内容になることをいろんな意味で期待しようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】魔法少女 俺 第4話「魔法少女☆対改造人間」

 魔法少女俺の4話を見て感想を書きます。
 オープニングでムキムキの男性が思いっきり踊っている光景がなかなかにシュールです。
 この奇妙な世界観に不思議な魅力を感じるのは私だけではないのかもしれません。

【内容】
 やけに筋肉質な妖魔が電線をちょん切ろうとしていました。
 その場に現れたベルトを着けた男はあっさりと彼らを撃退してしまいます。
 彼は魔法少女に並々ならぬ執念を燃やしているようですが……

 マネージャーとともにテレビ局にやってきたさきと桜世の2人はトイレで魔法少女(?)に変身します。
 男性の姿で移動していると、周囲の視線が思いっきり突き刺さってきてしまいます。
 その様子を見ていた2人組の女性は一体何者なのでしょうか。

 桃拾の姿を見たさき(オレ)ですが、変な男(冒頭のベルト男)がくっついていることに気づきます。
 どうやら桃拾はオレさんのことが気になるご様子ですが……
 なお、くっついている人はADさんのようですが、思いっきりアメを食べられてしまいました。

 「Bスタジオにて待つ」という言葉は気になるものの、番組の収録に向かうことに。
 収録が終わった後は例のベルト男のところに向かいますが、彼は改造人間とのことです。
 胸に書かれた「藤本」は彼の本名とのことですが……

 藤本は自分たちが前々から町を守っており、ヒーローは孤独であるべきという持論を展開します。
 スタジオで事件が起こったと聞いた3人は先を争って現場へと向かいます。
 やけに筋肉質な妖魔が出演者たちを襲っており、なにやらヒーローショーのようなご様子です。

 藤本は敵の急所を攻撃し、さきや桜世は暴力で敵を撃退していきます。
 そのあまりにも凄惨な光景は放送すら出来ませんでした。
 ボロボロになった藤本は柱を粉砕して力を示しますが、その柱からさきに守ってもらうことに。

 「困っている者を助けるのも正義」とまともなことをいうさきさん。
 藤本は「今回は俺の負けだ」と言って去っていき、さらに先代の若い頃にそっくりだと言われます。
 やはり先代というのはお母さんなのでしょうか。

 桃拾は目を輝かせて(男性姿の)さきの手を握ってお礼を言います。
 さきはマイク攻撃を受けボロボロになってしまいました。
 視聴者たちは魔法少女を称賛し、一方で兵衛は何かを知っているようですが……

【感想等】
 3話までが序章なら4話からは第1章という感じなのかもしれません。
 いつもながら筋肉質な男性を魔法少「女」と言うのはかなりの違和感を覚えてしまいます。
 ライバルっぽい女性も出てきますが、彼女たちもまた男性に変身してしまうのでしょうか。

 今回は改造人間という魔法少女に負けず劣らずの個性の持ち主でした。
 その色々と残念なキャラクターは全国の藤本さんに謝った方がいいかもしれません。
 あと、桜世さんの変身後がミルザーさんだと思うとギャグに見えてくるかもしれません。

 キャラデザインに突っ込みをいれつつも、人助けというヒーローの本質を踏まえているのはいいなと思います。
 先代というのはお母さんなのだと思いますが、お母さんの現役時は想像しない方がいいかもしれません。
 次回は旅行らしいのですが、男性の水着姿を見せつけられるお話になるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】魔法少女 俺 第3話「魔法少女☆増えた」

 魔法少女俺の3話を見て感想を書きます。
 先行放送で2話までを3月で見ていたので、少し思い出せなかったのは内緒です。
 主人公の女の子が男の子に変身しただけでなく、相方はガチ百合さんで驚きました。

【内容】
 「さきが好き」という気持ちで魔法少女(という名前の男)に変身した桜世さん。
 たちまちにさきを助け出したかと思えば、さきが(性的に)好きだと言い出します。

 回想シーンでは兄へのやきもちから歌の練習をする桜世がさきと一緒に歌の練習をします。
 2人で歌うことが楽しくて、それが目的に変わったのだとか。
 桜世が足を滑らせ、そのまま2人は崖の下に落ちたのですが、桜世は「この時間が永遠に続けば」と考えます。

 桃拾はさきにコート代わりの服を与え、さきはそれを桜世に与えます。
 彼が歌を歌えば動物たちがやってきて、森からの出口を教えてくれました。
 そのまま桃拾はさきを背負って町へと戻りますが、力尽きて倒れてしまいます。

 さきを寝取ると男らしく語る桜世に(兄に似ている顔なので)ときめくさきさん。
 容赦のない一撃で敵を粉砕した桜世ですが、さきがいないと全力を発揮できないとのこと。
 こころちゃんは綺麗にまとめるように見せかけてどこかへと逃げてしまいました。

 桃拾が妖魔に狙われる可能性は高く、さきは桜世に狙われていました。
 マネージャーの男が登場し、突然に写真を撮影し始めます。
 彼はたちまちに動画を投稿し、このまま魔法少女アイドルをするといい出しますが……

 桜世は兄の姿を見て「負けられない」と一言。
 テレビでは魔法少女アイドルなる存在が拡散され、情報の早さを実感します。
 そして、魔法少女打倒を志す男の姿があったのですが……

【感想等】
 先行放送を見たのは3月なので、実に3~4週間ぶりの視聴となりました。
 2人で歌を歌うシーンはそれだけを見ているとなんだか微笑ましく思えてきます。
 お兄さんの方も歌で生き物を呼び寄せるところはすごいなと思います。

 方向性がすさまじいものの、魔法少女サイトに比べると安心してみていられる側面はあると思います。
 「桜」と「桃」の兄妹というのは、やはりカードキャプターさくらさん(と桃矢お兄さん)のオマージュなのでしょうか。
 人から聞いたお話ですが、桜世さんの男性の時のお声がミルザーさんと同じらしいです。

 敵を容赦なく倒したかと思ったら魔法少女同士での戦い(?)になったのは驚きました。
 マネージャーさんのハイテンションぶりもある意味大物ではないかと思います。
 魔法少女の男性という奇妙な現象も少しずつ慣れてきて、このままおそらく最後まで見ていくことになると思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム