【アニメ感想】UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~ 第8話「フェイト捕獲作戦」

 UQホルダーの8話を見て感想を書きます。
 前作のお話は未見なので分かりませんが、フェイトさんは並々ならぬ強敵のようです。
 フェイトといってもステイナイトやアポクリファでないことはいうまでもありません。

【内容】
 刀太の祖父・ネギの盟友であったフェイトを捕獲する作戦が始まります。
 しかし同時に現れた田舎の友人とすっかり意気投合する刀太なのでした。
 そして、目の前に現れたフェイトは堂々と自己紹介を始めます。

 祖父のような人生を送りたければ一緒に来いと言い出すフェイトさん。
 彼は周囲の人間すべての命を握っていると告げ、刀太らの包囲を解くようにと命じます。
 雪姫を人をだます女と主張するフェイトに憤る刀太は「テロリストだ」と叫びつつも戦闘を開始しますが……

 刀太と夏凛はフェイトに攻撃を加え、キリエがフェイトを捕らえたかに見えましたが逆に石化されてしまいます。
 「タイマンで確かめさせてもらう」と刀太はフェイトと一対一の戦いを始め、夏凛や九郎丸、一空もそれぞれ戦闘を開始します。
 対するフェイトは「殺す気でこないと話にならない」と刀太を圧倒します。

 重力剣を使いこなして勝負をかける刀太は、フェイトの顔に傷をつける健闘を見せます。
 キリエの移動能力はまだ消えておらず、石化を解除して彼を地下に移動させることに成功します。
 雪姫はフェイトとの会話をはじめようとしますが、フェイトは敗北を悟って自分を地下から出して欲しいと言い出します。

 1人1問ずつの質問を許すフェイトですが、死んだはずのネギを救うために刀太の力が必要なのだとか。
 夏凛は雪姫とネギが愛人関係にあったと指摘しますが、雪姫の好きな人はその曽祖父のようです。
 事態は切迫していないと聞いた九郎丸は改めてすぐに刀太を連れて行く必要はないと結論付けます。

 フェイトが自分の両親を殺したことを聞いた刀太は再び戦闘態勢に入ります。
 目の前に現れた男性は祖父であるネギを名乗り、ネギはフェイトの言うことは真実ではないと告げます。
 彼は刀太に本当のことを告げようとしましたが、九郎丸の一撃によって途中で消えてしまい……

【考察等】
 おじいさんの盟友であったフェイトさんはあまりにも強すぎる存在でした。
 最初から最後まで白熱した戦闘が展開され、序盤からクライマックスの様相のように映ります。
 フェイトさんの強さを見るにつれて、ネギさんはどれだけ強いのだろうかと思うのは私だけではないかと。

 一方的にフェイトさんに倒される展開かと思いましたが、彼を地下に連れて行けるとは思いませんでした。
 世界が危機的状況という彼の言葉は本当なのか、これだけでは正直よく分からなかったりします。
 そして(通信とはいえ)ネギさんまでも登場してしまうとは思いませんでした。
 
 ネギさんが伝えようとした「本当のこと」とは一体何なのでしょうか。
 一方で、次回のタイトルにはお風呂と入っており、日常回のような気がします。
 1クールだとすればそろそろお話の最後が見えてきてもいいのかもしれませんが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~ 第7話「リセット&リスタート」

 UQホルダーの7話を見て感想を書きます。
 タイトル的に新たな展開が始まりそうな予感するのは私だけではないかと。
 前回砂遊びしていたキリエさんはいったいどんな方なのでしょうか。

【内容】
 九郎丸に女装をといていたのかと問う夏凛さん。
 一方で、キリエという女の子は刀太と2人きりになりたいと言います。
 2人きりになったキリエは刀太を「お座り」させ犬の真似事をさせます。

 無能とののしられる刀太は反論しますが、目の前でキリエが敵に攻撃されて負傷します。
 気がつけばいきなりアジトに戻っていました。
 彼女は時間を逆行させたと主張し、実際に九龍(九郎丸)とデートする前に戻っていたようです。

 砂山がセーブポイントであり、自分が死のうとしたらリセットされてその時期に戻るのだとか。
 「リセット&リスタート」という能力で、現在は9巡目で6回キリエは死んでいたようです。
 九郎丸と合流した刀太はまたキリエとの出会いのシーンへと戻ります。

 1巡目では起動エレベーターに向かう途中、敵の襲撃を受けていました。
 しゃべる刀で敵を撃退した刀太でしたが、今度はフェイトという科学者にさらわれるのだとか。
 フェイトは一空、夏凛を一蹴し、刀太を拉致しようとする中でキリエを石化しようとします。

 フェイトは「人類の敵」であり、刀太の「本来の持ち主」を主張していました。
 夏凛と一空が現れ、キリエの能力が2人に暴露されてしまいます。
 一空によると、能力が明かされるのは自らの弱点をさらすことに等しいとのこと。

 雪姫肝いりの作戦である「プランA」を発動するというキリエさん。
 敵の出現地点が判明していることから、フェイトをおびき寄せ、拘束することを提案します。
 キリエがフェイトにさわり「死に戻り」でアジトの地下空洞に移動する作戦のようです。

 刀太がおとりになり作戦の準備が進められます。
 どうして雪姫が出てこないのかということについては、フェイトが雪姫の気配を察するのだとか。
 突然雪姫からフェイトについての説明が始まります。

 80年前に火星で起きた事件を解決したフェイトは祖父であるネギとの友人だったようです。
 ネギが死亡した後に「人類の脅威」となったフェイトは、何らかの因縁で刀太を狙っているのこと。
 そのことは、刀太の失われた記憶と何か関係があるのでしょうか。

 フェイトが目の前に現れたことを察知した刀太は、近くに田舎の友達を連れてきていました。
 まっすぐに迫ってくる彼にこれからどう立ち向かうのでしょうか。

【考察等】
 かわいらしいキリエさんでしたが、性格も能力もいろんな意味で強烈でした。
 時間を逆行させる能力を持つ彼女は、ある意味チートなのかもしれません。
 それだけの能力者を出してもなお敵に遅れをとるのは、それだけフェイトさんが強敵ということと思われます。

 「死に戻り」というとリゼロを思い出すのは私だけでしょうか。
 一方で、無能を連発される刀太さんがいろんな意味でストレスがたまりそうです。
 そのうえ敵にも狙われて、ある意味引っ張りだこな彼といえるのかもしれません。

 前作主人公が「父親」という作品は多いですが、「祖父」という作品は珍しいかもしれません。
 次回は「フェイト」さんを捕獲する作戦が展開されるとのこと。
 かつて英雄と呼ばれたフェイトさんはいったい何を考えているのか、わたし、気になります! 


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~ 第6話「九郎丸は苦労する」

 UQホルダーの6話を見て感想を書きます。
 前回の戦闘の後は、穏やかな日常のお話なのかもしれません。
 九郎丸さんはとりあえず女の子で確定でいいような気がします。

【内容】
 黒い刀に怒られる九郎丸は、刀太に目覚めた闇の魔法について彼に問います。
 刀太を好きなのではないかと言われて顔を赤らめる九郎丸はやはり女の子なのでしょうか。
 一方、刀太は忍の操縦するボート(?)で移動していました。

 忍の夢は太陽系レースに出場することで、そのために田舎から出てきたとのこと。
 その「無理っぽい」夢を応援する刀太の一方、そんな2人にどこかざわめく九郎丸さん。
 夏凛は九郎丸の体が女性だと断言しますが、堅く口止めするのです。

 九郎丸は自分たちの一族が成人前に男女が確定する性質を持っていることを告げます。
 夏凛は雪姫と親しくなってほしくないといういう理由で、九郎丸が「女性」になるべきと告げます。
 さらに現われたポニーテールの男性(一空)は九郎丸に女装デートを提案します。

 女装した九郎丸は自分を「彼」のいとこだと告げ、刀太に町を案内してもらうようにとお願いします。
 刀太は九郎丸に「何があっても守ってやる」と主人公らしい発言をする一方、刀はまた置いていかれてしまいます。
 すっかり観光を楽しんだ九郎丸はすっかり女の子の顔になっていました。

 刀太、九郎丸はタワーを観光することになりますが、その影で不敵に笑う男が気になります。
 塔の頂点を目指すという彼は、ある1人の男性を思い浮かべます。
 九郎丸を「最高のダチ」と呼ぶ刀太に、九郎丸は「男性」としての自分を必要としているのかと考えます。

 自分の正体を明かそうとする九郎丸ですが、刀太の前に影使いの刺客が現われます。
 九郎丸は「女の子」の体では力を出し切れず、あっさりと敵に後れを取ってしまいます。
 親友のピンチに立ち上がる九郎丸ですが、塔から叩き落されてしまいます。

 男と女の間で揺れる九郎丸は、ピンチを前に男性の姿に戻ります。
 自分が刀太を守るのだと決意して彼を奪還し、気づけば敵は立ち去っていきました。

 九郎丸の男性の姿に安堵する刀太さん。
 刀太をどこまでも守り続けると誓う九郎丸ですが、まだ男女は確定していないようです。
 そして、三つ編みの女の子がいう「特別なこと」とは一体何なのでしょうか。

【考察等】
 九郎丸さんメインのお話ですが、彼女も色々と複雑な事情を抱えているようです。
 成人を前に男性・女性が確定するとのことですが、殆ど女性に傾いていると思うのは私だけではないかと。
 むしろ、彼女が男性に傾くのを全く想像がつきません。

 まさかの女装デートを楽しむ九郎丸さんがもう女の子にしか見えません。
 一方で「最高のダチ」と称される男性の彼に思いとどまるということなのでしょうか。
 私が見る限りでは、男:女=2:8という感じに思われます。

 刀太さんと九郎丸さんのコンビからますます目が離せなくなる、そんなお話でしょうか。
 そして三つ編みの女の子の「特別なこと」とは一体何なのでしょうか。
 今回襲ってきた刺客を含めた敵との、新たな戦いが始まるのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~ 第5話「闇の魔法(マギア・エレベア)」

 UQさんの5話を見て感想を書きます。
 序盤から大ピンチの一同ですが逆転の手段はあるのでしょうか。
 雪姫先生が助けに来るかと思っていましたが、そんなことはなかったです。

【内容】
 スラムを襲った刺客たちにより、刀太と九郎丸はたちまちピンチに陥ります。
 オープニングの後、夏凛もまた刺客の1人である眼帯の男にナイフを突き刺されて精神攻撃を受けます。
 一方、スラムの少年はカイトに挑みかかりますが、圧倒的な力を持つ彼らの前にはなすすべもありません。

 「汚い仕事」により少年達を排除するという刺客たち。
 少年のピンチを前に刀太は立ち上がり、夏凛は眼帯男に急所攻撃を食らわせて撃退します。
 刀太の腕は黒い手袋のようなものに覆われていましたが、本人も気づいていなかったようです。

 謎の黒い腕の力なのか、カイトを圧倒する刀太さん。
 男を一蹴した夏凛が加勢し、刀太も狼男が前回技を教えてくれたカイトであることに気づきます。
 気が付けば、男と男の、こぶしとこぶしのぶつかり合いが始まります。

 スカウトを蹴った刀太に対し、カイトは音速を超える動きで刀太を貫きます。
 そうかと思えばカイトの腕が欠損し、刀太は「闇の魔法(マギア・エレベア)」を発動させてカイトを追い込みます。
 刺客のリーダーはそれを止めようとしますが、夏凛は人類にあだなすのならばUQホルダーが対処すると彼を止めます。

 カイトにとどめを刺す寸前に、刀太は意識を取り戻してそれを止めます。
 力を押さえ込んで元に戻った刀太を前に、カイトは「黒いの」もお前の力だと自らの敗北を宣言します。
 最後は腕相撲で決着をつけることになりますが、刀太は涙目でカイトを説得の上、撃退します。

 雪姫がやってきて火災を氷で消し去ってしまいます。
 どうやら刺客のリーダーと雪姫ことエヴァンジェリンは知り合いのようです。
 刺客たちは「給料分の仕事をした」と帰っていきました。

 マギア・エレベアは雪姫の眷属として性質を受け継いだとのこと。
 夏凛に突っ込まれ、そのやり取りに周囲には笑みがこぼれます。
 そして、機械を通じて彼らを見つめる男は一体何者なのでしょうか。

【考察等】
 ピンチの後にチャンスありの言葉の通りのお話でしょうか。
 夏凛さんはあっさり勝利し、刀太さんもまた新たな力に目覚めたようです。
 戦闘狂なカイトさんはドラゴンボール向きのキャラクターかもしれません。

 カイトさんとの戦いは手に汗握る激闘でした。
 タイトルにもある「闇の魔法(マギア・エレベア)」は、やはり雪姫先生の影響のようです。
 そして、最後は腕相撲で勝負することになるとは思いませんでした。

 刺客を撃退し、力を制御した刀太さんたちは人間的にも成長したようです。
 次回は九郎丸さんが中心のお話のようです。
 彼がどう見ても女性にしか見えないのは私だけではないと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~ 第4話「刺客襲来」

 UQホルダーの4話を見て感想を書きます。
 物騒なタイトルになにやら波乱の予感がします。
 実は主夫としてのスキルが高い刀太さんに驚きです。

【内容】
 刀太と九郎丸は雪姫先生から「仕事」を申し付けられます。
 先生曰く、初心者にも簡単にできるお仕事なのだとか。
 夏凛とともに向かうのは都の影の部分である「スラム」へと向かいます。

 黒服の前に立ちはだかる刀太ですが、彼らもまた同業者とのこと。
 気が付けば腕相撲に負けて教会の人たちに料理を振舞うことになりましたが、好評なようで何よりです。
 なんでもスラムの人口は200万を超えて社会問題になっているとのこと。

 「腕相撲に勝ちたきゃ修練しろ」と切って捨てられた刀太さん。
 1人で修行する彼の前に現れたのは、自称格闘家のおにいさんでした。
 カイトと名乗るおにいさんはますます修行にいそしむことになりました。

 足で料理をつくるなどして修行を続ける刀太は、カイトの指導に興味津々となります。
 なんでも、足を指先と同じように器用にすることが大切とのこと。
 しかし、カイトはスラムを襲撃する刺客の1人であり、狼男だったようです。

 突然の襲撃に黒服たちは命を落とし、夏凛も眼帯の刺客の襲撃に気づきます。
 口の中に銃弾を受けてしまい夏凛はダメージを受けてしまったようです。
 スラムは炎に包まれ、刀太は九郎丸と合流しますが、敵に取り囲まれます。

 狼男なカイトは刀太を圧倒し、リーダーの剣士とは九郎丸と戦うことになりました。
 刀太や夏凛は行動を封じられ、九郎丸は強敵を前に苦戦を強いられます。



【考察等】
 任務に修行に料理に戦闘と、色々とお忙しい刀太さんなのでした。
 スラムという社会の闇を見せられるところに、設定の細かさを感じてしまいます。
 弱者が見捨てられるご時勢に、弱い側に味方するという彼らの立場には共感を覚えます。

 足だけで修行するという発想はシュールで、そして面白いです。
 そして師匠な人が敵というのはお約束ですが、それがわかるのがあまりにも早すぎました。
 戦闘シーンもとてもよかったと思います。

 たちまちピンチに陥った刀太さんたちですが、次回から本格的な反撃でしょうか。
 刀太さんが師匠であるカイトさんを越える展開は恐らくほぼ確定なのだと思います。
 そして、闇の魔法とは一体なんなのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム