【アニメ感想】 18if 第8話「THRESHOLD」

 18ifの8話を見て感想を書きます。
 相手を知ることが大切ということはなんとなくわかります。
 それを実行することはまた別の意味で大変だと思いますが。

【内容】
 冒頭からいきなり魔女と戦う遥人さん。
 魔女の愚痴を聞くものの、コミュニケーションをとれずに胸に何かを刺されます。
 そんな彼を制したカツミですが、遥人は「彼女を何とかしたい」と一言。

 突然の車にはねられた遥人は「うざい」と罵声を浴びせられて水に落とされます。
 気がついた彼は、謎の女性に声をかけられます。
 カツミによると、2人の女性はどうやら魔女らしいのですが、違ったコミュニケーションをとる必要があるとのこと。

 カツミが女性を追いかけると、そこにはライブハウスがありました。
 手話をしながら歌う彼女らは、どうやら「ろう者」のバンドらしいのですが……
 そうかと思えば突然の警報と共に町はUFOに襲撃されてしまいます。

 遥人は手話を使うことで魔女と会話することに成功します。
 夢の中では望む姿になれていると語る彼女に、自分も目を覚ましたくないのではないかと問われます。
 そして、以前声をかけた女性は、魔女のもう一つの姿なのだとか。

 本当に助けたいのは自分自身ではないかと語る魔女さん。
 愚痴を聞き入れる彼に、今までの魔女は引き寄せられたのではないかとのこと。
 相手を知ること、人の声に耳を傾けることで、貴方は変わると続けます。

 「貴方に会えてよかった」と去っていく魔女さん。
 カツミがいうには、コミュニケーションの大切さを知っておくことが必要らしいのですが。
 そんな彼は久しぶりにバンドをやろうとしているようですが……

【考察等】
 理解が足りないゆえに、お話の内容をまとめることは難しいと実感します。
 言いたかったことは、人の言うことに耳を傾けることが大切ということなのでしょうか。
 実際にそれを実行できるかと言われると耳が痛いです。

 次回のタイトルは「アイドルはトイレにいかない」とのこと。
 現実はそんなことがないだろうと突っ込みはさておき、どんなお話かいろんな意味で気になります。
 内容はもとより、アイドルさんのライブそのものの出来にも注目したいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
8

【アニメ感想】 18if 第7話「ソシテ ダレモ イナイ…」

 18ifの7話を見て感想を書きます。
 毎回の絵柄の変更は慣れたはずでしたが、いきなりの絵本調には驚きます。
 今季の数あるアニメの中で、一番先が読めない作品かもしれません。

【内容】
 カカシになった遥人・ライオンになったカツミの前に現れたのはブリキの男性でした。
 彼は「ネネ」という女の子にあうために「世界一高い塔」へ向かう必要があるとのこと。
 カードの中に吸い込まれた3人はとりあえずブリキの男を「ヨシツネ」と名づけます。

 「喜」の空間でポルとポトという少年はネネという少女に出会います。
 続く空間では車にひかれそうになっていた子猫を助けてポトがはねられ怪我をすることに。
 子猫を飼うことになった3人は池の上に「陽だまりの国」という家を作りますが、「哀」の空間では ポルが黒服に連れ去られてしまいます。

 機関車のようなどこかで、ヨシツネはネネと再会します。
 国では餓死者が続出してもポルは「パンがなければお菓子を食べればいい」と一言。
 「怒」の空間ではその満タンになったエネルギーがロケットを飛ばしてしまいます。

 王様になったポルはそのために、ポトを殺してしまったようです。
 怨嗟の表情を浮かべるネネの元へと向かうヨシツネの正体はポルなのでしょうか。
 「何でもするから」と語る彼ですが、何も思い出せないようです。

 3人と1匹で過ごした楽しかった日々を思い出すヨシツネさん。
 落下したロケットから脱出した彼は、自分が友人を殺したことを思い出します。
 反逆者を次々と死刑にしていった彼の周りには誰もいなくなったのです。

 病院で入院していた女の子は目を覚ましつつありました。
 そんな彼女の傍らにはポルが処刑されたという新聞記事があったのです。

【考察等】
 前回がいじめをテーマにした「クリオネの灯」なら、今回は絵本調の「メイドインアビス」でしょうか。
 絵本のような幻想的なお話かと思えばギロチンが出てくるとは恐ろしすぎます。
 メッセージはわかりましたが、主人公は一体何をやっていたのでしょうか。

 ポルとポトというと、やっぱりポルポトさんなのでしょうが危なすぎます。
 「そして誰もいなくなった」展開で、ふとドラえもんの「どくさいスイッチ」を思い出したには私だけでしょうか。
 いじめ、独裁をテーマにし、次回がどんなテーマなのか、ある意味すごく気になります。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】 18if 第6話「人を呪わば穴二つ」

 18ifの6話を見て感想を書きます。
 「クリオネの灯」以上の凄惨ないじめかと思えば陰陽師、巨大ロボとネタには事欠きません。
 タイトルに「魔女」とつかなかったのはおそらく初めてかもしれません。

【内容】
 人々を襲う人間に対してさっそうと現れる陰陽師の男はアニメのお話。
 場面変わって、今回のヒロインであるである菜月は度重なるいじめを受けていました。
 トイレに財布を落とされてさらにはモップを突きつけられる光景は見ていて不快感を感じます。

 家に戻った菜月は大好きなアニメの世界に浸る一方で「疲れた」と一言。
 自らの手首を切って死んだはずの菜月は、気が付けば陰陽師の姿になっていました。
 主人公になりきって必殺技までだせるその状況に興奮を隠せません。

 生前のいじめに涙を流す菜月は、「絶対許せない」といじめをした相手に復讐することを思いつきます。
 現実世界では中学生の間で原因不明の悪夢を見ることが続出します。
 カツミは女子中学生を助け、事情を聴きだしますが菜月の行方はわからないようです。

 カツミは遥人に、夢の中にダイブしてほしいと依頼します。
 遥人は「自業自得」と言いつつもカツミとともに彼女の夢の世界までやってきました。
 神社の奥では、菜月がひたすらにいじめをしていた相手に呪いをかけていました。

 見て見ぬふりをする相手も同罪であると復讐を正当化する菜月さん。
 一方で、菜月は遥人に同情を寄せられてあっさりと落ちてしまいます。
 「でも、もう遅い」と語る菜月をもとに宇宙人が出現しますが、遥人は学校から巨大ロボを発信させて対抗します。

 「ナツキング」は圧倒的な力(目からのビーム等)で宇宙からの侵略者を撃退します。
 菜月は自分が死んでいないことにようやく気付き、現実を生き抜く覚悟を決めて現実へと戻ります。
 そしていじめの実行犯が逆にいじめを受けるという展開で終わります。

【考察等】
 毎回違うお話になるこのアニメですが、今回は前回(ヒロインがおばあさんになる)と違う意味で衝撃的でした。
 主人公の風貌が自分に近いということもあり、冒頭からいじめ→自殺(未遂)の光景はあまりにも強烈でした。
 内容が内容だけに、復讐も、最後の(逆にいじめられる)展開もやむなしと思ったのは私だけではないかと。

 時間の都合かあっさりと説得に応じる菜月さん、そしていきなりの巨大ロボには驚きを隠せません。
 いじめ、陰陽師、巨大ロボといろいろと詰め込みすぎた作品はおそらく後にも先にも登場しないかもしれません。
 いろんな意味で次回はどんなお話になるのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】 18if 第5話「凡庸の魔女」

 18ifの5話を見て感想を書きます。
 毎回の作風の変化にもさすがに慣れてきました。
 私は凡人ですが、普通にあこがれる美礼さんの気持ちはなんとなくわかる気がします。

【内容】
 フィギュアスケーターであった美礼は自分の生きたいように生きると自らの足を破壊します。
 そんな彼女の夢を見た遥人は、彼女とどのようなかかわりを持つのでしょうか。

 自分の見た夢が「魔女」の夢だったと聞いた遥人さん。
 彼は美礼のことがどうやら気になるご様子ですが、カツミは「恋は成就しない」と念を押します。
 遥人の前に現れたリリィは、美礼が助けを求めているのではないかと推測します。

 眠りに落ちる前、自らの足を破壊した美礼さん。
 気が進まないカツミに対して、遥人は自分に接触してきた相手は放っておけないようです。
 扉をくぐった先には大学がありましたが、彼女が中々見つかりません。

 呼び出した美礼は、現役選手のときとはまったく違う姿でした。
 自分の生活を楽しんでいる彼女は、生まれ変わって生きることを決意していました。
 物心ついたころから必死の練習を続けていた彼女は普通の生活にあこがれていたのでした。

 フィギュアが好きな一方で、普通の暮らしをしたいというミレイさん。
 実は現役大学生という遥人は、彼女に人並みのキャンパスライフを教えることになりました。
 2人がうまくいく一方で、やさぐれるリリィさんが可愛いです。

 結城先輩からデートの誘いを受けた美礼さん。
 一方で遥人はそんな彼女の様子をストーカーします。

 美礼はスケートリンクへと誘われ、思わず大技を出してしまいます。
 気がついたら先輩は消えており、多くの人が戻って来いと迫ります。
 遥人は、打ちのめされた美礼にこれが「運命」ではないかと語ります。

 目を覚ました美礼は、すっかりおばあさんになっていました。
 一方で、遥人もまた自らにまつわる運命を感じるのでした。

【考察等】
 前回の無茶なダイエットから、今回は普通を求める女の子のお話になりました。
 凡人の筆者ですが、美礼さんの普通を求める心はわからなくもない気がします。
 最終的には戻るところへと戻るという展開もわかる気がしますが、起きたらお婆さんだったというオチには驚きました。

 遥人さんの美礼さんへの入れ込みは常軌を逸していると思ったのは私だけでしょうか。
 それに対するリリィさんのやさぐれた態度も可愛らしかったです。
 次回は「~の魔女」というタイトルではなかったのですが、一体どんな女の子が登場するのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】 18if 第4話「暴食の魔女」

 18ifの4話を見て感想を書きます。
 冒頭からアイリさんをふってしまう男は、2話の犯罪者ほどでないにしてもひどい人だと思います。
 ハイテンションな演技を見せてくれるカツミ(CV子安)さんが素敵です。

【内容】
 体型を「ぽっちゃり」と指摘され、彼氏にふられてしまったアイリさん。
 おいしそうな料理を目に前にする遥人達の前に、ハイテンションの魔女が現われます。
 そして、アイリは体重を過剰に気にしているようです。

 ハイテンションでカレーを食べるカツミさん。
 彼からの言葉を気にしてずっとドーナツを食べていないアイリなのでした。
 ドーナツをおいしそうに食べるカツミですが、遥人は変なお菓子の夢(と変なネコさん)に悩んでいるようです。

 ドーナツに喜ぶリリィを追いかける形で、羊の舞う世界を旅する遥人さん。
 嘔吐するアイリの姿が目に浮かびつつ、再び目を覚ました彼の横にはリリィが眠っていました。
 カレーにはまっているというカツミは、4人目の魔女の存在を察知します。

 夢でおばあちゃんのカレーを思い出すアイリさん。
 高校で読者モデルをやるようになってからは会うことがなくなったのだとか。
 そんなおばあちゃんのカレーは、おじさんのお店で人気メニューとなっていました。

 お店でカレーを食べてまたもハイテンションなカツミさん。
 毎日魔女とドーナツに追われる遥人とリリィ。
 一方でアイリは日夜ドーナツを過剰に摂取しては嘔吐を繰り返していたのです。

 「ドーナツの国の女王」を名乗る魔女には、アイリのコンプレックスが反映されているようです。
 そして、遥人と魔女はおばあちゃんのカレーを食べることに。
 元気になったアイリは新しい恋にまい進することとなりました。

【考察等】
 前回の感動とは別の意味で、今回も涙があふれてしまいます。
 なきながら嘔吐を繰り返すアイリさんを見るのがつらかったです。
 彼女はどう見てもぽっちゃり系じゃないだろうと思うのは私だけではないかと。

 アイリさんの心情を思うとつらいのですが、一方でカツミさんの妙なハイテンションは面白かったです。
 実はお話の展開はあまりわからなかったのですが、彼氏に振られて摂食障害になったアイリさんがおばあちゃんの味を思い出して自分に自信を取り戻すということでいいのでしょうか?
 
 次回のタイトルは「凡庸の魔女」とのこと。
 自分の才能のなさに嘆く女の子が出てくるのでしょうか。
 とりあえず来週もちゃんと見てみようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム