【アニメ感想】縁結びの妖狐ちゃん 第19話「心の傷」

 縁結びの妖狐ちゃんの19話を見て感想を書きます。
 冒頭の誘拐された過去がいわゆる「心の傷」なのでしょうか。
 それはそれとしても、顔に傷のある少年がすごく気になります。

【内容】
 かつてココとロロは幼少の頃、道士たちに捉えられていました。
 道士に声をかける傷の少年は一体何者なのでしょうか。

 ココたちは「天仙院(11/15に修正しました)」に売られることになり、道士は少年を虐待して憂さを晴らします。
 ロロを売らせないためにココはある力を使おうとしますが、そこに例の少年が声をかけます。
 襲われそうになったココは少年を貫きますが、彼はそのままここの縄を解いて力尽きます。

 ココは別人のような力を発揮して道士を圧倒します。
 道士の「切り札」はあっさりと破りますが、ココはずっと一人でただずんでいました。
 罪のない少年を殺したというトラウマを見せられたココは左使(弟)によって操られます。

 左士はココから口移しで何かを得ようとしますが、そこに土にもぐったゲッショウの一撃が入ります。
 話は少し過去に戻り、ゲッショウの父親は50円の生命保険をかけていたと喜んでいました。
 父親に200円の生命保険をかけるとボコボコにするゲッショウなのでした。

 父親は、ココはスースには戻らないと告げますが、ゲッショウは確かめてくると一言。
 様子を見に来たところで先述の一撃へとつながります。
 左士を撃退したゲッショウはロロと合流しますが、北山妖帝とココでは分が悪いようです。

 ロロは戦況を少しでも優位にするためにゲッショウを前世の「東方月初」に戻そうとします。
 「東方月初」という言葉を耳にしたココは暴走を初め、このままではスースの体がもたないのだとか。
 その時、ゲッショウに「東方月初」の声が聞こえ、時給日給510円で契約することになりました。

 時系列は再び過去に戻り、毎晩トラウマにうなされるココさん。
 殺したはずの少年が再び現われ、生き返らせてほしいと言い出します。
 ゲッショウは少年を殴ると左使はその正体を現して去っていき、ロロはココを正気に戻そうとしますが……

【考察等】
 冒頭のつらい回想は、ココさんの優しさによるものでしょうか。
 人を疑ってしまうのは人間に売られそうになっていた経緯を考えると仕方のないことなのかもしれません。
 一方で、例の傷の少年がこれだけで終わらないような気がするのは私だけではないかと。

 展開が展開だけにゲッショウさんはシリアス気味だったような気がします。
 実際は月給でしたが、時給510円だと思っていたのはここだけの話です。

 ゲッショウさんのお金大好きぶりはいつもどおりで、ちょっと安心したりします。
 なお、気になったので調べてみたら現時点での最低賃金は最低のところでも737円らしいです。
 (参考:厚生労働省 地域別最低賃金の一覧

 ゲッショウさんとロロさんの奮戦によって左使さんの歪んだ愛情もここで終わりになるのでしょうか。
 彼を撃退したとしてもあのムキムキの人もそうですし、あの海苔の人もかなり強敵そうです。
 一方で、フウキさんとセイトウさんのお話はどうなったのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】縁結びの妖狐ちゃん 第18話「ココの秘密」

 縁結びの妖狐ちゃんの18話を見て感想を書きます。
 突然の敵の襲来に、お話はいよいよ大詰めになったような気がします。
 果たしてココさんの秘密とは一体何なのでしょうか。


【内容】
 お芝居で自分の前世の姿を知ったゲッショウとスース。
 突然現われた黒い黒狐は、かつてのロロの弟でした。
 果たして彼らの目的とは一体何なのでしょうか。

 巨体の男(北山妖帝)は巨大な岩を投げ飛ばして塗山を攻撃します。
 場面が変わってセツヨウはウンヒのお金で宝具を購入しようとしていました。
 巨大な岩と黒い狐が塗山を混乱に陥れ、白い狐たちが迎撃に出ます。

 北山妖帝はセツヨウ、ウンヒをあっさりと倒してしまいます。
 一方で、ヤヤ「姉さん」は黒い狐たちをあっさりと倒してしまいます。
 嫉妬に燃える弟はロロを鐘で閉じ込め、ヤヤは北山妖帝と戦闘を開始します。

 全ての物質を分解するという北山妖帝さん。
 弟はココの秘密を知ったと豪語し、夢魔狐を発動させます。
 彼らの組織は人を別れさせるという、縁結びとは全くの真逆でした。

 弟はかつて自分が塗山に拾われたことを語り始めます。
 ヤヤに認められる為に修行を重ねた彼は狐から人の姿に変身を果たします。
 しかし、彼女の視線は自分ではなく、幼いスースに向けられていたのです。

 打ちひしがれる弟に、謎の女性が声をかけます。
 弟はゲッショウを掴み、彼の気持ちがスースにあることを突きつけようとします。
 しかし、彼が愛していたのはケーキだったのです。

 ゲッショウの反撃を受けた弟はあっさりと倒されてしまいます。
 貧しいものはひもじさと戦っているからこそ、自由自在に夢を操ることが出来、幻術が成功しないのだとか。
 貧乏の力に敗れたはずの弟ですが、一方でスースは幻術に操られてしまいます。

 スースはココに変身し、突然現われた姉の姿に呆然とするヤヤさん。
 豹変したココはゲッショウを一撃で粉砕してしまいます。
 そして、ヤヤもまたココによって一撃を受けてしまいます。

 ロロを封印し、ヤヤに深手を負わせた弟は塗山の陥落が近いことに宣言します。
 果たして彼にココを操らせた「心の傷」とは一体何なのでしょうか。

【考察等】
 過去の回想が終わって新たな敵が出現し、お話は新たな段階へと進みます。
 白い狐たちと黒い狐たちの戦いに久しぶりのセツヨウさんも巻き込まれてしまいました。
 とはいえ、あそこまであっさりやられるのはさすがにかわいそうです。

 敵を引きつれてきた弟さんですが、その心情はどこか切なさを感じます。
 大好きな人に認められたいというその思いはわからなくもなかったりします。
 その思いも、ゲッショウさんの「貧乏」に敗北したというのが中々面白いです。

 最後の最後でココさんが操られ、ゲッショウさんやヤヤさんをやっつけたのは一番の驚きでしょうか。
 詳細はわからないものの、再び回想シーンになることは間違いないと思われます。
 果たして、次回のタイトルでもある「心の傷」とは一体何なのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】縁結びの妖狐ちゃん 第17話「苦情樹への誓い」

 縁結びの妖狐ちゃんの17話を見て感想を書きます。
 長い回想は終わり、今回からはお金大好きなゲッショウさんへと戻ります。
 キャラクターがいまいち思い出せないのは私だけではないのかもしれません。

【内容】
 南国の姫君はかつて東方月初とココを追い込んだというラスボス(仮)と面会します。
 サシと呼ばれる男は南国の姫君を捉え、かつて自らが愛した塗山を滅ぼすと宣言します。
 そんなことを知る由もないゲッショウは劇場で自分の前世である東方月初とココとの劇を見ていました。

 年老いた月初は制御不能の「虚空の涙」を放ち、ココがその涙をはねつけてラスボスにぶつけます。
 その光景を見たスースは「やめて」とつぶやきます。
 そして、力尽きた月初を抱きかかえたココは、苦情樹へと来世でもめぐり合わせてほしいと誓います。

 かつて塗山に敗北した金面火神は、ラスボスに対して月初とココへの復讐を依頼していました。
 縁結びの直前にラスボスの凶刃により月初は重症を負ってしまいます。
 怒ったココはラスボスをボロボロの海苔にした上で、自らの妖力をもって「転生の縁結び」を成功させようとします。

 ラスボスの狙いは月初とココを争わせて「虚空の涙」を精製することでした。
 しかしその目論見は2人の縁結びによって阻まれてしまいます。
 力尽きた2人の姿を見たゲッショウとスースはそれぞれの前世を自覚します。

 突然現われた「幻術使い」のサシは、ロロ以外の全員を眠らせてしまいます。
 彼がいうには、スースは厳密にはココの前世ではなくその妖力を失った姿なのだとか。
 一方で、大男は勢いよく岩を塗山へと次々と投げつけていました。

【考察等】
 前世のお話は終わり、ついにゲッショウさんとスースさんのお話に戻りました。
 とはいえ、殆ど前世のお話だったのは見ていただければわかるかと思います。
 唐突に出てきたラスボスさんの目的はいまだによくわかりませんが。

 月初さんとココさんがいろいろあって縁結びをし、現代のゲッショウさんとスースさんになったようです。
 ゲッショウさんの前世は月初さんというのはいいとしても、スースさんはどうやら単純なココさんの生まれ変わりではないとのこと。
 そのことを指摘していたサシさんは、一体何者なのでしょうか。

 次回予告によると、ココさんの秘密が明らかになるようです。
 スースさんが全てを思い出したときココさんに変身してパワーアップするということなのでしょうか。
 そしてあまり出番のなかったゲッショウさんがどう戦うのかも気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】縁結びの妖狐ちゃん 第16話「東方月初の選択」

 縁結びの妖狐ちゃんの16話を見て感想を書きます。
 前世のお話が続き、何だか別のアニメになって久しいです。
 そろそろお金大好きな現世のゲッショウさんが恋しい今日この頃です。

【内容】
 ヤヤは大人になったゲッショウと再開しますが、彼は既に塗山を去っていたとのこと。
 時間はゲッショウが塗山にいたころのお話に戻り、ココはゲッショウを狙う人間を圧倒します。
 ロロは人間たちに法外な通行料を請求するものの妖怪は人間よりも誠実と語るゲッショウなのでした。

 生活費を稼ぐためにとアルバイトを始め「下僕」になったゲッショウさん。
 金面火神が出現し、ゲッショウはココに体を貫かせ口移しに「東方霊族」の血を飲ませます。
 あっさりと金面を撃退したココに対し、責任と取ると言い出すゲッショウなのでした。

 ココはゲッショウを殺したことにして一気同盟を退散させます。
 ゲッショウは金面火神の魔の手から逃れた叔母がいとこを産んだことを告げ、彼のほうが自分より不幸と告げます。
 人間の世界はうんざりと語るゲッショウはそのまま塗山にとどまることを決意したのでした。

 10年後(声変わりして)成長したゲッショウは塗山を出ようとしてヤヤを撃退します。
 ロロはココに化けるもののゲッショウはあっさりと見抜きますが、さすがにココ本人にはうろたえてしまいます。
 過去の思い出を思い返しつつ、ゲッショウはココを横切り、塗山を後にします。

 自分が塗山を出て行く理由を語るゲッショウさん。
 それから50年、一気同盟に入門したのは「天下に名を上げるため」と語ります。
 ゲッショウは会話の中で「黒妖狐」という用語を口にします。

 今では一気同盟の盟主になった、それは飾りに過ぎず、思いどおりにはならないというゲッショウさん。
 しかし、現代に至ってもヤヤには彼の気持ちはわからないままのようですが……
 
【考察等】
 ゲッショウさんの決意により、塗山のお話は今回で終わりということになりそうです。
 前半の回想シーンは14、15話で見たお話のような気がします。
 そうかと思えばいきなり10年が経過してすっかり大人になっていたのは驚きです。

 人間に嫌気が差したゲッショウさんがどうして塗山を去ったのか、いまいちよくわからなかったです。
 一気同盟の「人間兵器」とされたいとこの存在がからんでいるのでしょうか。
 それとも、ココさんのために一気同盟を抑えようとしたのかもしれませんが。

 次回はようやく現世のお話に戻るようです。
 お金大好きなゲッショウさんとかわいいスースさんがどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。
 そして、黒妖狐とは一体何なのか、わたし、気になります!
  

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】縁結びの妖狐ちゃん 第15話「東方霊族の血」

 縁結びの妖狐ちゃんの15話を見て感想を書きます。
 金面さんのあまりの悪さに思わずドン引きしてしまいます。
 そして幼年期のゲッショウさんとうまるちゃんが同じ声優さんだとはじめて知りました。

【内容】
 金面火神の過去の悪行を暴いてその気をそらそうとするゲッショウさん。
 一旦は金面火神を撃退したかと思われましたが、彼は赤錬妖丹(せきれんようたん)によってパワーアップしてしまいます。
 たちまち追い込まれたココは妹達を集め、金面火神の炎を素手で受け止めますがボロボロになってしまいます。

 ゲッショウは自分の体をココに貫かせ、口伝えでその血を彼女に与えます。
 「東方霊族の血」を体にうけたパワーアップしてココはあっさりと金面火神をあっさりと撃退してしまいました。
 そして、死に掛けのゲッショウは(ヒルの妖怪のおかげで)復活したようで何よりでした。

 「未来の夫」と主張するゲッショウですが、ヤヤに思い切り突っ込まれてしまいます。
 さらに現われたロロはゲッショウの血が狙われていることを告げるのでした。
 そして、先ほど体を貫かれたはずの金面さんもどうやら生きていたようです。

 ココは一気同盟の前でゲッショウの体を貫き、里の外へと捨ててしまいます。
 ゲッショウの血にかつての悪行を思い出す金面さん。
 彼はさらなる力を得る為に師匠の血を奪い取ったのでした。

 続いてココは金面火神を捉えてその血をヒルの妖怪に奪わせます。
 ヤヤはその血に代わり薬物で彼のもともとの血を与えて捨て去るのでした。
 復讐を誓う金面さんですが、彼にはそれだけの力が残っていなかったのです。

 実はゲッショウだと思っていた死体は風使いのものでした。
 死んだものになったゲッショウは父母の墓を参ります。
 なお、東方家の娘のうち1人は王家に嫁ぎ、フウキを産んだとのこと。

 自分が狙われていることからもう人間とはかかわりたくないというゲッショウさん。
 彼はこれからずっとココと一緒にいたいと告げるのでした。

【考察等】
 強敵だった金面さんを倒す為とはいえ、いきなり体を貫かせたのは驚きました。
 その血を飲んだとたんにあっさりと彼を倒してしまうのは、それだけ東方霊族の血が強大なことを示すようです。
 だからこそ金面さんはあそこまで悪事を重ねたというのも理解できなくもないです。

 悪い人だった金面さんですが、そんな彼の命を奪わなかったのは塗山の皆さんの情なのでしょうか。
 東方の血を奪おうとする連中を見ていると、妖怪よりも人間の方がたちが悪いのかもしれません。
 まあ、リアルでも信じられないくらい悪い人というのはいるのだと思います。

 フウキさんがいとこというのは以前から言われていましたが、その背景も少し見えてきました。
 人間兵器とされたフウキさんもまたその血の犠牲者なのかもしれません。
 残りのお話で、ゲッショウさんもフウキさんも、前世からの縁を取り戻すことを願うばかりです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム