【アニメ感想】武装少女マキャベリズム 第7話「妖しき刃『眠目さとり』」

 マキャベリズムの7話を見て感想を書きます。
 五剣の4人目との戦いのお話でしたが、戦闘のテンポが若干微妙でした。
 一方で、不道さんが輪さんを意識している描写があったのはよかったのです。

【内容】
 スキャンダルの潔白を証明するために潜入捜査を試みた不道さん。
 五剣の4人目であるさとりを前に、増小寺が彼女と通じていたことを推測します。
 一方、やけ酒(麦茶)を飲んで怒りを撒き散らす輪とメアリなのでした。

 不道はさとりと戦うことになりますが、裸のままだとやりにくいようです。
 色々な流派の技を使うさとりの流派を見抜きつつも、さとりは誰にも内緒だよと意味深な一言。
 一方、意識が朦朧とする中、自分を傷つけることで残る敵と戦う蕨ですが、苦戦は免れません。

 不道に怒涛の連続攻撃を仕掛けるさとりさん。
 彼女の全裸に対して不道は自らも全裸になって相手の動揺を誘い、その武器を奪い一気に決着をつけます。
 輪が泣いたことをとがめてさとりにビンタした不道は、見事に彼女をも攻略するのでした。

【考察等】
 さとりさんとの決着が付くお話ですが、いつになく動きが微妙でした。
 結論だけいえばさとりさんに勝てたこと、その際に輪さんのことに言及したのはよかったです。
 そして全裸に対抗して全裸になるというのは、さすがに驚きを隠せませんでした。

 今回の勝利で、残りの相手は五剣1人と「女帝」さんだと思われます。
 1クールで最後までやりきるには十分かもしれない一方で、増小寺さんの裏切り疑惑はどうなったのでしょうか。
 その点を含めて、次回のお話で解決することを期待したいです。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】武装少女マキャベリズム 第6話「ある『スキャンダル』の覚え書き」

 武装少女マキャベリズムの6話を見て感想を書きます。
 すっかり恋する乙女になった五剣2人が女の子だなと思う一方で、突然のスキャンダルは驚きです。
 蕨さんもそうですが、基本的に倒した五剣は悉く仲間になる展開なのでしょうか。

【内容】
 すっかり女の子の顔になった輪とメアリの2人。
 一方で不道は、ワラビンピックの活躍によって女子の圧倒的な人気を得たようです。
 嫉妬にかられる2人は自らの変化に気づいてもらえず落ち込む一方で、ストーカーと化す蕨さんが気になります。

 もう一度矯正しなおすべきと主張するメアリをよそに直ぐ眠ってしまう不道さん。
 次の日には、変化に気づいていたという不道にときめく輪ですが、突然のスキャンダルに怒りをあらわにします。
 輪が取り出した写真は、何と五剣の1人さとりとの「不倫」写真でした。

 逃走する不道は蕨に助けられますが、写真にぼかしが入っていたと一言。
 修正前の写真を入手できれば弁明が可能らしいのですが、突然の拷問に驚きを隠せません。
 わざと捕まって侵入することに成功した不道は、蕨とキョーボーに助けられ先に進みます。

 「さとりは得体が知れない」という蕨さん。
 キョーボーの子供に助けられる形で女子生徒の追及を逃れた不道なのでした。
 お風呂に侵入した不道の前に、さとりの副官である仮面女が立ちはだかります。
 そして、お風呂上りのさとりもまた彼らの前に登場するのでした。
 
【考察等】
 いきなり女の子にモテモテになった不道さんには驚きを隠せません。
 そして、ジェラシーにかられる五剣2人は、もうすっかり恋する乙女になったのだなと思います。
 一方で、蕨さんも気づいたら味方になるポジションのようです。

 突然のスキャンダルには驚きましたが、今度の相手は中々周到な罠を張るようです。
 拷問を受けているところに若干引いてしまいつつも、見事に潜入に成功します。
 まあ彼のここだけを見れば不法侵入にしか見えませんが。

 最後の最後に、蕨さんが言う「得体が知れない」さとりさんは万を持して登場します。
 次回はこのまま彼女トバトルする展開なのでしょうが、彼女の相手は不道さん、それとも蕨さんなのでしょうか。 
 彼女もまた仲間になるのかを考えつつ、次回を待とうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】武装少女マキャベリズム 第5話「愛狂しき刃『花酒蕨』」

 武装少女マキャヴェリズムの5話を見て感想を書きます。
 増小寺さんのキャラクターが面白い一方で、相変わらず戦闘シーンが秀逸です。
 主人公と五剣とのぐだぐだもどこかほほえましく見えるのが不思議です。

【内容】
 キョーボーさんを倒されて「戦争じゃあ!」とすごむ蕨さん。
 彼女はワラビンピックを突然終了させ、精鋭のWRB34を配置して篭城戦を挑んできます。
 もう戦う必要はないという輪に対して、不道は増小寺を救う為に戦うことを決意します。

 取り巻き2人を先行させる不道さん。
 五剣の一人であるさとりが独自に動いて別の道を作り、何者かに増小寺は救出されます。
 そして、蕨の前に現れた不道と五剣2名。

 三銃士はメアリが食い止め、残る蕨とキョーボーは主人公と輪が受け持つことに。
 しかし、早々に輪が蕨に一撃を受けてしまいます。
 剣だけでなく手裏剣や格闘まで使う蕨に苦戦を強いられる輪さん。

 精神攻撃に動揺する輪に「ひとつにしぼれ」と不道さん。
 勝利のBGMとともにストレートでキョーボーを撃破、続くメアリは三銃士に特攻を仕掛けてそれを倒します。
 そして、蕨は恐怖を克服した輪によって打ち破られます。

 蕨にまわしをつけようとして五剣2人に追い回される不道をよそに、蕨本人は「なっとらんわ」とつぶやくのでした。

【考察等】
 タイトルどおり蕨さんとの決着のお話でした。
 五剣2人との共闘は予想通りでしたが、蕨さんが輪さんと戦うのは予想外です。
 三銃士を五剣2人で倒して、蕨さんは不道さんが倒すとばかり思っておりました。

 早々のワラビンピック終了には驚かされました。
 その後は戦闘になるのですが、その組み合わせが意外だったのは上に書いたとおりです。
 三銃士よりも五剣が強いのは順当なところだと思いますが、クマさんに不道さんが意外と苦戦したという印象です。

 不道さん本人が倒さなかったものの、どうやら3つめの外出許可の判子はもらえたようです。
 しかし増小寺さんを助けた連中は一体何者なのかがきになります。
 その点と五剣残り2人の情報が、次回に少しはわかってくるといいのですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】武装少女マキャベリズム 第4話「『ワラビンピック』開幕宣言!」

 武装少女マキャベリズムの4話を見ます。
 無茶苦茶な展開ながら、それがすんなりと頭に入るのがすごいなと思います。
 やるときはやる主人公が、どこかかっこよく見えてしまうのが不思議です。

【内容】
 不道(の管理)をめぐって対立する輪とメアリ。
 修学旅行から戻ってきた蕨は彼女たち2人をも矯正対象に加えることを「五剣会議」で提案し、通過させます。

 持ち込み禁止の罪で十字架にはりつけにされる増小寺さん。
 そして現れた蕨は、突然の「ワラビンピック」開幕を宣言します。
 三銃士なる先輩方も登場し、決戦待ったなしなのです。

 相撲対決が決定し、まわしを締めることになる一同。
 のの、蝶華を圧倒する三銃士に、五剣2人が闘志を燃やします。
 2人にまわしをしめる主人公がシュールです。

 先方を務める主人公ですが、彼の相手は目の前の3人ではなくクマさんでした。
 切り札の「魔弾」は通用しなかったものの、その巨体を持ち上げる不道さん。
 俺が勝ったら全員にまわしを付けさせてやると豪語します。

 見事、クマさんを「もろだし」で破った不道さん。
 この敗北を受けて、今度は戦争だといきり立つ蕨なのでした。

【考察等】
 天下五剣のうち3人目の蕨さんがきましたが、まさかの体育祭に驚きです。
 ヒロアカ(雄英体育祭)でも、ロクアカ(魔術競技祭)でもそうですが、最近は運動会の季節なのでしょうか。
 無茶な展開ながらも、すんなりと頭に入るのがすごいなと思います。

 三銃士というありきたりなネーミングの敵が出てきましたが、まさか3人目がクマさんというのが驚きです。
 クマさんと相撲というと、金太郎さんのお話を思い出します。
 必殺技の「魔弾」が破られたものの、意外な一手で勝ってしまった不道さんはよかったと思います。
 あと、恥ずかしがるクマさんが可愛いのです。

 次回は、おそらく蕨さんとの直接対決になるのだと思われます。
 この人も負けたら、不道さんをめぐってのバトルに参戦することとなるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】武装少女マキャベリズム 第3話「麗しき刃『亀鶴城メアリ』」

 武装少女マキャベリズムの3話を見て感想を書きます。
 天下五剣の2人目との戦いが始まりますが、相変わらず戦闘シーンは秀逸です。
 そして、増小寺さんも相変わらずインパクトが強すぎます。

【内容】
 相変わらずの増小寺さんとお話をする主人公。
 五剣2人を退けた女帝の話に昔を思い出す不道さん。

 気づけば「監視対象」という名目で不道の通い妻になった輪さん。
 やってきたメアリは輪と戦うこととなり、ムチ使いをあっさりとあしらう不道。
 そして、女帝との対面を果たすこととなりましたが、本人には人違いと言われてしまいます。

 輪を退けたメアリと鉢合わせし戦うことになった不道さん。
 相手の一突きを懐のマンガ雑誌で受け止め、そのまま本で殴りつけることに。
 一瞬の隙を突き、懐に飛び込んで何とか勝利し、判子を得ることに成功します。

 今後、女帝との関係が今後どう展開するのか、わたし、気になります!

【考察等】
 1話視聴以前は殆どマークしてなかった作品ですが、今となってはとても楽しみになった私がいます。
 不道さんの回想を見ると、「北斗の拳」を思い出すのは私だけでしょうか。

 戦闘シーンは相変わらずレベルが高いです。
 どれだけ胸を強調しているのかと突っ込まざるを得ませんが。

 これからは、輪さんに続き、メアリさんが絡んでくるようになりそうです。
 やはり残り3人も倒したら仲間(?)になるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム