【アニメ感想】CHAOS;CHILD 第7話「起きてはならぬ悲劇」

 カオスチャイルドの7話を見て感想を書きます。
 展開自体はテンポよく進んでいるのですが、その内容が内容だけにつらいです。
 冒頭からグロテスクな描写がでるので、そのあたりも注意が必要かもしれません。
 詳細は以下に書きますが、あまりの内容にトラウマを覚えてしまいそうです。

 ※以降、ネタバレ注意です。
    ↓

続きを読む

【アニメ感想】CHAOS;CHILD 第6話「侵した過去に間に合うために」

 カオスチャイルドの6話を見て感想を書きます。
 6年前の地震と能力、あるいはセンリさんとはなんらかの関係があるのだと思いますが、それ以上はまだ謎に包まれているように思えます。
 相変わらず力士シールにおびえるタクルさんですが、能力を発動する鍵だと考えても良いのでしょうか。
 そして、センリさんが犯人なのかどうか、この辺りにも注目していきたいと思います。

【内容】
 料理中のノノを尋ねるうき。
 彼女は6年前から体の成長が止まっていて、実は妹のユイと同年代とのこと。
 一方、脳の肥大化こそが「ギガロマニアックス」特有の現象とにらんだミオは、タクルやヒナエの脳を開くとまで言い出してドン引きされます。

 学校ではヒナエとセリカ、華がすっかり意気投合していました。
 タクルの方は、6年前の事件のとき、同じく連続放火事件が起こっていたことに着目します。
 6年前に行方不明とされていたセンリは実は生きており、連続放火及び殺人の犯人ではないかとのこと。

 一同が喫茶店に集まり時間をつぶすのですが、メニューの中の力士シールでまたもおびえるタクルさん。
 気がつけば仲間が皆いなくなり、パイロマニア(火を放って殺しに来た人)が迫る中、トイレへと逃げ込みます。
 恐怖のあまりそこから飛び出したときには、仲間は皆そこにいて、元に戻ったようですが。

 パイロマニアの話を聞いたヒナエは、「殺されてたまるか!」と武器を持ってセンリを殺しにいくのだと一言。
 ノノは6年前にセンリが瓦礫の下敷きになったと語りますが、ヒナエの能力によると「嘘」とのこと。
 しかし、センリが人殺しをすることが信じられないという言葉は嘘ではないようです。

 病院に一度現れたものの、ユイを見て去っていったパイロマニアの女。
 気がつけば10月24日となっており、第五の事件の起こったという23日を生き残ることが出来たようです。

【考察等】
 うきさんの成長が止まっていたことと地震との関係は何かあるのだろうと思います。
 地震と能力発動との間の鍵、あるいは脳の肥大化とは一体どうつながっているのかが気になります。

 力士シールを見ておびえるタクルさんの(中の人の)演技が秀逸です。
 シールが能力発動の鍵なのだと思いますが、厳密に言われているわけでもないので断定は出来ないのかもしれません。

 一番注目されるのは、センリさんが犯人なのかどうかということにあるような気がします。
 お話が半分くらいの段階で真犯人が出てくるというのは不自然と考えれば、別に犯人がいるのかもしれません。
 そう考えると、誰が犯人でもおかしくないといってもいいのでしょうか。

 次回以降、一層の謎が解明されることを期待したいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】CHAOS;CHILD 第5話「妄想の住人が騒ぎ迫る」

 カオスチャイルドの5話を見て感想を書きます。
 能力者という概念が少しずつ明らかになり、主人公も能力を有することが判明します。
 一方で、力士シールで苦しむ原理がよくわからなかったりしますし、いきなり襲ってくる敵の目的もよくわからなかったりします。
 主人公が本格的に能力に目覚めたら、バトルアニメになるのかもちょっと気になる今日この頃です。

【内容】
 AH東京総合病院から連れ帰ったうきですが、「帰してください」の一点張りで話が通じません。
 一方、ヒナエはタクルが能力者であることを断定するとともに、自分もまた、相手の真偽がわかる能力を持つことを明らかにします。
 何でも、タクルさんの能力は、妄想を現実として相手に認識させることが出来るのだとか。

 セリカはノノを尋ね、ノノからの伝言でタクルを寮へと呼び出すことに。
 タクルは行く途中で力士シールを見て錯乱し、同じく力士シールで苦しむヒナエと合流します。
 行く途中で炎を発する能力者の襲撃を受けますが、「死にたくない!」という意志がその炎をはじき返し、相手を撤退させることに成功します。

 ノノは、タクル達を前に、AH総合病院と自分は無関係ではないと一言。
 実験体の少女「センリ」は友人であり、事件のことをもっと知りたいと迫ります。
 ヒナエは、そんな2人に、自分を味方だと思ってもいいと語ります。

 一方、病院を調べる警察ですが、実験体になっていた人が誰もいなくなっていることが判明します。

【考察等】
 主人公が能力者だと判明し、その原理も明かされますが、正直なにがなんだかさっぱりです。
 妄想を現実にすること、場合によっては目の前の風景そのものが妄想の産物で、現実はまた別に存在するのかもしれませんが、まだまだ謎が多いのです。

 中盤では敵らしい少女に襲われ、バトルアニメのような展開になってしまいます。
 特に主人公は戦うことは無かったのですが、今後はバトルすることになるのでしょうか。

 最後にノノさんとセンリさんとの関係が明らかになります。
 写真のピンクの子が明らかにバトルを仕掛けてきた少女にしか見えないのですが、彼女の目的が何か、まだまだ謎が多いです。
 誰が敵で誰が味方なのか、その見極めが重要になってきそうな気がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】CHAOS;CHILD 第4話「お話の裏側が妄想を始める」

 カオスチャイルドの4話を見て感想を書きます。
 序盤のゾンビと主人公の暴走に恐怖するとともに、急展開に続く急展開に頭がついていけていないような気がします。
 力士シールの意外な正体には驚くとともに、能力とは何か、ますます先が気になってしまいました。

【内容】
 力士シールの製作者を求めて、病院に忍び込むことになったタクルたち。
 ゾンビに追いかけられますが、解剖室に逃げ込んで何とかしのぎきります。

 ゾンビを誘導する女の子の姿から隠し扉を発見してさらにその奥へ。
 変な音が聞こえたと思ったとたん発狂するタクル。
 仲間が血まみれになる妄想を浮かべますが、ミオのひと言で正気を取り戻します。

 ミオに同行してさらに先に進むことになったタクルたち。
 奥に配備されていたパソコンから、この病院が「臨床実験」という名の人体実験を行っていた場所であったことが判明します。
 研究の目的は、人為的な能力の発現にあり、11番目のロールシャッハテスト=力士シールを見たときの反応が異なる人間に鍵があるようです。
 そして、タクルの知人もまたその実験の被験者の一人だったのですが、例の渋谷地震で行方不明になっているとのこと。

 実験を終えた病院は、現在は脳に損傷をおった被験者を収容する施設として機能していました。
 そして、実験を生き残った少女を「回収」して、何とか一同は脱出します。

 能力とは何か、そして行方不明になった女の子との関係はなんなのか、私、気になります!

【考察等】
 序盤からバイオハザードかと思うような恐い展開に、手がいまだに震えています。
 その後のタクルさんの「妄想」もまた恐ろしかったですが、この「妄想」が今後大きな鍵を握っているような気がします。

 力士シールの正体、そして能力との関係が少しずつ明らかになってきました。
 連続殺人で能力者が次々と殺されていますが、病院で行われた実験との関係が気になるところです。
 恐いと思いながらも、このまま最後まで見続けてしまいそうです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】CHAOS;CHILD 第3話「彼らのお祭りのお話の言い分」

 カオスチャイルドの3話を見て感想を書きます。
 まずは、ノノさんが普通に無事だったのでよかったです。

 急展開でお話が進んでいき、被害者にある共通点が浮かんできました。
 それをヒロインの前でべらべらしゃべるタクルさんですが、まったく反省していないようです。
 ノノさんの心配も、まだまだ続きそうな気がします。

【内容】
 背中から刺されたノノでしたが、一命をとりとめたもようです。
 久しぶりだからと家族のことを語るノノの姿に、人知れず涙を流すタクルさん。

 学園祭では、渡部という男と対談することになったタクルさん。
 ふと、現場の力士シールの表情が違うことに気づきます。

 学園祭当日、約束の場所にやって来たタクルですが、渡部はいつになっても現れません。
 しかし、突然壇上に現れたと思ったら、大量の力士シールを吐き出してそのまま死亡してしまいます。
 警察は、一連の事件のそばにタクルがいることについて「これは偶然なのか」とひと言。
 また、白衣の女生徒(ミオ:前回の秀才の人)は、渋谷事件での白い光を見なかったかと尋ねて去ってゆきました。

 警察とミオの会話を聞いていたセリカは、能力者とは何かとひと言。
 一連の事件の被害者が、予知能力か何か、特異能力を持っていた可能性が示唆されます。
 まったく反省の様子もなく、そのことを嬉々として語るタクルに、ノノはもう辞めてと詰め寄りますが……

【考察等】
 ノノさん生存は良かったと思いますし、被害者の共通点が見えてきて、お話も急ピッチで進んでいるのを感じます。
 ミオさんの言う「白い光」という言葉が気になりますが、白い光を見た人間が能力に目覚めたということなのでしょうか。

 タクルさんを心配するノノさんのいじらしさが素敵ですが、お話の展開上、タクルさんが止まることはないでしょうし、ノノさんの苦労はまだまだ続きそうで、同情してしまいます。
 次回もまた誰かが死にそうな気がしますが、いずれは主要人物もなくなってしまったりするのでしょうか?


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム