【アニメ感想】南鎌倉高校女子自転車部 第8話「みんなと一緒に!」

 南鎌倉高校の8話を見て感想を書きます。
 白熱のレースは一応の決着を見ますが、主人公達のがんばりと同様に、ママチャリでロードバイクと互角に渡り合った先輩や(特に空気抵抗も半端ないと思われる)くまさんもたたえたいなと思います。
 次々と離脱する仲間の分も先に行くというところ、あるいは仲間の声が聞こえるというところは少年誌の王道かと思えますが、後半はまさかのファンタジーで驚きです。

【内容】
 一年生の仲間を先行させて力を温存し、先頭のクマさんにせまる自転車部。
 足をつった冬音は途中離脱し、残りの3人でクマさんを追います。
 一方、三年生を風除けにして虎視眈々と先頭集団を狙う東先輩も、彼女たちに迫ってくるのでした。

 巴も離脱したものの、夏海とともにクマさんを抜き去ったひろみさん。
 しかし、ここで夏海も離脱し、残りはひろみひとりとなってしまいます。

 自分に出来ることを、と全力で走るひろみは、散っていった仲間の声にはげまされて先頭を進みます。
 クマさんの陰に隠れて力を温存していた東先輩と最後の直線でデッドヒートを繰り広げますが、仲間の声に押されたひろみが僅差で優勝を勝ち取りました。

 優勝賞品は自転車のフレームなのですが、絵がどう見ても馬にしか見えません。
 その後、天馬に乗って鎌倉の空を見るひろみさん(まあ、夢なのですが)。

 肩を治療中の夏海は、車椅子の女性に出会います。
 彼女は冬音の姉で、冬音は姉の為に自分で見たものを写真にとっているとのこと。

 初級コースはひろみさんの優勝ですが、その後の中級以降のレースは雨で中止になったとのこと。
 優勝商品の自転車のパーツがもらえなかったとぼやく四季先生ですが、店長が、他の人から要らなくなったものをもらうと聞いて期限を取り戻します。
 そして、ひろみの入手したフレームを中心に自転車を組む店長が意味深です。

【考察等】
 いよいよ決着がつきましたが、前半は少年誌の王道、後半はまさかのファンタジーに驚きです。
 次々と離脱する仲間を背に先に進むさまに、「聖闘志星矢」の十二宮編を思い出したのは私だけだと思います。
 仲間の声が聞こえるところでガンダムを連想した人はそれなりにいそうですが。

 仲間の助けもあって優勝したひろみさんにはおめでとうを言いたいと思います。
 一方で、ママチャリでロードと互角だった先輩がいいキャラをしているなと思いました。
 くまさんについては、あの熱がこもりそうな格好で、熱中症にならないか本気で心配するレベルです。

 レースに勝って、自転車を入手できそうなひろみさんはよかったかと。
 一方で、自転車部は今回の優勝を実績として、部として認めてもらったのかどうかが気になるところです。
 そのあたりを次回説明してもらえるといいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】南鎌倉高校女子自転車部 第7話「わたしにできること?」

 南鎌倉高校の7話を見て感想を書きます。
 速度の出るロードバイクに乗っているからあっさりと抜くのかと思ったのですが、この世界のママチャリは相当のスピードが出る模様です。
 今回もまた、水泳部の先輩が何気にいいキャラしているなと思いました。

【内容】
 出遅れながらも出発した女子自転車部の皆さん。
 夏海が先行して加速し、2年生の集団を追い抜くことに成功します。
 一方、水泳部の先輩は、先に行かせてから抜き去るのが面白いと不敵な笑みを浮かべます。

 自転車部は直線では一列になることで空気抵抗を少なくして体力を温存。
 またペダルを踏むのではなくまわすことを意識、さらにカーブ手前での減速と加速といったアドバイスを生かして先頭集団へと追いつきます。
 それに対して、先頭のウマさん(コスプレ部)は立ちこぎで加速を始めます。
 また、水泳部の先輩、さらには他の集団を風除けにして追いつく三年生集団も強敵です。

 先頭に追いつけないまま、夏海は痛めた肩のダメージが出てきて、さらに冬音は体力が無くなりつつ有りました。
 そんな中、巴はクマさんに追いつく為に他の一年生と協力して、一人ひとり風除けにしてロケットのように加速することに。
 他の仲間が出来ることを精一杯やっている中、ひろみは自分に出来ること、やらなきゃならないことを模索するのでした。

【考察等】
 ロードの速度を見せ付けるのかと思いきや、他の生徒も中々に強敵のようです。
 着ぐるみを着て先頭を走るクマさんを初めとして、ロードバイクと対等に渡り合うママチャリのすごさが目を引きます。
 まあ、現実的に圧勝してしまったら内容的につまらないのかもしれませんが。

 夏海さん、冬音さん、巴さんがそれぞれに出来ることで勝利を目指すところは良かったかと。
 この後、ひろみさんがどのようにクマさんを捉えるのか、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】南鎌倉高校女子自転車部 第6話「はじめてのレース!」

 南鎌倉高校の6話を見て感想を書きます。
 校長先生の提案でレースに出ることになった女子自転車部ですが、ジャージも届いて少しずつさまになってきたような気がします。
 後半ではアクシデントがありますが、それでも皆で一緒に進むというのは、甘いのかもしれませんがいいなと思います。
 出遅れた分については、相手が殆どママチャリなのでまあ何とかなりそうな気がします。

【内容】
 ころね店長に自転車を調整してもらった巴と冬音は、お小遣いを使い果たしながらも満足そうな表情です。
 自転車が決まらずにママチャリでレースに出場しようとするひろみに、店長は残ったパーツで自転車を組み、貸し与えます。

 4人そろってロードバイクでレースに出ることとなった女子自転車部。
 チームのジャージが届き、その派手さにとまどいつつも、実績を残すためにもがんばろうと誓います。

 レースは学校の敷地で行われることもあり、同じ学校の生徒が目に付きます。
 水泳部の先輩(3話で夏海さんを取りあった人)によると、部員の獲得に燃える運動部や、実績を作って部として認められようとしているほかの部活がこぞって出場し、ひろみたちはマークされているとのこと。
 一方、焼きそばの屋台を出している商魂たくましい店長は、結花(巴の妹)に子ども扱いされてしまいます。

 参加者数が多いことから、初級コースは学年順に出発することになりました。
 初めてのレースに不安がる部員に、先生は「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」とはげまします。
 レース本番、出遅れた上に転倒してしまった夏海に駆け寄るひろみ。
 先輩は「待ってるからな」と先に進んでしまい、完全に出遅れてしまいます。

 4人そろって再スタートに踏み出しますが、果たして先頭集団に追いつくことが出来るのか、私、気になります!

【考察等】
 前回の校長先生の提案はレースだったようで、気がついたら初めてのレースに出ることになってしまいました。
 40万円の自転車はさておき、ひろみさんもとりあえずロードバイクを確保で、おそろいのジャージも出来てチームとして少しずつ形になってきているのがわかってよかったです。

 レースは学校で行われるということもあり、同じ学校の生徒が多数参加しているもようです。
 このイベントを仕掛けた校長先生は中々の策士であり、このレースを通じて自転車の楽しさを生徒に知ってもらおうとしているのかもしれません。
 そして、相変わらず水泳部の先輩はいい人だなと思います。

 初めてのレースということで出遅れてしまった女子自転車部ですが、仲間を待っているという展開は(勝敗は別として)いいなと思います。
 ロードバイクはママチャリよりは早いでしょうし、まだまだ逆転の機会はあると思いますが、結果がどうなるのか、次回が楽しみです。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】南鎌倉高校女子自転車部 第5話「自転車を選ぶのってむずかしい?」

 南鎌倉高校女子自転車部の5話を見て感想を書きます。
 冒頭からネコミミキャラが出てきて、どんなイロモノかと思いましたが、実際は自転車に詳しい店長さんでした。
 実績を作るためにもまず自転車が必要だと話が進みますが、自転車の説明もあっていろいろためになります。
 自分にあったものを選ぶ、といっても、お財布のこともあるでしょうし、なかなか大変だと思いました。

【内容】
 校長からの「廃部」宣言に食ってかかる冬音さん。
 部として認めるには「実績」が必要であり、3ヶ月以内にそれが無ければ「廃部」にするといわれてしまいます。
 四季先生(顧問)を頼りにしようにも、部活の書類作成のため職員室で仕事中でした。

 いずれにしても自転車が必要だと判断した一同は、自転車屋さんへ。
 ネコミミの小柄な女の子が現れますが、この方が店長なのだとか。
 店長の(自転車の部品を数多く生産している)台湾からの帰還により、ようやく店は再開します。

 事情を知った店長は、自転車の違いについて説明した後、速さや距離を実感しやすいロードバイクを選ぶべきとひと言。
 なお、フレームが軽いほどスピードが出るらしく、それだけ値段も高くなってくるとのこと。
 店にあるいろいろなロードバイクを試乗して街を走り、巴、冬音は自分の自転車を決めることが出来ました。
 なかなか決まらなかったひろみも、運命と思える自転車が出てきますが、お値段40万円以上ということで保留することに。
 そして、チラシを持ってやって来た四季先生は、「実績」作りにとある提案をするのでした。

【考察等】
 部として認められるために必要なのは部員だと思っていて、今回は5人目の部員を勧誘するお話かと思っていましたが、実際はまったく別のお話でした。
 創部間もない部活に実績を求めるというなかなかシビアなことなのですが、あれだけ乱立した部活も、みんなそれなりの実績を残しているとしたら、それはそれで興味深い気がします。

 本題は自転車を選ぶことなのですが、店長さんが普通にいい人でよかったと思います。
 わざわざ初心者にもわかりやすく、自転車の違いについて、あるいはフレームと値段の関係についても知ることができて良かったです。
 運命の自転車を決めたかに思われたひろみさんですが、高校生に40万円はあまりにもハードルが高く、今後どのようにして資金を調達するのかが気になるところです。
 なお、他のメンバーについては、夏海さんはもう自転車を持っていますし、冬音さんはお金持ちで問題なしですし、巴さんの自転車はひろみさんのそれほど高くなかったのだと思われます。

 最後にやって来た先生ですが、持って来たチラシが何を意味するのか、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】南鎌倉高校女子自転車部 第4話「夏海ちゃんはわたさない!」

 南鎌倉高校の4話を見て感想を書きます。
 顧問の先生も決まって、部活が始まるのかと思いきや、夏海さんをかけて水泳部の先輩と勝負することになってしまったひろみさんですが、先輩がすがすがしくていい人でよかったと思います。
 2話で絵を書いていた女の子は、巴さんの妹の結花さんなのですが、よくよく見てみると、超電磁砲の初春さんを思い出してしまいました。

【内容】
 部室をきれいにして料理を準備し、四季先生を接待する自転車部の4名。
 顧問を引き受けてくれとお願いされた先生は、あっさりと快諾します。

 女子自転車部がこれから始まるのかと思いきや、水泳部の東先輩が登場します。
 期待の新人である夏海をこのまま自転車部に取られるのは納得がいかないという先輩が「自転車勝負」をしかけてきますが、なぜか戦うのは夏海ではなく、ひろみの方でした。
 なんでも、自転車にうまく乗れないひろみが、ロードバイクにのることがハンデなのだとか。

 初めてのロードバイクに戸惑うひろみですが、夏海を自転車部に残留させる為にがんばることを決意します。
 徐々に安定してロードバイクを乗りこなすひろみさん。
 一方、先輩は車体から体を離さないルールから立ちこぎができず、さらにサドルの高さのあっていない自転車に苦戦しますが、根性で追い上げてきます。
 結局先輩が勝ったものの、すがすがしく夏海をゆずるところはかっこいいです。

 巴の妹である結花がデザインしたユニフォームに目を輝かせるひろみさん。
 今度こそ自転車部の始動だと意気込む皆さん。
 しかし、Cパートの校長先生の「廃部」のひと言に騒然とします。

【考察等】
 自転車に詳しい四季先生が顧問というのは規定路線だと思いますし、順当なところだと思います。
 ロードバイクに始めて乗るひろみさんのワクワク感も見ていて楽しそうな気がしました。
 そして、一旦は文句を言ってきたものの、最終的に夏海さんをゆずった水泳部の先輩のすがすがしさもよかったです。

 顧問もユニフォームも決まって、いよいよ正式に部として発足するのかと思ったのですが、Cパートのまさかの廃部に驚いたのは私だけではないはず。
 ここで考えられるとすれば、部員が4人では足りないということなのでしょうか。
 次回、5人目の部員をどう勧誘していくのか、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム