【アニメ感想】ヴィンランド・サガ 第15話「冬至祭(ユル)のあと」

 ヴィンランドサガの15話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は略奪のお話で、今回はトルケルさんのメイン回……みたいです。
 アフリカのライオンさんがヴァイキングを兼任されるのは興味深いです。

【内容】
 国王はクヌートが行方不明だと報告を受け、助けを送るとしても春まで待たねばとひと言。
 クヌートが兄を上回る器量を持ち合わせていれば行方不明にならずに済んだかもしれないとのことですが……
 一方、トルケルは肉を食べながら王子を担ぎ上げれば新王朝を作るくらいの価値があると言っていました。

 略奪と見間違えるほど食べたトルケルは、俺達は戦士、戦場にいてこそ戦士だと戦いの火種を探します。
 全面降伏で戦争が終わりそうと聞いて、世界中がずっと喧嘩していたらいいのにとつぶやいていました。
 アシェラッドの方は農村を占拠していましたが、修道士やクヌートが祈りを捧げているのを見かけます。

 修道士は神は己に似せて人間を作ったと言いますが、何のために無力な人間を試すのかと訴えかけます。
 「私はあなたの愛を疑っています」という言葉にクヌートは急に憤り、我らが父の言葉を疑ってはならぬと叫び出します。
 トルフィンは父と聞いて己の父を思い出し、トルケルはデーン人の軍隊がいると聞いてアシェラッド達と確定します。

 トルケルは弁当500人前を準備しろと言い、この喧嘩はまだまだ楽しめると笑顔を見せます。
 アシェラッドは見つかったのはしょうがないと言って早々に出発すると言い、夜までにそりを仕上げろと言ってきました。
 ヴァイキング達はアシェラッドの計画が何度も失敗するのは珍しいと言いますが……

 トルフィンはウサギを手に入れたものの、ラグナルは野菜も食えと言ってきました。
 クヌートは自分でスープを作っていましたが、かつて父親に料理を出したら激怒されたらしいです。
 イングランド兵に見つかったと聞いたラグナルは憤り、アシェラッドを連れてこいと叫び出します。

 ラグナルは地中に潜む敵から攻撃を受け、これもアシェラッドの命令なのだとか。
 王子に関わる話があると言ってアシェラッドを呼べと言ってきたらその本人が現われます。
 アシェラッドはこれから自分が王子を育てると言いますが……

 ラグナルは宮廷では2つの派閥が争っていて、クヌートは一方の旗頭にされているとのこと。
 国の分裂を恐れた王はクヌートを戦死させようとしているらしいですが……
 ラグナルは戦が終わったら一緒に鳥料理でも……と言って息を引き取るのでした。

【感想等】
 クヌートさんのお兄さんは名前くらいしか出ませんが、そのうち兄と弟が対立するのでしょうか。
 戦いが大好きなトルケルさんはドラゴンボールに出ても違和感がなかったかも。
 父なる神と自分の父親を混同するクヌートさんですが、父といえばトールズさんのことを思い出します。

 トルケルさんとの激突はそう遠くない感じですが、クヌートさんがますます女房役に見えてきました。
 夏アニメではウサギさんがいろいろな意味で活躍し、ソウナンですかでもウサギさんを食していたことを思い出します。
 ラグナルさんが退場するのは想定外でしたが、それを知ったクヌートさんがどんな反応を示すか気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム