【アニメ感想】警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ- 第3話「三重の罠」

 トクナナの3話を見て感想を書かせていただきます。
 一つ目の事件に大いに苦戦するバビロンを尻目に、こちらは順調に進んでいるようですが……
 次回タイトルは「四面楚歌」なのかもしれないと思う今日この頃です。

【内容】
 栞はどうして水野を見捨てたのかと責められていましたが、どうやらクジャクの夢だったようです。
 「いつか真実を知らなければならない……兄さんがなぜ死んだのか」とつぶやいていたら爆弾事件の知らせが入ります。
 連続爆弾魔Bは公安が追い続けている爆弾魔でナインとの関わりも示唆されているそうです。

 公安との折り合いが悪い上に、Bの使う爆弾は「魔術」を利用しているとのこと。
 オフィスビル群に4つの爆弾が仕掛けられているらしく、証拠がなければ避難を呼びかけることも出来ません。
 現地にやって来てあっさりと4つの爆弾を見つけ出し、あとは爆発物処理班が動けば終わりみたいですが……

 処理班は別の現場に向かったらしく、現地に向かうはずの1チームはたどり着けないと言われます。
 謎の男が動いたらしく、上司に判断を求めていましたが……
 栞は何か引っかかるのを感じ、爆弾のあるところにやって来ましたが、突然魔法陣が出てきます。

 魔法陣は爆弾の威力を高めるものであり、オフィスビルを全て吹き飛ばすほどの威力になるそうです。
 自分達で爆弾処理を進めることになり、解体手段が同じものの順番が決まっているらしいです。
 公安は独断専行をとがめてきますが、上司は責任は自分で取ると言って話をまとめてきました。

 クジャクは警察をクビになっても構わないといい、栞は逃げた方がましではないかと考えます。
 清司は「未来を守るのが警官」だと言ってギリギリまで考え、爆弾魔の気持ちになって考えていきますが……
 順番には合理的な理由があり、多くの血をドラゴンに捧げる必要があるらしいです。

 一番被害が出る順番を探ることで順番を探り当てますが、謎の男は少し時間を早くしてきました。
 清司は絶対に逃げないと言い、栞が走ってきて「ミスがあったら止めてやる」と言ってきます。
 爆弾の解体が成功したように思われましたが、謎の男はここからは「ナインの力」を使うと言い出します。

 突然、魔法陣から電撃が出てきて、栞は魔法陣を銃撃して攻撃を止めてきました。
 謎の男は「魔術の有用性は証明された」と新たな作戦を展開するようですが……
 「人間の時代は終わりを告げる」という言葉は一体何をさす言葉なのでしょうか。

【感想等】
 クジャクさんのお兄さんのことはいずれわかるとして、何の前触れもなく「魔術」と出てきて驚きです。
 過去の清司さんを助けてくれた謎の男は今は敵っぽいですが、どんな経緯があったのか気になります。
 魔力云々という話題に関して言えば、主人公サイドも魔法を使えるようになるのでしょうか。

 どんなときも逃げない清司さんは立派ですが、その勇気は若さゆえのものなのでしょうか。
 毎回こんなピンチが続いたら命がいくつあっても足りないような気がしますが……
 上では四面楚歌と予測していた次回は「四人の家族」でしたが、どんな内容なのか全く読めません。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム