【アニメ感想】真・中華一番! 第2話「特級面点師」

 中華一番の2話を見て感想を書かせていただきます。
 前作は概ね原作どおりながらも、旧作もしくは無印(真の前)を読んでいないと少しわかりにくかったかも。
 無印1~5巻なら(売っていれば)そろえるのも難しくないのかもしれません。

【内容】
 チョウユは「料理の目的」は何かと問い、マオは「人を幸せにすること」だと即答します。
 食の都・広州では大小さまざまな飲食店がひしめき、陽泉酒家の昼時はあたかも戦場のようでした。
 総料理長のルオウ大師は傍目から見るとただの飲んだくれのおじいさんにしか見えません。

 チョウユはルオウ大師とともに会合に出かけ、メイリィはマオと釣り合えるだけの女になりたいとひと言。
 シロウとの出会いを思い出すとうんざりしますが、そのシロウはマオがいないからと勝手に料理をつくって出してしまいます。
 マオはシロウの野菜炒めは「油通し」していないと苦言を呈し、シェルは責任者を呼んで来いと怒号をあげてきました。

 シェルは3種類の卵を生かした料理を作れと言い、マオの料理を見て鶏の卵、アヒルの卵だとすぐに見抜いてきました。
 食べたら3つ目の「カニ」の卵がそれらの味を引き立てると言って絶賛してきましたが……
 シェルは棒を振り回して自分と勝負しろと言ってきて、棍に刻まれた星はこれまで倒した料理人の数らしいです。

 ルオウ大師によるとシェルは特級面点師らしく、気がついたらマオとシェルの2人で勝負することになりました。
 シェルは裸になった上に棍で逆立ちして回転し、あっという間に十数枚の皮を作ってきました。
 マオは「こっちも回転なのさ!」と言って皮を回転させて巨大な皮を作ってギャラリーを驚かせてきます。

 シェルは棒を2つに分けて振り回し、金華豚をあっという間にミンチにしてしまいました。
 ルオウ大師はシェルの「黄金分割」焼売を食べてうまいと言い、マオはネタがかぶっているから負けたと言い出しますが……
 急に立ち直ったマオは小麦粉を練りはじめ、シロウは敗戦濃厚な流れで「マオ兄を信じろ!」と叫びます。

 マオが作った巨大な「大宇宙(ビッグバン)焼売」は炭火で火を通してあり、なんでも豚1頭を焼売に閉じ込めたのだとか。
 シェルはマオの焼売を食べて己の負けを認め、待ってましたといわんばかりに特級厨師の紋章がはだけてきました。
 シロウはふやけた野菜炒めを作ったと首根っこをつかまれつつも、マオと出会えたからだと感謝します。

 マオを信じ抜いたシロウは「最高のパートナー」であり、メイリィは最後まで信じ抜くことが出来なかったと落ち込みます。
 そこに怪しい男が招待状を持ってきましたが……

【感想等】
 旧アニメに比べて色々なところが省かれてるので、ダイジェストだと思って見た方がいいのかも。
 オープニングを見る限りだとショウアンさんと戦って終わり……なのでしょうか。
 原作をかなり駆け足でやっている感じですし、2クールあればなんとか最後までできると思います。

 原作だとマオさんが勝負を受けるか受けないかと迷いましたが、本作ではあっさりと勝負を受ける流れになってました。
 アニメだったら一度断わったらシェルさんが棒を振り回して店を壊したりしていましたが……
 旧アニメでは2話くらいのお話がすぐに終わり、このペースだと仮面料理人も1話でやっつけてしまいそうです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

真・中華一番! 第2話 『特級面点師』

広州に戻ってきて師匠であるチョウュに会い 精進に励むと言ったマオ。 ちょっと調味料を取りに倉に行ったら 野菜炒めの注文が入り、シロウが作って お客さんに出してしまいました。 大丈夫なの? マオが味見をしたら、脂通しをしていませんでした。 お客さんは、激怒! でも、これはマオと勝負するために お芝居なのね。 シェルは鉄の棒を回転させてシュウマイの皮を作るのは ちょっと...

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム