【アニメ感想】炎炎ノ消防隊 第13話「仕組まれた罠」

 消防隊さんの13話を見て感想を書かせていただきます。
 人の話を聞かない紅丸さんが紺炉さんに説得されて正気に戻る感じでしょうか。
 彼らを争わせていた敵とは一体誰なのか、わたし、気になります!

【内容】
 目を覚ました紅丸は紺炉がボロボロになっているのを見つけます。
 紺炉は紅丸を助けるために「焔ビト」と一人で戦って炭化し、これからは紅丸が浅草を率いるようにと言ってきました。
 全部終わってから来た第4消防隊の隊長は皇王の命令で浅草の皆さんをを第7消防隊にすると言ってきます。

 正式な隊として動いていれば被害が防げたのではないか、紺炉達は逆に国を利用することを思い出します。
 紺炉は紅丸を担ぐために命を捨てられると言いますが、森羅は「みんな大事な命です」と言って自分を使えと言ってきました。
 第7の協力が得られる流れになったかと思えば、浅草の人々は取っ組み合いの喧嘩を始めてしまいます。

 双子が喧嘩しているのを殴り倒したアーサーは「どう見ても女装した小さいおっさん」だと見抜いていたようです。
 「あなたの顔は私のキャンバスよ」とオネエ系の男が人の顔を変えたかと思えば心配してと言って燃やしてきました。
 紅丸は目の前の事態が信じられず、殺気までの自分と同じだったと自嘲し、そこに炎が巻き起こってしまいます。

 敵は「浅草はパワースポット」と意味深なことを言い、混乱に乗じて第8を倒そうとしていました。
 第8は管轄が違うから動けないと言い、浅草の人が皇国式の鎮魂を望んでいないこともあって住民の避難誘導をすることに。
 森羅やアーサーが飛び出していき、小さいおっさんは人間は信用できず、太陽神しか信用できないと言い出します。
 
 桜備は避難誘導をしたものの従ってくれず、統率が取れる人物が必要であるとのこと。
 紺炉は若もとい紅丸を探し回り、紅丸は焔ビトは自分が引き受けようとしますが和を乱す人間が存在するとのこと。
 森羅、アーサーは白装束集団もとい伝導者と戦闘を開始しますが、全く息が合っていませんでした。

 戦闘を繰り広げる中で2人の動きが合ってきて、敵を追い込みますが……
 相手は蟲を出してその場で食べてきて、紅丸は鎮魂しつつも焔ビトを倒していきました。
 そして、そんな紅丸の前に現われた人影は一体何者なのでしょうか。

【感想等】
 大隊長同士の争いにならなかったのはよかったですし、少しずつ仲間が増える流れもよかったかと。
 敵も味方も洗い出していけたら、最後は消防隊を真っ二つに割る戦いになるのかもしれません。
 「火事と喧嘩は江戸の華」という言葉がありますが、浅草の人は本当にこんなにけんかっ早いものなのでしょうか。

 敵が「パワースポット」という言葉を出してきましたが、本作にはおそらく観光地とは別の意味合いがあると思われます。
 真っ白い集団の目的がまだよくわかりませんが、最後は「太陽神」そのものと戦う可能性あるのかもしれません。
 人間は信用できないという言葉はある種の正論ですが、森羅さんとアーサーさんのように話し合えばわかり合えるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム