【アニメ感想】BEASTERS 第2話「学園の心臓部は庭園にあり」

 ビースターズの2話を見て感想を書かせていただきます。
 ハルさんと運命の出会いを果たしたレゴシさんは一体何を思うのでしょうか。
 この世界にもし源蔵さんがいたらどうなっていたのかちょっと気になります。

【内容】
 レゴシはルームメイトのコロにたたき起こされますが、ジャックはなにやら様子がおかしいことに気づきます。
 昨日、レゴシは衝動に駆られてハルを襲い、そこにもう一人の自分の声が聞こえてきました。
 「17年の焦がれていた味だ」と言う声とともに食べようとしたところで相手に逃げられてしまいました。

 劇の練習をしていてたものの、ルイは「ご苦労だったな」と少しデレてきました。
 全寮制の学校では3食は食堂で食べるらしいですが、肉食と草食が共存する関係なのか肉は一切出ないそうです。
 小さなサイズの生徒を踏みそうになったりする一方で、レゴシは昨日のこともあって柔らかいパンを残します。

 男子生徒2人が取っ組み合いの喧嘩をしていましたが、レゴシはつい「やめろ!」と叫んできました。
 そこにルイが出てきますが、彼は「英雄的地位」であるビースターを目指しているらしいです。
 わざと負けようとしていたレゴシを見抜いたルイは「いつまでそのスタイルを通すつもりだ」と言ってきます。

 劇の練習が続けられていて、ルイは体調云々言っている場合じゃないと気合いを入れます。
 ティムが襲われて死んだことは誰にも触れたがらず、ルイは彼なりに一番事件に向き合っているようですが……
 園芸部に行って花をもらってきてと言われたレゴシは草食の部活で大丈夫かと言いつつ引き受けることに。

 庭園のドラを開くと目の前にはハルがいて、レゴシはどうやってこの場を逃れようかと考えます。
 キビは「後はこの狼に聞いて」と言って去っていき、ハルは自分が怖がられていると言いますが……
 鉢植えを運んでくれと言ってくる彼女は一人でたくさんの植物の世話をしているようです。

 ハルは昨日の記憶がないものの、悪い夢でも見ていると解釈してきました。
 レゴシはハルの言葉から目をそらせないでいましたが、もっと君と話していたいとはなかなか言い出せません。
 ハルは「さすがの相手も肉食獣の相手ははじめて」と言って下着姿になって迫ってくるのでした。

【感想等】
 けものみち、アフリカに続く今季第3の「獣」アニメという位置づけなのでしょうか。
 前者2つは割と気軽に見られる作品ですが、こちらはかなり心理的なところが大きいようです。
 実はビースターズが単なる獣の複数形だと思っていたのはここだけの話です。

 高圧的な印象のルイさんでしたが、彼は彼で色々とやることはやっている感じがします。
 キャラクターの動きの一つ一つがぬるぬるしていて、それだけで丁寧に作られているのがわかりました。
 狼を恐れないどころか迫ってくるハルさんですが、うさぎさんは年中発情期ということなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム