【アニメ感想】本好きの下克上 第2話「生活改善と石版」

 本好きの2話を見て感想を書かせていただきます。
 せっかく(?)異世界転生したものの、その世界では簡単に本は手に入らないようです。
 この状況をどんな風に打破するのか、わたし、気になります!

【内容】
 麗乃は貧しい娘のマインに転生したものの、この世界では本はとても高価な品物でした。
 「本がなければ自分で作ればいい」と考えたマインでしたが、紙はどこに売っているのでしょうか。
 髪の毛がかゆくなってきたマインはメリルから油が取れるときいてシャンプーを作ろうとします。

 母親に怒られながらもシャンプーを作ったマインは髪の毛を洗い、髪の毛が夜のお空みたいにつやつやになりました。
 次の日、父親に忘れ物を届けようとしたものの、マインの体力は思ったよりもありませんでした。
 そこにルッツ達が通りかかりますが、マインは彼らの髪の色に驚きつつもクラクラして倒れてしまいました。

 ルッツはマインを心配したものの、体力のあるラルフがマインをおんぶすることになりました。
 ラルフはトゥーリに気があるらしく、いい匂いがするなと言って「少女漫画のヒーローか!」と突っ込みを入れます。
 そしてルッツは「マインもいい匂いだ」と言ってきてマインは赤面してゴロゴロ転がります。

 南門にはマイン達の父親が働いていて、忘れ物を渡して門の中に入れてもらいます。
 父は「要注意」なやつが来たと言っていたら、オットーという若い団員が出てきて伯爵が開門を望んでいるとひと言。
 マインはオットーが紙に文字を書いているのを見て興味を持ち、羊皮紙を買ってほしいと言いますが……

 文字を覚えたいという娘に父は「文字なんて人の名前なんて書けるか」と言い、羊皮紙は給料一ヶ月分だと言われてしまいます。
 オットーは石版を持ってくると言ってマインは「オットーさん大好き!」と言って父の嫉妬を買いますが……
 本作りに手が回らないまま冬が近づき、今日はみんなで豚を解体してソーセージなどをつくって冬を越すらしいです。

 ガタガタの道にアスファルトを見習えと吠えつつ、マインは紙を自作することは出来ないかと考えます。
 パピルスは無理でも草の繊維ならばなんとかなるのではと思いますが……
 目の前で豚が殺されるシーンを見たマインはショックを受けてまたも倒れてしまいました。

 目を覚ましたマインの前にはオットーが出てきて父親が運んでくれたと説明します。
 オットーは石版をくれただけでなくて文字で「マイン」と書いてくれましたが……
 マインは目を輝かせながら文字を書いていき、つい生前の名前「本須麗乃」と書いてしんみりとします。

 母さんや父さん、トゥーリといった身の回りの人達の名前を(日本語で)書くマインさん。
 またも熱を出したマインでしたが、みんなで作ったスープの中に入ったソーセージを食べて「おいしい……」と感動します。
 スープの方は改善が必要だと言いつつも、気絶する前に何かいいことを思いついたのではと言い出すのでした。

【感想等】
 速水さんのナレーションでラディアンを連想したのは私だけかもしれません。
 「本がなければ作ればいい」という前向きな発想は素敵だと思います。
 本を作る前にシャンプーを作る彼女はドクターストーンの千空さんと気が合いそうな気がします。

 シャンプー一つでつやのある髪になるのも、男の子に守ってもらうのもうらやましいかも。
 貧しいながらも親ばかなお父さんは微笑ましいものの、紙を手に入れるのはまだまだ遠そうです。
 オットーさんが意外と重要人物っぽいですが、いずれは結婚……という流れなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム