【アニメ感想】ゲゲゲの鬼太郎 第76話「ぬらりひょんの野望」

 鬼太郎さんの76話を見て感想を書かせていただきます。
 大逆の四将が倒れ、満を持してあのお方が登場するようですが……
 鬼太郎さんにとって最大の試練が訪れたのかもしれません。

【内容】
 鳥取の伊達山ではゴルフ場の計画が進められていて、作業員はどこにそんな金があるのかとつぶやきます。
 大逆の四将は全員封印されて平和を満喫していた鬼太郎でしたが、閻魔大王でも誰が封印を解いたのか知らないそうです。
 なんでも「赤い顔の妖怪」が封印を解いたらしいのですが……

 ぬらりひょんは大塚議員と密会していてお金を出したものの要求を断られてしまいました。
 「政治家の本質は清濁併せ呑むこと」と言い、いきなり議員の乗った車が爆発してしまいます。
 ゴルフ場に場面が移ったかと思えば作業員が何かに巻き込まれ、鬼太郎に助けを求める手紙が届けられます。

 目玉おやじは「バブルのころならいざ知らず……」と言いつつも息子を引き連れて現地にやって来ました。
 現場監督は「早くあんなものは退治してくれ」と言い、鬼太郎は重機の潰されかたを見て土転びの仕業だと推測します。
 元々は樹齢数百年という樫の木の森だったのが伐採され、土転びが住処を奪われて怒ってしまったようです。

 土転びは人間に住処を奪われたことやゴルフ場の建設計画に憤り、目玉おやじは力では何も解決しないとなだめます。
 鬼太郎は問答無用で襲いかかってくる土転びと戦うことになりますが、動きを封じられて叩き潰されてしまいます。
 土転びは自分の住処を奪った人間の住処を奪うと言いますが、ちゃんちゃんこに翻弄されてひげを結ばれてしまいました。

 鬼太郎はこれ以上開発しないように人間を説得すると言い、父親に言われてひげをほどしてやりました。
 解放された鬼太郎は人間を説得しようとしますが、向こうは向こうで生活がかかっていると反論してきました。
 突然に電話がかかってきて開発の中止が告げられ、結果的に土転びとの約束が果たされますが……

 鬼太郎は土転びが朱の盆と密会しているのを発見して「赤い顔」が大逆の四将の封印を解いたという言葉を思い出します。
 土転びは「あの人」ことぬらりひょんに頼んで正解だったと言って去っていきました。
 ぬらりひょんは金で政治家を動かして開発を止めたらしく、妖怪の復権のために使う金なら惜しくはないと言っていました。

【感想等】
 予想していた人も多かったと思いますが、ぬらりひょんさんがラスボスでほぼ確定のようです。
 もともとは人の家に上がり込むだけの妖怪だったのがいつの間に日本妖怪の総大将になったのかは興味深い所です。
 封印についての話題で閻魔様も赤い顔なのはあまり気にしない方がいいのかもしれません。

 ぬらりひょん(CV大塚明夫)さんが作中の「大塚」議員を吹き飛ばしたのはただの偶然だったのでしょうか。
 工事を請け負う業者よりも発注している側を説得する方が……と思っていましたが、政治の力が最強なのかもしれません。
 ぬらりひょんさんの財力がどこから生まれているのかわかりませんが、色々な意味で強敵なのは間違いないと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム