• 2019-09-30 :
  • BEM

【アニメ感想】BEM 第10話「BETRAYAL」

 ベムさんの10話を見て感想を書かせていただきます。
 いい人から先に死んでいく上に濡れ衣まで着せられ、だんだん気持ちが滅入ってきそうです。
 見えざる議会に近づいたダリルさんはどこまで真実に近づくのでしょうか。

【内容】
 「妖怪人間」がギャヴィン殺害の犯人だと言われ、ベラは「いつものやり口よ」とひと言。
 ソニアはベムと行動を共にし、報告を受けたフェルトは自分が事件を取り仕切ると言い出します。
 なんでもソニアがアウトサイドに左遷されたのは「議会」のタブーに触れたからなのだとか。

 ソニアはアウトサイドで暴漢に襲われた時、警官に助けられて刑事を志したとのこと。
 亡きギャヴィンは人間と妖怪人間を区別しませんでしたが、ベムは「妖怪人間」と呼ぶのは人間だとひと言。
 「人間は弱い、だが、うらやましくもある」と言い、見ず知らずの者のために命を投げ出すこともあるとのこと。

 ベロはソニアと行動を共にするベムに「どうせまただまされる」と言い、人間になってもいいことはないと断言します。
 テレビでは妖怪人間は危険だと言われ、ソニアはスマホを出してきて何かをしようとしていますが……
 フェルトは通報を受けて民間人ごと発砲し、犠牲を出しても妖怪人間のせいにするなどと言ってきました。

 ダリルは「見えざる議会」の謎の女と対面し、自分が彼女に代わって町を支配したいと言い出します。
 謎の女はダリルにだけ秘密を教えると言い、彼女は自分が100年以上前にリブラシティを作ったと言い出します。
 彼女を作った錬金術師は火あぶりにされ、500年以上の時を生きてきた彼女もまた「妖怪人間」なのだとか。

 ハラジーは謎の女は死ねない体だと言い、夫婦とともに脱出したソニアは町を離れてほしいと連絡します。
 ソニアは動画配信で見えざる議会について暴露し、警察はDrリサイクルと接触してその力を借ります。
 今まで行動できなかった人達がギャヴィンやベムによって決起し、ベムの話を聞きたいと言ってきたようです。

 フェルトは「君にはしてやられたよ」と言い、ソニアの両親を捕まえたと言い出します。
 ベムはソニアとともにコロシアムへと向かい、フェルトは両親を解放するように指示したとのこと。
 本部長がサイボーグに改造された挙げ句に命を落とし、謎の女が出てきてベムと再会します。

 謎の女はベムを迎えに来たと言い、その瞳で見つめるとベムの動きが封じられます。
 ベラとベロが出てきてソニアは信用できないと言いますが、謎の女にすぐ動きを封じられてしまいます。
 謎の女は自分を「ベガ」と名乗り、全てを終わらせるためにベムの力が必要だと言ってきます。

 ベムは自分が化け物だと言われた過去を思い出してさらなる変身を果たします。
 ハラジーはベムに「めっ!」するとすさまじい光を発してきました。
 ベムは警察に確保され、ベラ、ベロはそれを見つめることしかできませんでした。

【感想等】
 前回からお話は一気に終わりに近づいたと思いますし、放送休止がなければ今日で12話(終)だったのかも。
 ベラさんの「いつものやり口よ」という発言に、彼女達が何度も裏切られたのだろうと推測しますが……
 どれだけ裏切られても人間を信じ、それでも人間になろうとする彼らの原動力は一体何なのでしょうか。

 情報操作や強引な手法がどこまで許されるのかわかりませんが、相手はかなりの権力であるのは明らかかと。
 見えざる議会が公理協会で謎の女が(中の人が同じ)アドミニストレータさんだと思うと理解が早いかも。
 どんな形であれ、シャミ子ハラジーさんが無事だったのはよかった……のでしょうか。

 動画配信が決め手になるのは現代的ですが、一家を人質に取ってくるのは古典的な手法……でしょうか。
 両親の命を盾に離反させようとせずにあっさり逃がしたのはちょっと意外でしたが……
 ベムさんの暴走に「かつかみ」のハンクさんを思い出しつつ、残りのお話も見ていこうと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム