【アニメ感想】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(終)「神様も知らないヒカリで歴史を創ろう」

 シンフォギアの5期最終回(13話)を見て感想を書かせていただきます。
 今思えば1期1話からずっと最終回のような勢いで突っ走ってきたような気がします。
 果たして最後の最後にフィーネさんとウェル教授は出てくるのでしょうか。

【内容】
 シェムハの前に現われた響達が飛んできてかっこいいポーズを決めてきました。
 響は「私が誰かを困らせていたら……」という未来の言葉を思い出し、キャロルと共闘してシェムハと戦います。
 6人の装者とキャロルが攻撃を仕掛けたものの、シェムハは「決戦体」にパワーアップします。

 シェムハは大量の眷属を生み出してきて、個の統合を試みたのだと言ってきます。
 響はまたも未来を思い出して戦いに参加しますが、未来が統合を受け入れたと聞いて愕然とします。
 7人がかりの攻撃でシェムハを圧倒したものの、未来の声を聞いては決心が鈍ってしまいます。

 キャロルはエルフナインを含む思い出を焼却してシェムハの攻撃を受け止めてきました。
 響は未来を奪いたいと言いますが、キャロルはシェムハに倒され、シェムハはあるべき形へ帰るのだと宣言します。
 シェムハは人々の命と力を統合してきましたが、響は「呪いと祝福は裏表」と言って攻撃を仕掛けてきます。

 響は「隔たりなくつながれたのは神さまだけじゃない!」とシェムハを圧倒し未来を奪還すると宣言します。
 未来をハグしてお姫様抱っこした響で前半を締めくくり、エルフナインは自分を守って消滅したキャロルに涙を浮かべます。
 装者6人は中枢を叩いて砕けばユグドラシルの機能が停止されると飛び込んでいきますが……

 未来は神獣鏡を身にまとって響達と合流し、エルフナインは全てを爆破伐採しなければならないと言ってきます。
 7つの調和はあらゆる方法で隔たりを取り除き、これまで死んだはずの人達が次々と出てきます。
 ユグドラシルが崩壊して世界は救われますが、最後にシェムハが迫ってきてなぜ一つに溶け合うのを拒むのかと問います。

 答えを聞いたシェムハは巨大な腕で響達を無事脱出させてくれました。
 守った世界の夜明けを見てエンディングが流れ、翼は司令とともに父親の墓参りをします。
 最後は響と未来が手をつないで流れ星を見て全5期のお話に終止符を打つのでした。

【感想等】
 最初から最後までが最高潮、クライマックスのような盛り上がりを持続したのはすごいなと思います。
 響さん達を最も苦戦させた(と思う)キャロルさんが仲間にいることはこれ以上ない心強さです。
 キービジュアルの段階で未来さんが敵なのはわかっていたもののここまでの戦いになるとは思いませんでした。

 ワイルドアームズから連綿と受け継がれた思いがシンフォギア5期をもって結実したのかもしれません。
 響さんが未来さんをハグし、エルフナインさんとキャロルさんが抱き合ったところでカ・ディンギルを建てたくなります。
 2期以来の神獣鏡を見られたのは感激ですし、死んだ人達が次々と出るところは感動しかありませんでした。

 ラスボスであったシェムハさんともわかり合えたことが人類がわかり合える可能性を示したと思いたいです。 
 キービジュアルが一番最後の画像だったのは色々な意味で驚きましたが……
 全てを出し切ったシンフォギア装者のように、人とわかり合える可能性を模索しながら生きていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム