【アニメ感想】鬼滅の刃 第26話(終)「新たなる任務」

 鬼滅の刃の最終回(26話)を見て感想を書かせていただきます。
 長かったお休み(もとい修行パート)も終わり、炭治郎さん達に新たな任務が与えられるようです。
 ラスボスである無惨さん達の動きも気になりますが……

【内容】
 炭治郎は修行の成果もあってカナヲとも互角に渡り合えるようになっていました。
 五分五分の勝負の後は善逸、伊之助と一緒に外を走ってくるのですが……
 一方、無惨(女装?)は十二鬼月の「下弦」を集めて何かしようとしていました。

 無惨は累が殺されたと言い、十二鬼月になってからが始まりなのだと説明します。
 上弦の鬼の顔ぶれが変わらない一方で下弦の鬼はかなり入れ替わっているようです。
 無惨は疑念を抱いた鬼をその場で抹殺し、逃げた鬼もまたその場で首だけにされます。

 もう上限だけでいいのではないかと言い出す無惨に対し、1人は血を分けて強くしてくれと言ってきます。
 最後に残った鬼は残してくれて感謝しますが、血を分けてもらったもののすさまじい衝撃を受けます。
 無惨は「花札のような耳飾りの鬼狩り」を殺せばさらに血を分けてやると言ってきますが……

 炭治郎は夜中からたたき起こされ、無限列車の被害が拡大したと言われます。
 直ちに西に向かって煉獄と合流しろと言われた炭治郎は現地に向かうことに。
 しのぶは炭治郎の伸びしろは期待以上だと言い、無惨を倒す目的があると説明します。

 炭治郎の父が「火の呼吸」を使ったことから、炎柱の煉獄が何か導いてくれるのではないかとのこと。
 最終選抜に残った同僚はしばらく見ない間にムキムキになっていました。
 炭治郎は葵に修行に付き合ってくれたことに感謝しますが、葵は自分は戦いに行けなかった腰抜けだと自嘲します。

 カナヲが話しかけてくれたことに喜ぶ炭治郎ですが、どうでもいい、さよならしか言ってきませんでした。
 コインを投げた炭治郎は表が出ればカナヲが心のままに生きるようにと言ってきました。
 「心はどこまでも強くなれる」と手をつないできた炭治郎に思わずドキドキしてしまうカナヲなのでした。

 炭治郎、善逸、伊之助は息で大きなひょうたんを破壊できるようになりました。
 義勇は修行を続けるようにと言い、炭治郎は義勇が禰豆子を助けてくれたことに感謝します。
 「礼なら仕事で返すがいい」と義勇はかっこよく去っていき、善逸は節度を覚えろと言われます。

 伊之助は列車を見て「土地の主」だと言って、炭治郎は守り神かもしれないと言ってきました。
 善逸はこれが列車だと言いついでに「この田舎者め」と暴言を吐き、伊之助は列車に突進して怒られます。
 鬼殺隊は非公認組織で廃刀令違反の炭治郎達は警官が出てきたら逃げるしかありませんでした。

 警官を警戒しつつも列車に乗り込んだ炭治郎ですが、善逸は最後まで叫び声を上げてきました。
 炭治郎は無惨との出会いや累との戦いを思い出し、禰豆子を必ず人間に戻すと宣言するのでした。
 そして2期放送……ではなく劇場版の告知でお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 初回から緑川さんが敵として出てきた時は衝撃を受けたことを覚えてます。
 毎回ながらキャストの豪華さに驚き、気がついたらW以降のガンダムの主要キャストがほとんど出そろったことに……
 下弦の鬼で保志さんが出たのであとは宮野さんが出てきたら完璧なのかもしれません。

 修行の成果もあってカナヲさんとほぼ互角になり、今なら十二鬼月ともいい勝負ができそうな気がします。
 女性の姿で思いきり男性の声が聞こえたのは色々な意味で驚きました。
 人間の世界だけでなく鬼の世界もリストラの嵐が吹き荒れ、世知辛いなとつくづく思います。

 しっかり葵さんもカナヲさんも攻略していく炭治郎さんは天然ジゴロなのでしょうか。
 付近で上映されるか怪しい劇場版よりも2期放送のお知らせだったら言うことはありませんでした。
 再びテレビの前で元気にはしゃぐ炭治郎さんを見たいなと思いつつ一度筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム