【アニメ感想】まちカドまぞく 第12話(終)「伝えたい想い!!まぞく新たなる一歩!!」

 まちカドまぞくの最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 優子さんは傷ついた桃さんの心を癒すことができるのでしょうか。
 まぞくと魔法少女との間に友情は成立するのか、わたし、気になります!

【内容】
 桃は傷ついたまま去っていき、母は娘を信じ切れていなかったと反省します。
 封印されたお父さんを踏み台や机として利用しつつ、父親があまりにも若かったことに驚きます。
 母は眷属になったとたんに老け止まりになったとのことですが……

 優子はサプライズに慣れてきたらしく、自分の戦う理由も見つけられたそうです。
 自分が勝つその日まで桃を追いかけるという優子はタイヤの恨みを晴らすと言って出ていきます。
 優子は逃げた桃を追いかけていくと、投げられたご先祖を回収します。

 ご先祖ですら優子の父が何なのかわからず、母からは人形供養寺に送り込むと言われて聞けなかったそうです。
 桜は優子を元気にした恩人ではありますが、このまま放置していると桃と二度と会えなくなるかもしれない感じがします。
 ご先祖は桃がへこんでいるのはチャンスだと言い、桃を誘惑してみせろと言ってきました。

 ミカンはビタミンCを取れと言ってきましたが、事情を聞いて「初耳なんですけど!」などと言い出します。
 雨を浴びせられた優子は危機管理フォームに変身しますが……
 ミカンはどうして桃が自分を頼らなかったのかと言い、優子は桃のことを教えてほしいと訴えます。

 桜が失踪したときには桃は別のところに預けられていたそうで、まぞくと魔法少女が出会うのは本来あり得ないそうです。
 優子は高台で桃を発見し、桃はミカンが動揺するからずっと隠してきたそうです。
 桃は優子の父を封印したのが姉ならばもう仲良くする理由がないと突っぱねてきますが……

 優子は仲良くする理由がなくてもそばにいると言い、桃に自分の眷属になれと言い出します。
 自堕落になるし自分よりも闇っぽいオーラを出す桃は優子よりもまぞく向きらしいです。
 優子は桃が無理をしていると言い、桜を探し出し、全てほしいものを取り戻すと言ってきました。

 「闇墜ちで結界回避」という選択肢は優子のものであり、もしリリスのものなら砲丸投げすると言い出します。
 変わらずにいてくれるかと問いかける桃でしたが、自分にこんなハッピーが降りかかるわけがないと考えます。
 優子の眷属になることで弱くなると知った桃はご先祖を投げ飛ばし、優子が自分の代理として姉を探すようにと言います。

 桃は強引に話をまとめ、お腹がすいたから一緒に帰ろうとひと言。
 ポッキンアイスを買ってきて2人で分けようとしますが……
 アイスを割れなかった優子は「これで勝ったと思うなよ」と言ってきます。

 母は父のことを正直に話し、良子は父がプリズンにお勤めしているのではと思っていたそうです。
 父親の名前がヨシュアで昔のメソポタミアによくある名前で、ヨシュアをもじって「吉田」になったのだとか。
 ミカンはもう少し自分を出せと言い、猫は目を輝かせて「時が来てるぞ」と言ってきました。

 1学期が終わり、優子は果たし状を書いていたら先生に決闘は法律で禁止されていると突っ込まれます。
 先生に言われたとおりに書いたら桃がいつもと違う服だったことに驚きますが……
 手紙を読むと眷属にすることを諦めていないらしく、自分に主導権を握らせてほしいと書いてありました。

 桃は優子の手紙は修行を休んで遊びに行こうという意味だと考えます。
 聖域はまぞくと魔法少女が共存する妙な町らしいのですが……
 体操服で待ち伏せていた優子はおめかししてきた桃を見て呆然とするのでした。

【感想等】
 アニマエールから2クールを経たきらら系は、シリアスとギャグが入り交じった快作でした。
 ミグミグ族の生き残りがプリキュアを経てまぞくになったという経緯も中々に興味深いです。
 対する桃さんはトレーニング大好きで「ダンベル何キロ持てる?」でも違和感がなかった……かも。

 前半はドタバタだったのが前回と今回はきらら系に珍しくシリアスな展開になったのは驚きでした。
 普通の学園ものだけではきらら系の中でアニメ化を勝ち取ることができないのかも。
 闇墜ちや眷属というきな臭い用語が出てもここまで安心して見られる作品は他にはないかと。

 本作は風前の灯火だったきらら系アニメを復活させた功績を補っても余りある作品でした。
 残念ながら秋はきらら系が存在しないようですが、いつかは本作の2期が出てくることを願いたいです。
 来年はごちうさの3期もあるそうですし、毎期ごとにきらら系が見られる日もそう遠くないと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

猫さん、こんばんは!
夜分のコメント失礼します。
まちカドまぞく、私も一挙放送で
何とか見ることができました。
シリアスと笑いのバランスが良い作品ですね

魔法少女の変身はよくあることですが
魔族の変身シーンはちょっと珍しいかも?
敵対する種族同士があれこれ言いながら
日々を過ごすことに感動した私でした。
シャドウミストレス優子さん、
ちょっとかっこいい名前ですね。
猫さんも二つ名を考えてみては?

シャミ子さん、桃さん、ミカンさん
どのヒロインもそれぞれ苦労があるでしょうが
彼女らがよい友達関係であれるよう
私も応援してみたいです。
作中に出てきた「おもいさわ」は
軽井沢のパロディでしょうか。
景色を眺めるのにも絶好の場所ですので
ぜひ一度おいでください。

それでは、おやすみなさい。
猫さんもよい夢が見られるといいですね!

Re: No title

> 猫さん、こんばんは!
> 夜分のコメント失礼します。
> まちカドまぞく、私も一挙放送で
> 何とか見ることができました。
> シリアスと笑いのバランスが良い作品ですね

 こんばんはです。
 まちカドまぞく見ることができて何よりでした。
 アニマエール以来2期ぶりのきらら系は
 まれに見る傑作だったと思います。

> 魔法少女の変身はよくあることですが
> 魔族の変身シーンはちょっと珍しいかも?
> 敵対する種族同士があれこれ言いながら
> 日々を過ごすことに感動した私でした。
> シャドウミストレス優子さん、
> ちょっとかっこいい名前ですね。
> 猫さんも二つ名を考えてみては?

 主人公が「まぞく」というのはなかなか面白いです。
 本来対立する2つの種族が手を取り合うのは素敵な設定だと思います。
 いつしか「シャミ子」と呼ばれる二つ名も面白いです。

> シャミ子さん、桃さん、ミカンさん
> どのヒロインもそれぞれ苦労があるでしょうが
> 彼女らがよい友達関係であれるよう
> 私も応援してみたいです。

 桃さんの過去はかなり重たそうな感じでしたが、
 2期があればそのあたりもわかってくるのかもしれません。
 是非とも2期放送を期待したいところです。

> 作中に出てきた「おもいさわ」は
> 軽井沢のパロディでしょうか。
> 景色を眺めるのにも絶好の場所ですので
> ぜひ一度おいでください。

 軽井沢行ったことはないですが、
 いずれは行ってみたいなと思います。

> それでは、おやすみなさい。
> 猫さんもよい夢が見られるといいですね!

 今日は早めに目が覚めてしまいましたが、
 よく眠れたと思います。
 今日もどうかよろしくお願いいたします。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム