【感想】坂本ですが?(9話)「坂本君と私の出会い/一番近くて遠い人」

 早く戻れたので坂本ですが(9話)を見ました。
 公開開始から1日程度でもう10万近く再生とは、さすがは坂本君です。

1 「坂本君と私の出会い」
 女子3人(以下:委員長、めがね、お下げ)が三者三葉のように仲良くお弁当を食べていると、坂本君がお手玉のように肉まんを覚ましているところを見つけ、それで各自の坂本君との出会いを思い出します。

 委員長と坂本君の出会いは、入学試験の日でした。
 寒さでかじかんで消しゴムを落とした委員長に対して、それを拾った坂本君は、摩擦で消しゴムを暖めてくれ、そのおかげで委員長は試験に通ったそうです。

 めがねの子は、入学式の日を思い出します。
 ひどい嵐で傘が吹き飛んでいく中で、坂本君は逆さになったかさで雨水をためてソムリエをしていました。
 おかげで雨が好きになったとのことです。

 お下げの子が思い出すのは入学式前日のことでした。
 教科書を受け取りに行った彼女ですが、手提げ鞄を忘れてきたことから素手で教科書を運びます。
 途中で転んでしまうのですが、坂本君が(教科書を)お姫様抱っこしていたのです。

 3人はそれぞれ自分との出会いが一番ロマンチックだったと考えていました。
 しかし、久保田君と坂本君の出会いについて聞こえてしまいます。
 その内容は、久保田君の薬指にそっと、坂本君がいぼを隠すためのサポータをはめたというものでした。
 一番ロマンチックな出会いは、彼だったもようです。

2 「一番近くて遠い人」
 坂本君の授業風景を見つめている久保田君の様子がなんだかおかしいです。
 実は、その正体は久保田君のお母さんでした。
 学校の先生から、坂本君のおかげで子どもの成績がよくなったことを知り、息子が熱を出したことを幸いに、学ランを着て学校にやってきたのです。
 でも、友達の一線を越えないようにとは考えているようです。

 調理実習で本職のお母さんらしくみそ汁を作る久保田君(のお母さん)。
 坂本君が味見をして、その小皿を渡されますが、友達としての一線を越えないようにとためらっているうちに、女子たちが間接キスを巡って争い(コメントでは「聖杯戦争」と書かれていました)を繰り広げます。

 久保田君(のお母さん)は、体育の着替えでは、坂本君の体を見たいと思いながらもトイレに移動して着替えます。
 ランニングでは坂本君のダーウィン走りに必死についていき、「せめてそばにいさせて!」と見苦しい姿を見せますが、転んでしまいます。
 手をさしのべる坂本君に対して、久保田君(のお母さん)はそれを拒否して去ってゆきます。

 教室に戻ってきた久保田君(のお母さん)は、坂本君のまなざしが自分ではなく、息子を見ていることに気づきます。
 そこに不良たちが「おっぱいさわらせろ!」とやってきて、坂本君に本当の姿を見せられるのならいいかと諦めを示します。
 しかし、坂本君はカーテンを結んで、巨大なおっぱいを作り出し、男子は大喜びします。
 その光景を見て、久保田君(のお母さん)は、自分が母親であることを思い出しました。

 恋する女から一人の母親に戻った久保田君(のお母さん)は、「僕(つまり久保田君)と仲良くしてあげてほしい」と言い残して去り、坂本君は「もちろんです」と答えます。
 戻ったお母さんは、久保田君におじやを作って、その回復を祈願するのでした。

3 感想
 前半は相変わらず想像の斜め上を行く面白さでしたが、後半がいつもとは一味違うお話でした。
 序盤はお母さんの坂本君への執念が怖かったですが、それでも一線を越えないようにしていたお母さんはある種冷静だったようにも見えますし、最後に自分がお母さんだと思い出した辺りは普通に感動しました。
 声優さんが豪華な上、時々感動をさせるお話を挟んでくるとは、かつてのおそ松さんを思い出してしまいます。

 次回予告の声では、FATEのランサーさんの声が聞こえてきます。
 FATE/ZEROのランサーの声優さんは坂本君こと緑川さんでした。
 ダブルランサーと聖杯戦争の行方が、私、気になります!

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム