【アニメ感想】PSYCHO-PASS サイコパス2 第7話「見つからない子供たち」

 サイコパスの2期7話を見て感想を書かせていただきます。
 折り返し地点ともいえる6話で鹿矛囲さんと対面を果たした朱さんでしたが……
 鹿矛囲さんの行動を通じて視聴者に何を問いかけるのでしょうか。

【内容】
 事件はまだ続いているにもかかわらず、ついさっきまで操られていたドローンに頼ることに。
 美佳は次々と執行対象を処理していく一方で、雑賀は鹿矛囲の隠れ家には大量の臓器が保管されていたとひと言。
 「増田」のように他人になりすました人間が鹿矛囲の仲間なのかと問いますが……

 朱は相手を打てなかったと言いますが、東金は鹿矛囲を逮捕できるのは朱だけだと確信します。
 複数のドミネーターを手に入れたことから鹿矛囲の目的は単独ではなしえないことが明らかですが……
 突然、狡噛の声が聞こえてきて重大な仕掛けが案外近いところに転がっているのではと言ってきます。

 東金はスキャンで認識できない鹿矛囲の体質を調べることが事件解決の近道だと言ってきました。
 雑賀は酒々井は鹿矛囲にとっての駒であり、酒々井の反応が今後8人に増えるのではないかと行ってきます。
 犯罪者に協力する監視官が野放しであることに疑念を抱きますが……

 宜野座や東金は少し休んだ方がいいのではと言い、朱が引っ越していないことに呆れてしまいました。
 おばあちゃんが収容されている施設に異変があったそうですが、無事だったのでちょっと安心しました。
 そのおばあちゃんは命の重たさを知っていることは何があってもなくしてはいけないと言ってきました。

 朱は酒々井を放置しておくのはおかしいと言いますが、局長はクリアなままの彼女を止める理由はないと一蹴します。
 既存の制約に縛られたままでは鹿矛囲は裁けないと主張する朱ですが、局長はそもそも前提条件すら信じていないようです。
 シビュラが免罪体質を取り込むことでシステムを維持する一方で、鹿矛囲を人知れず処分しようとしているようです。

 朱は鹿矛囲を逮捕して法の裁きを受けさせると言い、東金は部屋に何者かが潜入したことに気づきます。
 美佳は古い人事ファイルを見て東金の過去を調べていたら呼び出しを受けます。
 増田とされる男はすでに命を絶ち、敵がそれほどまでに鹿矛囲に心酔していることがうかがえますが……

 雛河は現場に残された薬物を見て普通の知識ではないと言い、ホロウが白衣をまとっていたと言ってきます。
 15年前の航空機事故が再び浮上し、この事故で死んだ全ての子供達を洗い直すことに。
 墜落事故で唯一生き残ったのが鹿矛囲でしたが、公安の権限でも閲覧が制限されていました。

 朱は美佳とともに当時の執刀医の桝崎にあたり、雛河には残りの被害者のホロウを調査させます。
 鹿矛囲は桝崎と話をしていてあとはシビュラの場所を洗い出すだけだと言っていましたが……
 朱は桝崎を確保しますが、その裏を取る必要があると言い、弥生と師恩は2人で行動していました。

 雛河が薬剤特許を調べていたら東金財団という団体が出てきます。
 雑賀は桝崎が全てを話すつもりだと言い、雛河は全員の成長復元ホロウを作ったとのこと。
 プログラマーをはじめ複数の関係者が浮上し、鹿矛囲はずっとそばにいたとのことですが……

【感想等】
 最初から情報量が盛りだくさんで、この作品がいかに緻密に作られているのかがわかります。
 きつい展開が続くと関係者の方々も色相も相当濁ってしまっているのかもしれませんが……
 なにげに2期の制作がタツノコプロさん(最近だと「エガオノダイカ」でしょうか)だったことを知って驚きました。

 今回は珍しく流血もあまりありませんでしたし、朱さんとおばあちゃんのやりとりにちょっと癒されました。
 弥生さんと師恩さんがえすいばつしているような描写があったのが気になりました。
 ここにきて一気にお話が動いてきましたが、この流れだと東金さんが敵……なのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム