【アニメ感想】炎炎ノ消防隊 第11話「第8特殊消防隊結成」

 消防隊さんの11話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は幹部そろい踏みの会議で、弟さんが敵っぽいこともわかりましたが……
 弟さんとの対決は2クール目に持ち越しということでいいのでしょうか。

【内容】
 桜備は「第8」がどう結成されたかについて語るようにと火縄に命令します。
 3年前、火縄は軍人の一人であり、茉希は中将の娘でコネで軍隊に入りながらも努力しているそうです。
 火縄は「無駄な努力は努力とはいわない」と合理主義的な人のようです。

 同僚の東条は火縄の優しい一面を知っていましたが、火縄は人体発火した彼を撃てなかったことを悔やみます。
 当時の桜備は一般の消防士であり、人命や遺族の想いよりも点数稼ぎを優先する特殊消防隊に憤りを覚えます。
 彼らは成果を点数化することで士気を高めているらしいのですが……

 いたたまれなくなった桜備は自分が鎮魂を行うと言い、火縄は「処罰など焔ビトの苦しみに比べたら」とテープを剥がします。
 桜備は死にゆく焔ビトに何が出来るのかと問い、それが鎮魂をする人にとっての救いでもあると言ってきます。
 「君は優しい男だ」と言われた火縄は東条のことを思い出し、桜備は自分を信じるより他人を信じることは難しいと言ってきます。

 桜備は自ら特殊消防隊を作り、焔ビトの謎を追究することを決意します。
 2人はボロボロの教会を本拠地にしますが、信用できる隊員を見つけるのは中々難しいとのこと。
 火縄は誰よりも優しい茉希は第8にふさわしいと言って推薦してくれたそうですが……

 第8の精神を聞いた後は初出動の事件では見慣れない赤いクロス等不審な点が多く残るそうです。
 現場の浅草は第7の管轄であり、その隊長である紅丸は大福をもらったので部下(ヒナタ、ヒカゲ)に分け与えます。
 紺炉は第8がガサ入れをしたいと言ってきたことを報告し、桜備達は有無を言わさず直接やって来ました。

 紅丸は「馬鹿正直に信じる気はない」と言い、疑うことを知らない犬に言われたくないと煽ってきます。
 森羅の挑発に対して「火事と喧嘩は江戸の華」と言っていたら本当に火事が起こります。
 紅丸は纏に炎をつけて投げ飛ばして家を吹き飛ばし、なんでも自由自在に発火・操作することが出来るそうです。

 「よくがんばったな」と紅丸は焔ビトを葬り、おばあさんによると町を壊すのも「手向け」なのだとか。
 森羅は紅丸の荒々しい鎮魂を見て言葉を失い、紅丸は大福を食べて「甘え」とつぶやくのでした。

【感想等】
 弟さんと混同しないように、今回から森羅日下部さんを森羅さんと呼称しようかと。
 それはそれとして、火縄さんだけでなくて茉希さんも元軍人だったのはちょっと驚きました。
 彼らの深い悲しみと怒りが原動力になって新たな組織を作るのは素敵だと思います。

 後半は前回ちょっと出てきた紅丸さんのお話で、上官に喧嘩を売る森羅さんは相変わらずでした。
 相手に寄り添っているのは第8とどこかで通じるところがあるように思えますが……
 結局、一番目の事件の謎はわからなかったのですが、来週にならば少しは教えてくれるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム