【アニメ感想】Dr.STONE 第12話「背中合わせの仲間たち」

 ストーンさんの12話を見て感想を書かせていただきます。
 ラボを手に入れた千空さんは今度は硫酸の採取をもくろんでいるようです。
 本作は2クールあるようですが、司帝国とどう戦っていくのでしょうか。

【内容】
 銀狼は銀の槍が手に入ると思って喜びますが、コハクからは口よりも手を動かせと言われます。
 千空は銀狼にチームの護衛をするようにと言い、銀の槍はセンサーになるとのことですが……
 さすがに「槍が黒くなったら数秒先に死ぬ」と言われると危険を感じるしかありません。

 千空達は最難関素材「硫酸」の源泉にやってきて、銀狼なその美しい色合いに我を忘れます。
 窪地には毒ガスがたまりやすく、それが銀狼の「銀」に反応して黒くなるようですが……
 コハクや銀狼を引き戻し、毒の恐怖を見せつけるかのように鳥が次々と命を落としてしまいます。

 錬金術のさなかに発見され、化学産業の根幹になっているのが硫酸であるとのこと。
 千空は「自然がその気になれば人間はイチコロだ」と言い、ガスマスクを作ると言ってきました。
 全滅を回避するためにクロムを残し、自分の知識を全て伝承すると言い出しますが……

 クロムは「てめえがくたばったら科学はゲームオーバーだぜ!」と言い、2人で行くのが最善だと言ってきます。
 コハクは母親の死後、巫女の役割は「話」を受け継ぐことだと言い、ルリが死ぬことを前提とした考えに反発します。
 クロム、コハクの会話の後、夜が明けて毒ガスを中和するためのガスマスクを作り出しました。

 死にかけた銀狼はもう行きたくないといい、千空は槍が黒くなったのは呪いではないと行って元に戻します。
 すぐに槍が黒くなってきてましたがマスクのおかげで無事で、銀狼は「怖いに決まってるじゃないか」と正論を説きます。
 カセキは「怖がりが長生きの秘訣だ」といい、怖がりではない人間などいないと言ってきました。

 千空はガスマスクから空気が漏れそうになり、クロムは転落しそうになったところを銀狼に助けられます。
 3人の努力もあって硫酸を手に入れ、これでサルファ剤は目の前……でしょうか。

【感想等】
 まずは本作と消防隊さんが2クール続き、さらにはヴィンランドサガも継続らしいです。
 銀狼さんがうれしそうなのを見るとこちらもなんとなくうれしくなってきましたが……
 数秒後に死ぬと言われたらジャンプ漫画の大先輩「北斗の拳」を思い出すのは気のせいでしょうか。

 危険極まりない硫酸を前にしては、さすがに千空さんもシリアスにせざるを得ませんでした。
 クロムさんが千空さんをにらみつけてきたところはかっこよすぎてぐっときました。
 涙目の銀狼さんに善逸さんを思い出しつつ、最後はどんなところに着地してくるのかすごく気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム