【アニメ感想】まちカドまぞく 第11話「夢ドリーム再び!!桃色防衛戦を突破せよ」

 まちカドまぞくの11話を見て感想を書かせていただきます。
 最終回が着実に近づく中、優子さんは桃さんの心を開かせることが出来るのでしょうか。
 公式サイトにお父さんの謎と書かれているのがすごく気になるのですが……

【内容】
 優子はこれまでの桃の会話から、彼女と対等に渡り合うために心を開かせようと考えます。
 オープニングの後、ご先祖は桃の心の中に入れと言い、自分に土下座するように仕向けろと言ってきました。
 意を決した優子は布団を敷き、ご先祖は一度侵入した夢ならば直通だと言いますが……

 たくさんの写真でチャンネルをつなげつつ、優子は再び桃の潜在意識までやってきました。
 武器は想像で作れるはずが割り箸鉄砲やフォークしか作れませんでした。
 ご先祖は「健闘を祈る」と言って通信を切りますが、目の前には猫の顔をした人間(?)が立ちはだかります。

 猫の人は優子に先代「千代田 桜」と同じ気配を感じると言い、優子は危機管理フォームになりながら攻撃をかわします。
 追い込まれた優子は足が生えたニューご先祖を出して使いの目を引きますが、扉を開こうにも固く閉ざされていました。
 優子はお弁当を出したら桃が扉を開けてくれて、中に入れたかと思ったらいきなりお説教が始まります。

 ご先祖によると桃は覚醒状態にあるらしく「コーラうめえ」と言って通信を切ります。
 優子は「これで勝ったと思うなよ」と言いますが、優子は部屋から出られなくなってしまいました。
 桃は夢に入る能力があるなら悪いことをいくつも思いつくといい、優子が無理して戦っていると言ってきます。

 優子は自分が体が弱かったと言い、ついでに目も悪かったと言ってきました。
 桃は優子が大事なことを隠していたと言いますが、優子もまた桃が消えたら嫌だと言ってきます。
 父親は出稼ぎに行っているそうで、話を聞いた桃は「シャミ子は色んなことを知らなすぎる」とひと言。

 桃は父親の出稼ぎは嘘だと断言し、母親がそのカギなのではないかと主張します。
 ミカンは桃をたたき起こして夢の世界が壊れ、桃はもっとご家族と「対峙」した方がいいと言ってきました。
 目を覚ました優子は桃がお母さんと「退治」した方がいいと聞き間違えて覚えていました。

 危機管理フォームで桃を追い払おうとした優子ですが、ご先祖は桃に投げ飛ばされてしまいました。
 優子はお好み焼きのことを思い出して、ここを通りたければ自分を倒せと言ってきましたが……
 桃は聞きたいことがたくさんあると言い、お母さんは優子の変身はやらないほうがいいと忠告してきます。

 父と母は魔法少女に結界付きの部屋をあてがってもらったそうで、先代の魔法少女は義理の姉で行方不明なのだとか。
 母によると優子は封印で能力が差し押さえされているのではと考えつつもなんとか命をつなぎ止めたそうです。
 桜が封印を捜査することで金運を犠牲にして優子の命を救い、吉田家は月4万円の生活になってしまったのだとか。

 父親は出稼ぎに行ったわけではなく、桜にミカン箱へと封印されてしまったそうです。
 話を聞いた桃は姉が一家から父親を奪ったことを知り、気持ちを整理する時間がほしいと言って去っていきました。
 桃の態度を見た優子は一体何を思うのか、わたし、気になります!

【感想等】
 夢とドリームは同じ意味ではないかと、そんな突っ込みを入れるのは野暮なのかもしれません。
 1話1話がとにかく面白く、きらら系の底力を見せつけた作品と言ってもいいのかも。
 そうかと思ったら、秋にきらら系がまたなくなっていてショックを受けたのはここだけの話です。

 深層意識に入り込んだものの、武器が割り箸鉄砲やモップ……というのがなんだか面白いです。
 行方不明のお姉さんといい、お父さんのことといい、急にシリアス方向に突き進んでしまいましたが……
 残り1話をどうやってまとめるのかわかりませんが、いっそ分割2クールやってほしいなと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム