【アニメ感想】異世界チート魔術師 第11話「マーウォルトの会戦」

 異世界チートの11話を見て感想を書かせていただきます。
 王弟さんが性懲りもなく攻めてくるらしく、太一さんも戦いにかり出されることになりました。
 ロドラさんの背後にいる謎の人物は一体何者なのでしょうか。

【内容】
 王弟は軍を進めていましたが、その「右腕」の男は不敵な笑みを浮かべていました。
 国王もまた大軍を率いて激しい戦いが繰り広げられ、元々は高校生だった太一は隔世の感を覚えます。
 「彼は授けた力を使いこなせるかな」と言っている謎の女性は何者なのでしょうか。

 凜の前にはスソラという重戦士が立ちはだかり、ミューラの前には特徴的な前髪の男が出てきます。
 レミーアは立ちはだかる相手の動きを封じますが、ミストフォロスなる男が出てきました。
 太一は敵陣に踏み込んで国王の代理として休戦を申し出て、ここで王弟を捉えることも出来ると言ってきます。

 レミーアはミストフォロスを退け、容赦なく巨大な炎で焼き尽くしてきました。
 「雇われの冒険者風情が死んで何の意味がある?」と煽ってきた男はミューラに首筋を切られます。
 王弟はどうして自ら王にならないのかと問いますが、太一はめんどくさいとだけ答えます。

 「力ある者は時として大きな事をなさねばならぬ」と語る王弟は生まれた瞬間から国に命を捧げているとのこと。
 右腕の男は突然真っ黒くなり、凜、スソラはゾンビ(?)になった兵士に囲まれてしまいます。
 王弟の副官であった男は「至高のお方」の命令で動いているそうで、内乱を起こすことが「あのお方」の望みらしいですが……

【感想等】
 王弟さんも彼なりの信念で動いている……のでしょうか。
 別の作品で右腕を失った人がいたことを考えると微妙な感じが否めませんが……
 色々な敵が立ちはだかりますが、いずれも1話で退場しそうな感じがします。

 残り2話で早期決着の流れなのはいいとしても、敵が容赦なく殺されるところに戦争の厳しさを感じます。
 いきなり真っ黒くなった「右腕」さんが今回のラスボス……なのでしょうか。
 真っ黒くなった人を倒して終わりだとしてもロドラさんの背後にいる「あの方」との決着はあと1話では難しそうです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム