【アニメ感想】この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第24話「デラ=グラントの真実」

 ユーノさんの24話を見て感想を書かせていただきます。
 娘さんが洗脳されて敵として立ちはだかり、一体何が何だかよくわかりません。
 そもそも、神帝さんとは一体何者なのでしょうか。

【内容】
 たくやは洗脳されたユーノに攻撃され、ダイナマイトを爆発させつつその場を逃れます。
 仲間と合流したたくやは娘に殺されそうになったことにショックを受けつつも、一時的に記憶を失っているだけと考えます。
 たくやは囚人を助け出そうとしたら因縁のある龍蔵寺だったので驚きます。

 龍蔵寺は神帝が一枚上手だったと言い、彼は娘のことも知っていました。
 アマンダ達はサラと再会し、たくやは龍蔵寺に剣を突きつけると母親が巫女だったことを知って驚きます。
 巫女は神に一部を捧げる必要があり、母は視力を、セーレスは言葉を、ユーノは心を捧げたそうです。

 龍蔵寺は自分を解放すれば娘を救う方法を教えると言い、そこに絵里子先生がやってきます。
 たくやは先生の大胆な衣装に驚きますが、デオ達は龍蔵寺に操られ、その間に龍蔵寺は脱出して去っていきました。
 先生は龍蔵寺を追い、サラは扉を開いて去っていき、たくやは巫女の部屋までやってきていました。

 デオ、カーツがおとりになったおかげでたくやは部屋に入り、ユーノを「俺達は家族だ」と言って説得しようとします。
 たくやはユーノをハグして正気に戻し、アマンダ達は「記憶の間」なる場所にやってきました。
 娘をその場に残したたくやは神帝を攻撃しますが、その正体が亜由美だったことを知って困惑します。

 亜由美はセーレスのことについて土下座して謝罪しますが、たくやは義母が神帝だなんて信じられません。
 雷に撃たれてデラ=グラントにやってきた亜由美は龍蔵寺とともにマザーを調べていましたが……
 龍蔵寺の野望を知った亜由美はマザーと協力して彼を拘束し、自らが神帝となって現在に至るそうです。

 アマンダの前に現われた女性は全員の名前を知っているらしく、デラ=グラントの昔話をはじめます。
 「地球先住民」に大いなる危機が訪れ、神の涙という隕石で滅亡の危機にあったそうです。
 大きな島ごと安全な別次元に移動したのが「デラ=グラント」であり科学者グランティアが中心であったとのこと。

 人々は過酷な環境を生き抜くために自らの体を改造して青年期を長くしたものの、失敗した者も多く存在したそうです。
 怪物は元々は同じ人間であったことが明かされるとともに、デラ=グラントの人間は超念石がなければ生きられないとのこと。
 地球とデラ=グラントは400年の周期で接近するというのは400年周期説が事実であったことを示しますが……

 グランティアは自分の意識を投影したマザーを開発し、それには身体機能を停止してシンクロさせた女性が必要でした。
 このままでは地球とデラ=グラントが衝突するそうですが、巫女が儀式を行うことで2つの世界が助かるそうです。
 儀式が成功すれば巫女であるユーノが消滅するらしく、アマンダは真実に驚いていたら兵士に取り囲まれてしまうのでした。

【感想等】
 龍蔵寺さんが立ちはだかる展開を予感していましたが、実際は捕まっていたので少し驚きました。
 北斗の拳の「南斗最後の将」という前例を考えれば神帝さんが女性なのはそれほど驚くことではないですが……
 ハグして娘さんを助けるところを見ると世紀末でも異世界でもどの世界でも「愛」が最強なのだと実感します。

 神帝さんが女性……までは読めていたものの、まさか義理の母親がここで出てくるとは信じられません。
 デラ=グラントと地球先住民のお話などなど、一気に色々なことがわかって、終わりに近づいてきたことを実感します。
 25話で最終回と言っていませんでしたので、再来週の26話で終わり……ということなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム