【アニメ感想】コップクラフト 第10話「COCK ROBIN, JOHN DOE」

 コップクラフトの10話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は総集編だったのでうろ覚えですが、たしか政治家さんが殺された事件だったかと。
 ケイさん達は犯人を追い詰めることが出来るのでしょうか。

【内容】
 カーンズの銃撃もあって選挙への関心とともにセマーニ人排斥の流れも高まります。
 ケイはカーンズを撃った銃の経路がつかめず、大量に貼られたモゼリーメのポスターを見て皮肉を言います。
 ティラナはモゼリーメの陣営の中に死人の匂いは感じないとのことですが……

 ランドルというジャーナリストが出てきたのをスルーしつつ、ケイはモゼリーメに事情聴取を求めます。
 モゼリーメはケイを追い返そうとしますが、マーラという女性が出てきて「あなたはやましいことはない」と言ってきます。
 カーンズが死んでモゼリーメに20万票が流れるらしく、ケイは次に対抗候補が倒れれば楽勝だと言い出します。

 嫁の尻に敷かれるモゼリーメは指導者の器ではなく、ケイ達はむしろマーラの方が怪しいと思えてきます。
 突然銃声が響いたかと思えばモゼリーメが撃たれ、ケイはカメラに写った人物から3人に狙いを絞りますが……
 怪しいセマーニ人の男は壁を飛び越えて逃げていき、ケイは道行く人から車を借りて追いかけていきます。

 ケイは男を車でひいて相手を確保しようとしますが、相手は銃を受けてもそれほどダメージは受けていないようです。
 ティラナは血まみれになりながらも相手を殺そうとし、ケイはそれを止めて何かを聞き出そうとしますが……
 男は「感謝します」と言ったかと思ったら地球人に姿を変え、ティラナは銃を調べて弾を抜いてくれと言ってきました。

 銃がカメラになったり銃弾が電池になったりするのは最高の鍛冶士でもできないそうです。
 FBIを名乗る男が出てきて死体を回収していきますが、主任はまだ顔写真があると言ってきました。
 モゼリーメは病院で命を落としたそうで、ケイは一連の経緯を同僚に話しますが……

 特殊な樹木で採取されるものが布のように折られ、服は別の服に替わったりするそうです。
 地球の技術を知る何者かと協力があったのではないかと推測しますが……
 ケイは別の候補に話を聞いてこいと言われ、セマーニ人の排斥の声がますます大きくなってティラナは怒りに震えるのでした。

【感想等】
 移民問題は「キャロチュ」でもありましたが、異世界だと更に複雑な問題になりそうです。
 売春(?)の前科もあるモゼリーメさんが怪しいと思っていましたがいきなり撃たれて何が何だかよくわかりません。
 銃弾がカメラになったり電池になったり、一寸先は闇という言葉がふと頭に浮かびました。

 市警やらFBIやらの勢力争い(?)はさておき、誰が犯人なのかますますわからなくなりました。
 色々なものに形を変えられるのなら服もそれほど買わなくてもいいのかもしれませんが……
 残り1、2話でこの事件の犯人を捕まえて終わり、ゼラーダさんには逃げられたままなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム