【アニメ感想】かつて神だった獣たちへ 第12話(終)「追う者たち」

 かつかみの最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 最終回なのでケインさんも姿を見せるようですが……
 サブタイトルの時点でここで決着がつかなさそうな感じがします。

【内容】
 ミリエリアは墓地で謎の粉をまいて死人を蘇らせているようです。
 オープニングの後、ハンクはマイルズと戦闘を開始し、その胸を突いても倒すことが出来ません。
 いきなり変なガスが流れてきてマイルズの左腕が腐り落ちてきました。

 マーティンは大統領から託された「腐蝕の毒霧」というもので犠牲を出しても戦いを終わらせようとしていました。
 ハンクは神殺の弾丸でマイルズを倒し、ケイン本人が出てきて兵士を次々と殺害していきます。
 マーティンは部下に命じてケインを射殺しようとしますが、兵士は一斉に首をはねられたり吸血鬼にされたりします。

 ケインはおぞましい手段を使う人間こそが獣だと言い、マーティンは毒薬を飲まされて死んでしまいます。
 ハンクはケインと対峙しますが、ケインはミリエリア達を動かして南部と「同盟」を結ぶと言ってきました。
 ケインは凄惨な状況を見せて人間は狂った生き物だと言い、エレインを殺した自分に感謝すべきと言ってきます。

 ハンクはエレインの遺志を継ぐと言い、自分達は戦争と共に終わるべきだったと言い切ります。
 獣の姿になったハンクはケインを攻撃したもののまるで通用しません。
 ケインは無数の姿に増殖してハンクを追い込みますが、ハンクは俺達に未来はないと反論します。

 砦は別働隊によって落とされたものの、ハンクはケインに完全に敗北してしまいます。
 ケインはハンクに「同志となれ」と叫びますが、シャールがハンクは人間だと言っていたことを思い出します。
 いちゃいちゃを見せつけられたケインは激しく憤り、光り輝くハンクはケインの顔面を殴ってきました。
 
 ケインはハンクの力は「獣の王」の力だと言って、また会おうと言って去っていきました。
 首都攻撃の危機が去ったかと思えばケインが最大戦力となり、大統領は各地の戦力を首都へと呼び戻します。
 ハンク、シャールは旅立ち、シャールはハンクについていくと言いきってお話を締めくくります。

 ケインは水槽に入ったエレインを見つめて「新たな時代の到来だ」などと言っていますが……

【感想等】
 最終回もいつもどおりオープニングが流れるところにハンクさんの堅物な性格が現われているのかも。
 不死身だと思っていたマイルズさんもあっさりと倒れたのを見ると色々と省略されているように思えます。
 ケインさんが出てくるのもメインキャラが次々と倒されるのも最終回らしいお話と言えるかも。

 駆け足ながらもケインさんとのラストバトルが描かれたのは一つの区切りとしてもよかったと思います。
 男女のいちゃいちゃにキレるケインさんが顔面を殴られた時は何が起こったのかよくわかりませんでしたが……
 予想どおりケインさんとの決着がつきませんでしたが、2期放送の可能性はあるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム