【感想】ハンドレッド(11話)「ガーデンズ・クライシス」

 ニコニコ動画さんで、ハンドレッド(11話)を見たので感想を書きます。
 次回でヴィタリーさんを倒して最終回、そんな流れですね。

【内容】
 学園祭(ガーデンス・フェスタ)で歌姫であるサクラのライブが行われ、妹のカレンとのステージが始まります。
 そんな中、ハチ型の機械がガーデンのあちこちに現れ、次々と自爆しはじめます。
 ルンバが次々とハチ型の機械へと変わっていく光景に唖然とするクレアさん。
 これらはすべて、ヴィタリーが用意周到に計画していたことだったのです。

 無人の飛行機が次々とガーデンに特攻し、さらに中からはヴィタリーの作ったコアのないサベージ(レプリカント)が現れます。
 クレアに呼ばれたハヤトとエミールは、一旦はクロヴァンたちの保護に回るよう指示が出ますが、巨大なレプリカントがバリアを破壊しようとしているのを見て、出撃しようとする会長の代わりに、それを倒すために出撃します。
 そんな彼らに、クレアは、「生きて帰ってきてください」と一言。

 混乱に乗じてガーデンの中に侵入したヴィタリーは、クロヴァン達の捕らえられているところまでたどり着きます。
 一般人を巻き込むやり方に反発したクロヴァン達ですが、モスキート音によって洗脳されてしまいます。
 様子を見に来たメイメイ(メイドロボ)はヴィタリーに倒されてしまいました。

 レプリカントと戦うスレイヤーの皆さんに、駆けつけたハヤトとエミール。
 「ガーデンは俺達が守る!」と戦闘態勢に入ります。

 一方、洗脳が完了したクロヴァン達を連れて、ヴィタリーも行動を開始します。

【感想】
 いよいよヴィタリーさんが動き出し、最後の戦いが幕を開けようとしています。
 この人も結構ひどい人だと思いますが、大量虐殺をした(カバネリの)美馬さんに比べたらまだマシだと思います。
 何といっても、掃除機がハチに変形するのには驚きました。

 出撃しようとするクレアさんを見て、はいふりの艦長さんの顔が頭に浮かんだのは内緒です。

 来週(あるいは再来週)で最終回っぽいです。
 巨大な敵を倒し、さらにヴィタリーさんを追い払って終わりという流れでしょうか。
 一方で、クロヴァンさん達が正気を取り戻すのかどうか、私、気になります! 

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム