• 2019-09-16 :
  • BEM

【アニメ感想】BEM 第8話「NOISE」

 ベムさんの8話を見て感想を書かせていただきます。
 ベラさんの元に転校生がやってきましたが、見た感じ、お母さんがかなり怪しいです。
 いつもどおり親しくなって裏切られる展開が繰り返されるのでしょうか。

【内容】
 ベラの通う学校にアルバートというイケメンでスポーツ万能な転校してきました。
 女子はアルバートに盛んに群がり、世界的に有名なオペラ歌手「ジュリア」はアルバートの母親らしいです。
 ベラは一人で歌っていたらアルバートがやって来て、素敵だったと言われたベラは顔を赤らめます。

 鳥も歌を歌うと言ってくるベラに対して、アルバートの母は鳥になりたいと言っていたらしいです。
 アルバートはベラをパーティーに誘い、ベラは同級生と一緒に服を選んでもらうことになりました。
 モニター(?)の向こうで歌っているジュリアはもう50代とは思えない若さで胸もかなり大きかったです。

 ベラは自分の胸を大きく見せようとし、ベムは異常があればすぐに教えろと言ってきます。
 ベロは「成金の人間様らしいよ」と突っ込み、若い女性がのどをえぐられて死ぬ事件が浮上します。
 被害者3人に共通するのは「声」を使った職業……らしいです。

 ジュリアはDrリサイクルに「次の素材を持ってくる」と言ってこの時点で犯人が誰なのかバレバレです。
 ベラ達はパーティーに参加していて、ジュリアは息子に招待されたベラを見て「若いってうらやましいわね」とひと言。
 ジュリアはベラの歌を「素晴らしいわ」と絶賛し、オーディションに出ないかと言ってきました。

 ベラはたまに胸がドキドキすると言い、ソニアは監視カメラをチェックしていてジュリアが容疑者として浮上します。
 すごい衣装に身を包んだジュリアはベラを連れていき、バケモノに変身して彼女の声を奪おうとします。
 その場に居合わせたスタッフは超音波で殺害され、アルバートは母親の超音波で気を失ってしまいました。

 ソニアは同僚に運転させて現場に急行し、ベラはアルバートを救うために変身して戦闘を開始します。
 ベラは相手がアルバートの母親ということに戸惑いながらも跳び蹴りを食らわせますが……
 ジュリアは音響設備の下敷きになり、アルバートはベラの姿を見てバケモノだと言って叫んで逃げていきました。

 ベラはスプリンクラーに打たれながら涙を流し、ロディはその姿を見て「美しい」とひと言。
 次の日、変身後のベラを絶賛するロディにベラは「言い趣味してるね」とひと言。
 アルバートは引っ越してしまった一方で、暗闇の中で光る目は一体何者なのでしょうか。

【感想等】
 シンフォギアのおかげでノイズというとバケモノのイメージが強いです。
 アルバートさんがいい人であればいい人であるほどに、ダリルさんの前例がのしかかってきます。
 ベラさんの同級生も今は普通の女子高生っぽいですがいずれ掌を返すのでしょうか。

 大原さんのお声で母親なのはよくあることですし、今季だとまちカドまぞくもそうだったかと。
 恋する乙女になったベラさんが可愛いですが、ジュリアさんの衣装と変身のインパクトが強すぎました。
 まぞくの娘さんと同じ声をしたハラジーさんの無事を祈りつつ、残りのお話も見ていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム