【アニメ感想】荒ぶる季節の乙女どもよ。 第11話「男女交際禁止令」

 あらおとの11話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は様々なところにひびが出てきて、今回はそれが一気に砕けた……という感じかと。
 和紗さん達は一体何処に向かっているのでしょうか。

【内容】
 り香は妊娠した十条(?)が堂々としていたことを称賛し、ひと葉と完全に衝突してしまいます。
 百々子は当たり前が出来てなきゃダメだと言い、ミロ先生か自分としなければ世界が滅びるならと聞いてきます。
 和紗は男の人だからミロ先生を選ぶしかないと言い、百々子は新菜に気をつけた方がいいと去っていきます。

 ひと葉は一部始終を話す気はないと言い、ミロ先生はひと葉に才能があると言ってきました。
 自分が惨めすぎて気持ちよくなったというひと葉は「私は諦めない」とつぶやきます。
 新菜は三枝の元を尋ねてすね毛について言及しつつも片足を上げて少女を終わらせたいと言ってきます。

 えすいばつで自分を終わらせようとしていた新菜でしたが、気づいたら三枝を殴って去っていきました。
 和紗は新菜から「鼻毛が白かった」と言われ、新菜は自分が泉が好きだから気持ちをぶつけると言ってきました。
 新菜の態度がかつての自分と同じだと気づいた和紗は深呼吸して「わかった」と言ってきます。

 「友よ」と新菜と抱きついてきた和紗でしたが、新菜の告白を許したことを激しく後悔します。
 和紗は切羽詰まった表情で泉の家にやってきて、キスを迫ったものの鼻の穴が開いていると言われてしまいます。
 みんなしていると言って既成事実を作ろうとする和紗ですが、泉は「大切にしたい」と言って断ります。

 和紗がショックで帰宅したら大胆な下着が届いていて、り香は母親に激高されてしまいます。
 校長先生は男女交際禁止を宣言し、ラブホテルの前でうろついていたり香と駿が退学処分になるのだとか。
 ひと葉は校長先生に直談判しようとしますが、ミロ先生は自分が責任をかぶって処分を受けようとします。

 教頭(?)はり香達を見せしめにすると言い、ひと葉は「このままでは済まさない」とひと言。
 高校生という時期は微妙だといい、それゆえに貴重だというひと葉なのですが……
 ミロ先生は文芸部の4人に捕まってしまい、和紗はこれから罪を犯すと言い出して困惑させます。

 文芸部は男女交際禁止令の撤廃とり香達の退学取り消しを要求します。
 要求が通らない限りはミロ先生を人質にして立てこもると言い出すのですが……

【感想等】
 最初から感情をぶつけ合ってきて、岡田さん「らしさ」をひしひしと感じました。
 一時は百々子さんと和紗さんとの百合を期待したものの、やがきみのようにはいきませんでした。
 そんな中でもミロ先生と低所得Pがしっかり先生をやっているのが素敵です。

 友情と愛情の狭間で焦る気持ちはわかるものの、むしろ泉さんの反応の方が普通だと思われます。
 り香さんが退学処分になったのはとばっちりとしか思えないのですが……
 理不尽に抗う勇気がほしいなと思いながら、最後(次回?)までしっかり見届けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム