【アニメ感想】Dr.STONE 第11話「CLEAR WORLD」

 ストーンさんの11話を見て感想を書かせていただきます。
 ゲンさんを仲間に引き入れ、ますます勢いづく千空さんなのですが……
 彼が何を作り、何をしようとしているのか最後まで見届けたいです。

【内容】
 コハクと金狼、銀狼は御前試合優勝のために修行をしていました。
 千空はゲンが司をごまかしている間に「ガラス」を作ろうと言ってきました。
 サルファ剤を作るためにもあらゆる実験に耐えるガラスが必要だそうです。

 スイカの目はぼんやりしか見えず、無理矢理見ようとしたらしわくちゃな顔になるそうです。
 穴から見ることでピンボケが減るらしく、近眼は病気でも欠陥でもないそうです。
 スイカは一度でいいから綺麗な世界を見たいと言い、砂がガラスの原料である硅砂なのだとか。

 貝殻、焼いた海藻はすでに出来上がっていて、鉛さえぶち込めばクリスタルガラスが完成します。
 ガラスを磨いて調整した結果、スイカの前にはひまわりも空もはっきりと見えてきます。
 コハク達は修行をしていて、距離感をつかまない限りはマグマに勝つことが出来ないそうです。

 金狼は「ぼやぼや病」らしいのですが、本人は硬く口止めしていました。
 スピードがアップしたスイカのおかげもあって整形釜を作って硝子をふいて膨らませますが……
 クロムは変なおじいさん(カセキ)を連れてきて、カセキはガラス細工を作るのを見て興奮します。

 カセキがガラス細工を作ったこともあり、千空は必要な研究施設を手に入れることに成功します。
 科学王国の設備が充実し、ラーメンを作ったり鉄を作ったり訓練をしたり発電をしたりガラスを作ったりします。
 銀狼は御前試合のために金の槍と銀の槍が必要ではないかと言いますが……

 千空は銀の槍を作ると言って銀狼は目を輝かせてきました。
 「代金は死ぬほど高い」と言われて即死もある強制労働を強いられるようですが。

【感想等】
 薬を作る流れはわかっているものの、その道のりは意外と遠いのだと実感します。
 あっという間にガラスを作ってくる千空さんは化学というよりも魔法ではないかとすら思えてきます。
 手作りでレンズを調整してメガネを作るところはかなり本格的でさすがだなとつくづく思います。

 ガラスは半分もしない間に出来上がりますが、ガラス細工は昔、修学旅行でやったことがあるのを思い出します。
 おじいさんがムキムキになったことと中の人がなにげに訃堂さんと同じだったことが驚きでした。 
 楽しいアトラクションが次々と出来上がりましたが、ここからどうサルファ剤へとたどり着くのかすごく気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム