【アニメ感想】胡蝶綺~若き信長~ 第10話「兄と弟」

 わかのぶの10話を見て感想を書かせていただきます。
 あれだけ仲がよかった兄と弟は結局ぶつかり合うしかなくなってしまうのでしょうか。
 蔵人さんを追放すれば事足りるようにも思えますが……

【内容】
 亡き父の夢を見たはずが兄の夢を見て、信勝は精神が不安定になってしまいます。
 蔵人は信勝に抱きついて新たな策を打つべきと言い、手はずは全て自分が整えると言ってきました。
 利家は末森城を監視下に置くべきと言いますが、信長は証拠がないと言って退けます。

 信長は帰蝶が去ったことでショックを受けていて、信勝はまだやることがあるとひと言。
 この頃に信長を守るための親衛隊が作られていたようですが……
 吉乃は帰蝶が自分を訪ねてきたことを、信長の心の支えになってほしいと言っていたことを告げます。

 卑怯者の手口には賛同できないという勝家でしたが、信勝に言われて思いとどまります。
 恒興は母親の容態が急変したと言って去っていき、このことは信長には言うなと念を押します。
 知らせそのものが罠であり、恒興が拘束されたので信長が出向かざるを得ませんでした。

 蔵人は「優れた家臣がいれば十分」と言いますが、信勝は「お前の役目はこれまでだ」と蔵人を殺そうとします。
 信長と対峙した信勝は秀孝の弔い合戦に来なかったことと父の葬儀に来なかったことを非難しますが……
 自分を生かしたことを「武士を軽んじている」と非難する信勝は、いずれ信長が身近な者に討たれると予言します。

 信勝は恒興はすでに殺されたと言って兄を煽り、信長は信勝を一突きにして決着をつけます。
 そこに恒興や勝家がやってきて、信勝は自分だけを咎人にしてほしいと言って命を落とします。
 信長は信勝が秀孝にあてた血まみれの手紙を見て弟の真意を知り、生まれた息子を見て弟に似ていると言い出すのでした。

【感想等】
 信長さんを中心とした歴史ものだと思って見ていたら、ギヴンに並ぶBLアニメというのが結論でした。
 「ノブナガ先生の幼な妻」や「ノブナガン」など、いつの時代も信長さんがいじられるのは人気者ゆえでしょうか。
 極論を言えば蘭丸さんが出ていればBL要員としては事足りると思いますが……

 自分を「優れた家臣」だと言っている蔵人さんですが、ただの自意識過剰にしか見えませんでした。
 信勝さんがわざと信長さんを怒らせようとしてくるところが「北斗の拳」のシンさんに見えたのは私だけかもしれません。
 蔵人さんがいなくなり、信勝さんが亡くなった今、あとは帰蝶さんを取り戻してお話が終わるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム