【アニメ感想】スタミュ-高校星歌劇-(第3期) 第11話

 スタミュの3期11話を見て感想を書かせていただきます。
 四季先輩が華桜会を助命され、だんだん先行きが不安になってきました。
 宿敵(?)を追い落とした冬沢先輩の心中はいかなるものなのでしょうか。

【内容】
 四季は華桜会を追放され、星谷がやってきたころには姿を消していました。
 冬沢は星谷達を呼び出して2チームでの公演はそのまま続けられると聞いてひとまず安堵します。
 戌峰は楽観的な考えの一方で、天花寺や空閑は去年の文化祭のことを思い出します。

 かつて、鳳先輩は華桜会から脱退して星谷達を守り、星谷は四季先輩は鳳先輩に似ているとひと言。
 憎いはずの四季を追い出した冬沢でしたが……
 星谷は先輩の気持ちを確かめると言い、チーム柊は冬沢は大切なものを見失ってしまったとつぶやきます。

 星谷は昼食時間に四季に話しかけ、チーム四季のことが心配になると言ってきます。
 チーム四季は指導者がいなくなっても乗り越えた星谷達に憧れたそうです。
 四季はオープニングセレモニーの成功こそが大事な夢であり、夢を託すと言って本を渡してきます。

 辰巳は冬沢が四季とぶつかり合いをしているようには見えないと言ってきます。
 冬沢は学園でやるべきことをやったといい、辰巳に同様に本を託します。
 辰巳は話したいことがあると言ってきて、2冊の本がいずれも同じものでしおりも共通していることに気づきます。

 天花寺は最後に一花咲かせればいいと言い、戌峰は先輩のやりたいことがステージでかなうのはすごいといってきます。
 那雪達は四季の連絡先を教えてほしいと訴え、春日野を通じて伝言を受けた四季でしたが……
 文化祭を前日に控えた星谷、辰巳、四季、冬沢は突然に歌い出してそれぞれの思いを語っていきます。

 星谷は先輩も一つのカンパニーだからステージを見てほしいと言ってきました。
 冬沢は「アイツはもう華桜会じゃない」と吐き捨てますが……
 そして四季はあいつらの思いに答えてやりたいと言いますが、冬沢は「ふざけるな!」と引きこもってしまうのでした。

【感想等】
 1期からずっと見てくると星谷くん達にそれなりに思い入れも出てきたりします。
 先輩方との絡みがメインの一方で、1年生の後輩が一切出てきていないことに今さら気づきました。
 4期があれば生意気な後輩が星谷くんとの交流で更生するというお話でもいいかも。

 1期終盤の学園祭のことが何度も思い出され、直前に1期を見ておいてよかったとつくづく思います。
 色々と困難がありながらも先輩方の仲を取り持つという結論に至るようですが……
 次回でチーム柊との決着をつけ、先輩が仲直りすればもう何も怖くないのだと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム