【アニメ感想】ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第10話「魔眼蒐集列車4/6 泡影の魔眼と目覚める探偵」

 エルメロイ先生の10話を見て感想を書かせていただきます。
 第2の殺人が起こるかと思っていましたが、特に起きないまま後半戦に入りました。
 眠ったままの主人公もそろそろ起きていいと思いますが……

【内容】
 ウェイバーは寝ているところをケイネスにたたき起こされます。
 どうして聖杯戦争に参加したいのかと聞かれ、ウェイバーはもう一度アイツに会いたいと訴えます。
 最終目標とは何かと言われた時、急にエルメロイ2世に戻って答えようとしますが……

 グレイはへファイスティオンとの戦いで大雪に巻き込まれ、2人で洞窟に入って暖を取ります。
 ヘファイスティオンは自分とグレイは同じだと言いますが、グレイには自分の望みがよくわからないそうです。
 「聖杯戦争に出れば死ぬ」と評され、主従ともに死んでしまうと言われてしまいました。

 太陽なくして臣下は生きられないそうで、イスカンダルという男はそれだけの偉大な存在でした。
 グレイは「こんなものはお前が望んだのか」とヘファイスティオンが叫んだのを見ていたそうですが……
 一方、ルヴィア、獅子却は事情聴取していて「オルガマリーは捨てられた」という意味深なことを聞きます。

 トリシャは聖杯戦争について調べていて、7年前の連続殺人事件とどう関わるのかと聞いてきます。
 そして「心臓を持たない男」が7年前の聖杯戦争を調べていたそうです。
 メルヴィンは列車が動くのを見て喜んでいたらグレイはアッドをスケート代わりにして追いついてきます。

 ルヴィアによると妖精に心臓を奪われたという男がいて、彼には義理の妹がいるとのことです。
 菱理は列車に乗っている人間を集めて7年前の連続殺人事件について言及します。
 聖堂協会も事件にからんでいて、カラボーが当時の捜査官で、過去からも未来からも見えないのは現場が違うのだとか。

 オルガマリーがトリシャの首を持って現れ、取り出された時のトリシャはまだ生きていたそうです。
 前もって斬撃を記憶しておいておけば対象は切断でき、カラボーがトリシャを殺した犯人ではないかと考えますが……
 そこに車椅子でやってきたウェイバーもといエルメロイ2世は菱理の推理に疑問があると言ってきます。

 エルメロイ2世は動機のない犯罪は存在しないと言いますが、菱理はカラボーが自分と殺人犯と同一視したのではとひと言。
 支配人代行が出てきてカラボーにはそれが可能だと言い、強引に彼の魔眼を摘出してしまいました。
 カラボーの魔眼は「泡影の魔眼」と呼ばれる代物ですが、エルメロイ2世によると可能と実行には隔たりがあるとのこと。

 魔眼の影響で自分自身の記憶が壊れるカラボーには、今や魔眼の能力を制御することが出来ないそうです。
 「魔眼を買い取る金はない」とエルメロイ2世は言い、グレイはトリシャの服の内側に卑猥なものがあったと言い出します。
 エルメロイ2世は犯人は自分の敵だと言い切り、事件は自分が解決すると宣言するのでした。

【感想等】
 鬼滅の刃の柱登場ではありませんが、一気にキャラが増えると時々混乱します。
 今は亡きケイネス先生がいきなり出てきたのは驚きました。
 仮にイスカンダルさんとケイネス先生が聖杯戦争に参加していても相性はかなり悪かっただろうと思います。

 主人公不在のまま推理パートになりますが、いきなり生首が出てきて驚きました。
 前もって空間を斬っておくという攻撃手段は某整合騎士の団長さんを思い出しますが……
 残り2話となりましたが、この事件の犯人もとい「敵」とは一体誰なのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>グレイは「こんなものはお前が望んだのか」とヘファイスティオンが叫んだのを見ていたそうですが……


前話のアバンでグレイはヘファイスティオンと同じ夢を見てます
最果ての海で一人、イスカンダルを苦しげに罵倒する姿を

>菱理はカラボーが自分と殺人犯と同一視したのではとひと言。

化野は真相を解明したいのではなく自分の利益になる状況にしたいだけなんです
だから犯行が可能と証明できたら動機は適当なでっち上げで構わない
まずは動機、つまり人の心から推理する二世とは対極です

>エルメロイ2世によると可能と実行には隔たりがあるとのこと。

犯行可能だから実行したとは限らないという意味です
二世はカラボーを信じてます

Re: No title

> >グレイは「こんなものはお前が望んだのか」とヘファイスティオンが叫んだのを見ていたそうですが……
>
> 前話のアバンでグレイはヘファイスティオンと同じ夢を見てます
> 最果ての海で一人、イスカンダルを苦しげに罵倒する姿を

 こんばんはです。
 言われてやっと思い出しました。
 この意味が今後明らかになるのでしょうか。

> >菱理はカラボーが自分と殺人犯と同一視したのではとひと言。
>
> 化野は真相を解明したいのではなく自分の利益になる状況にしたいだけなんです
> だから犯行が可能と証明できたら動機は適当なでっち上げで構わない
> まずは動機、つまり人の心から推理する二世とは対極です

 2人は正反対だからこそ
 反発し合う……という感じなのでしょうか。

> >エルメロイ2世によると可能と実行には隔たりがあるとのこと。
>
> 犯行可能だから実行したとは限らないという意味です
> 二世はカラボーを信じてます

 たしかに可能というのと実行するのとは違いますよね。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム