【アニメ感想】鬼滅の刃 第23話「柱合会議」

 鬼滅の刃の23話を見て感想を書かせていただきます。
 柱の皆さんが勢揃いしてサブタイトルどおり会議を行うようですが……
 禰豆子さんの処遇がどうなるのか、わたし、気になります!

【内容】
 風柱の不死川は自分の血をたらして「欲しいだろ?」と禰豆子を煽ってきました。
 炭治郎は蛇柱に拘束されてしまい、岩柱は哀れと言いながらも涙を流します。
 禰豆子は自分を必死にかばう兄と今は亡き両親、左近次の「人間を守れ」という言葉を思い出します。

 「人は守るもの」という原則を貫き、必死に不死川の煽りに耐える禰豆子さん。
 耀哉はこれから2人が鬼殺隊で戦えることを証明しなければならないと結論づけます。
 彼が言うには十二鬼月を倒せば認めてもらえるとのことで、炭治郎は自分が無惨を倒すと宣言します。

 しのぶは炭治郎を自分の屋敷でお預かりすると言い、炭治郎はおんぶされますが戻ってきました。
 炭治郎は不死川に頭突きさせろと言いますが、霞柱に石をぶつけられて退散します。
 耀哉は去り際に「珠世さんによろしく」と言ってきて、彼らが知り合いらしいことがわかります。

 屋敷で待機するカナヲは最終選別で残った子であり、女の子なのに相当才能があって優秀なのだとか。
 善逸は苦い薬を飲みたくないとわめきちらし、炭治郎を見るなり痛かったと言って抱きついてきました。
 モブ隊員の村田はよくわからないものの伊之助も隣で眠っていて、炭治郎は無事でよかったと涙を流します。

 伊之助はいつもと違った声で「ごめんね、弱くて」とつぶやき、善逸はいつもどおり叫び出します。
 炭治郎はもっと強くならなきゃとつぶやき、輝哉の声はちょっとふわふわしたそうですが……
 自分が絶対に妹を人間に戻すと言い、別のところでは輝哉のもとに柱が全員集まって会議を行います。

 不死川は隊員の質が落ちていると言い、しのぶは人が増えれば統率が難しくなると言ってきます。
 鬼と因縁がある人間や鬼狩りの血統以外では多くを求めるのは酷らしいですが……
 無惨は騒ぎを起こして目をそらしてきますが、今の「柱」は戦国以来の精鋭がそろっているそうです。

 柱を「子供達」を呼び、その活躍を期待する輝哉さん。
 彼は無惨に対して強い執着をもっているようですが……

【感想等】
 最高幹部ポジションが大好きというのは前回もしつこく言ったので省略します。
 キャストの豪華さに加えて公式でPVまで作ってきたのはいい意味で期待を裏切られました。
 ここまで期待を膨らませてきたのですから、2期は絶対にある……はず。

 某消防隊でもCV関智一さん(の敵)が出てきましたが、不死川さんと演技がぜんぜん違うところはベテランだと思います。
 炭治郎さんが十二鬼月を倒した時は柱の皆さんが少しずつデレてくるのでしょうか。
 現時点では生意気な新入社員なのが実績を積み重ねれば給料が上がったりお家が買えるようになるのでしょうか。

 炭治郎さんと善逸さんとカナヲさんとは同期みたいですが、その立ち位置はかなり違うようです。
 善逸さんは平常運転でしたが、伊之助さんのお声がいつもの調子と違っていて、よほどショックを受けた……のでしょうか。
 2クールならあとせいぜい3話くらいですが、終了直後に2期の制作決定の告知があると信じてます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム