【アニメ感想】鬼滅の刃 第22話「お館様」

 鬼滅の刃の22話を見て感想を書かせていただきます。
 累さんとの戦いを終えた炭治郎さんを待っていたのは強制捜査(?)でした。
 いきなり出てきた柱の皆さんは一体どれくらいに実力を持っているのでしょうか。

【内容】
 炭治郎がたたき起こされるとそこには柱の皆さんが5人ほどそろい踏みしていました。
 鬼殺隊の本部でこれから裁判を受けるようにと言われたのですが……
 炎柱は裁判など不要と言いますが、恋柱は胸が痛むわと反論しま、岩柱は涙を流します。

 炭治郎は禰豆子の名前を連呼しますが、蛇柱は同じ柱である義勇をどうするのかと言われます。
 しのぶは鬼殺隊員なのにどうして鬼を連れているのかと言い、炭治郎は自分の妹だからと言いますが……
 水を出されたので飲んでみて、妹は鬼になったけど人を食ったことはないと訴えます。

 2年の間、禰豆子は人を食っていないと言いますが、それを証明して見せろと言われると口が止まります。
 恋柱はお館様が来るまで待ってほしいと言い、炭治郎は妹が人を守ることために戦えると言いますが……
 不死川(しなずがわ)という男が出てきて禰豆子を攻撃し、炭治郎は柱だろうが許さないとキレてきました。

 炭治郎は頭突きで不死川を倒し、善良な鬼と悪い鬼の区別がつかないなら柱はんか辞めてしまえと言い放ちます。
 そこにタイトルどおり「お館様」もとい産屋敷耀哉が出てきて、柱を「我が子」と呼んできます。
 お館様は炭治郎と禰豆子のことを認めていると言いますが、一部の柱はそれでも反発してきました。

 左近次(元水柱)からの手紙には炭治郎と禰豆子のことを頼む(意訳)と書かれていました。
 もし人を襲ったら自分と義勇が腹を切ってお詫びすると書いてあって、炭治郎は思わず涙を流して感動します。
 人が襲われない保証はないと言い出す柱に対して、お館様は人を襲うことを証明できないと反論します。

 お館様は炭治郎は無惨と遭遇したことがあると言い、彼に向けて追っ手を放っているとひと言。
 不死川は自分の手を切って鬼の醜さを証明すると言い、血を流して「めしの時間だぞ」と煽ってきました。
 「ででこい鬼!」と滅多差しにして出てきた禰豆子は一体何を思うのでしょうか。

【感想等】
 黄金聖闘士や護廷十三隊などなど、そういった幹部ポジションはすごく好きです。
 キャストも聞いたことのある声優さんが多く、ジャンプ系はそういったところもしっかりしていて好きです。
 水や炎や風というのは定番だとしても「恋」柱とは一体何なのかという疑問が残りますが……

 メンバーの名前がちゃんと出てくるのはいいとしても、情報が多くて頭が全くついていけていませんでした。
 彼らの活躍が重なれば自然と覚えていくでしょうが、敵が本気になれば犠牲者も出てくるのでしょうか。
 頭突きで攻撃を加えられる不死川さんにはちょっと笑ってしまいましたが、彼もかなりの強豪だと思われます。

 サブタイトルどおり出てきた「お館様」には謎のカリスマを感じつつも、部下にいきなり反発されたのはちょっと驚きました。
 犠牲が出てからは遅いというのもわからなくもないのですが、不死川さんが悪役に見えてしまったのはここだけの話です。
 2クールだとしたら残り話数も少ないのですが、HF映画が終わった後でも2期放送決定の告知があると信じたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム