【アニメ感想】とある科学の一方通行 第8話「蛭魅(フレンド)」

 一方通行さんの8話を見て感想を書かせていただきます。
 今回はエステルさんと蛭魅さん達の過去が明らかになるようですが……
 レベル6を生み出すことで一体何をしようとしているのでしょうか。

【内容】
 かつての幹比古と蛭魅はレベル6を生み出す研究をしていたようです。
 2人の前に現れた「希望」こそがエステルなのでしたが……
 色々と置かれている怪しいアイテムは先輩方が持ってきたものらしいです。

 蛭魅はエステルの手を取って協力してもらいたいと言ってきました。
 疑似魂魄でロボットを操ることが出来て、能力が体のどこに宿るのかという研究なのだとか。
 しかし能力の宿る箇所とレベル6との間には特に繋がりはありませんでした。

 エステルは自分は何のために呼ばれたのかと悩み、水着になって沐浴しようとして止められます。
 シャワールームに案内されたエステルですが、蛭魅は服をプレゼントしたりボクシングの真似をしたりしてきます。
 研究者達は何でも言うことを聞いてくれる10代女子が中々見つからないと悩んでいました。

 エステルは話を聞いても至って冷静でしたが、幹比古は能力を強化することが出来ることに気づいたようです。
 誰でも簡単にレベル6になることが出来る日が来るらしいですが、さすがに妹には実験を行っていないとのこと。
 蛭魅はエステルを「秘密兵器」だと言い、兄の役に立つためにレベル6を目指しているとのことです。

 幹比古はあくまで蛭魅を参加させないと言い、妹の命を失いかねない実験は出来ないと言い切ります。
 反発して出ていった蛭魅ですが血を吐きながらもエステルとの約束を果たそうとします。
 病気にかかっていた蛭魅は自殺してしまい、妹を失った幹比古は哀しみのあまり呆然としてしまいます。

 蛭魅を蛭魅のままで生き返らせるために、彼女を機械の中に入れてつなぎ止めてみることに。
 同僚は蛭魅を実験台にして「レベル6は近い」と言いますが、幹比古は妹とともに学園都市を出ると訴えます。
 死んだはずの蛭魅は同僚研究者をあっさりと始末し、自分をレベル6にしろと言ってきました。

 蛭魅だと思っていた相手は別の相手(とうこつ)だったようで、エステルは両手を封じられてしまいました。
 エステルは謎の剣を出してきてかつての友との決着をつけることを決意するのでした。

【感想等】
 仲むつまじい兄妹は作品や世界観が違えば彼らが主人公でもおかしくなかったのかも。
 昔の友人と敵対することになったエステルさんの心中は一体どんなものなのでしょうか。
 蛭魅さんのお名前には疑問が残りますが、ツインテールもポニーテールもセーラー服も素敵です。

 レベル6の研究というと美琴さんの妹さんをひたすら犠牲にするイメージが強いです。
 エステルさんと蛭魅さんの絡みやお兄ちゃん大好きな蛭魅さんは見ていて微笑ましいですが……
 ラスボスが少しは見えてきたものの、一方通行さんに勝つにはまだまだ遠そうに思えます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム