【アニメ感想】彼方のアストラ 第9話「REVELATION」

 アストラさんの9話を見て感想を書かせていただきます。
 どうやらキトリーさんとフニシアさんが同じ遺伝子を持った存在……らしいです。
 かつてのガンダムSEEDみたいにクローン人間なのでしょうか。

【内容】
 中学生時代のカナタはトレーナーの父親に反発して宇宙に行くと言い出します。
 父は「夢はなんでもいい」といい、体を維持することの大切さを説いていましたが……

 時系列は現代に戻り、宇宙船は次の星に向けて移動していました。
 ザックは検査の結果、キトリーとフニシアのDNAが完全に一致し、同じ人間だと言ってきました。
 ルカは一卵性双生児の可能性を示唆しますが、年齢の離れた双子は考えられません。

 カナタはキトリーとフニシアだけでなく自分達が全員親のクローンだと言ってきました。
 移植目的のクローンを作ることで若い体に乗り換えることが可能であるとのこと。
 芸術科やアスリート、病院などなどの立場が共通の目的のために動いていたそうです。

 親御さんがクローンと若返りの話題を出してきて、フニシアは予備の臓器用クローンなのだとか。
 クローンの遺伝子を残さないためにわざと宇宙に置き去りにして抹殺しようとしたそうです。
 芸術家であるルカの父は男女両性のクローンがほしいという「生まれ変わり」願望を持っていましたが……

 カナタの父はあくまで自分を鍛えると言い、クローンを息子だと思ったことはないと断言します。
 アリエスは自分の母は優しい人だと言いますが、そもそも実の母親ではない可能性も……
 カナタはメンバーの「愛されていない」という共通点からここまでの事実を導き出したそうです。

 「俺達が家族だ」と叫んだカナタは生き延びることが最大の復讐だと言い放ちます。
 生き延びて戻れば新しい戸籍が与えられるとのことですが……
 シャルスはショックだと言いながらもすでに親とは絶縁だから余りショックはないそうです。

 カナタは父は自分の体を鍛えていたと言いつつも、自分で選択したことだと言ってきました。
 ウルガーはせいせいしたと言い、ルカの父親を追い詰めることに迷いはないとのこと。
 ユンファは母親を失うのはつらいと言いながらももう我慢しなくてもいいのだと言って涙を流します。

 ポリーナはアリエスを心配しますが、アリエスは愛を信じるとのこと。
 キトリーは母のレールから解放された気がすると言い、旅を通じて変われたことがうれしいそうです。
 ザックは全員を集めてキトリーと結婚すると言い、それは昔から決まっていたと言い切ります。

 カナタの発案でポリーナの歓迎会は結婚おめでとうパーティーを兼ねることになりました。
 あと一つの惑星を経由すれば故郷へ戻れるとのことですが……
 ポリーナは母星である地球とは違うと言い、カナタは自分達が惑星アストラから来たと言い出すのでした。
 
【感想等】
 カナタさんのお父さんのお声で切嗣さんのことがふと頭に浮かびます。
 クローンのことは考えていたものの、さすがに全員がクローンというのは想定してませんでした。
 社会的に成功しているからこそ生きながらえようとするのだろうと思いますが……

 展開があまりにも衝撃的すぎて、ある意味ではまどマギ以上の衝撃だったかも。 
 全員を家族だと言い切るカナタさんにふと鉄華団の団長さんが頭に浮かんでしまいます。
 さすがに最後まで「終わるんじゃねえぞ……」になることはないと思いたいです。

 親子関係に問題を抱えているところは、お母さんのアニメといい勝負かもしれません。
 仲間に一人一人話しかけていくところは決戦前夜という感じでしんみりしましたが……
 結婚騒ぎがあったりバタバタしてきましたが、最後にはどんな結末になるのかしっかり見届けたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

衝撃的な展開

こんばんはです。

長文失礼します、
今回の事で重要分岐点となりうる話であったので
書き込みました、
今回の話を見て最初から見る方は私も含めて
多いかとwww
この作品は本当に凄く稀に見る名作かも。
見返すと付箋が以前から見え隠れてしている事に
気付きました。
今更ですが作画のレベルも何気に高い気がします。
キトリーさんとフニシアさんはクローンでは?という
話は何となく思った通りだったが、まさか乗組員
全員(ポリ姐を除く)が同じというのは
驚きました。
しかもコピー元が親であり、いずれ乗り換える為の
器という事実には驚きました。
アリエスさんはシャルスさんが話したセイラさんの
クローンという事でしょう。
事実を知ったメンバーの悲しみは大きかったが
カナタさんが皆んな家族という叫びは素敵でした。
皆んなのフォローに回るカナタさんは流石は
キャプテンという感じでした。
アリエスさんは例え嘘でもお母様から受けた愛は
本物と信じる姿も良かったです。
恐らくアリエスさんのお母様は本当に優しく
アリエスさんを実の娘の様に育た可能性がある。
ザックさんの遺伝子に関係なく育った環境で人は
変わるという話も良かった。
ザックさんとキトリーさんは船内の重い空気を
変えるべく結婚宣言するというアイデアは良かった。
面白かったのはザックさんが無表情で語る数々の
爆弾発言が効果に現れる表現には笑ったwww
ザックさんの表情とは裏腹の言葉の数々に
皆んなが爆死するのも無理はないかとww
ザックさんは望遠鏡を修理し2千光年先の星を
観測出来る様にしたというのも凄い話であった。
モニターに写し出された地球に良く似た星は
地球でなくアストラという本タイトル名の星であった。
ボリー姐は皆んなが向かっている星が地球でない事に
驚く。
どうなるのか楽しみです。

本日もご苦労様でした。
私なりの考察を書いたので参考にして
楽しんで頂けると幸いです。
この作品は始まる前からストーリー賞を
取った作品として注目を浴びた作品の様で、
確かに凄い作品だと思う。
色々と凄い事になっていて置いてきぼりを喰らいそうです。
まずはボリ姐を除く皆んなの共通が、クローンだったという
事実には驚きと共に、皆んなと同じく怒りさえあります。
魂が乗り替わる訳ではないので乗換ということ事態は
破綻してますが、考えが恐ろしいです。
一昔の作品であるプラメモに近いと思った人も
いるかもですね。
彼らは生まれ変わりの代用を想定したと思うが、
根底から間違っていますね。
ボリ姐が以前に話していた何も起きなかった?という
話と今回の事実に納得がいきました。
確かにカナタさん達は地球という事は一言も
言ってなかったが、この作品を見ている殆どの方は
地球からの話と考えると思われる。
アストラという名前は船の名前と思った方は
私も含めて多かった筈。
思い返すと最初の話の辺りで船を見つけた時、
「PER ASPE RA AD ASTRA 」のメッセージを
見つけ、船の名前にしました。
この言葉は実際にある名言らしいです。
ASTRAは星の名前であり、困難を乗り越えて
故郷に帰るという意味と本編で解説していた。
この時点で付箋を貼っていたのですね。
ではボリ姐さんはどうするのか注目したいですね。
そもそも地球は無事なのでしょうか?
その為のボリ姐さん達の惑星調査だったような気がします。
最後に「ASTRA」という惑星名の表示のシーンは
インパクトがあり鳥肌が立つほどでした。

さて、ここでいくつかの疑問点が出てきました。
1.メンバーの中に刺客がいる事。
そいつは恐らくクローンの事も以前から知っており、
万が一に備え大人達が用意した人物?
シャルルさんが一番怪しいのですが、何気にフニシヤさんも
強引に入れたという話が引っかかる。
2.カナタさん達が乗っていた船と、地球から来た筈の
ポリ姐の機体が同じというのはおかしい。
違う星で作ったものが同系統になる可能性なんて
ありえない。
3.クローンとして育ったカナタさん達ですが、本当に
母性はアストラなのか?
改めて1話を見たが最初にベースキャンプに向かう星の
名前がマクパだったので、少なくとも太陽系では
無さそうです。
ただアリエスさんが船内に持ち込んだ荷物で、冷凍ミカンや
麦茶など地球の物があるのが謎になります。
4.カナタさんが持っている写真で先生と一緒に写っている写真の
船はアストラ号に見えた。
そうすると先生は地球人だったかもですね。
5.通常年号とかはSF作品では表記をオリジナルで
表す作品が支流と思うが、この作品は敢えて西暦で
表現しており、地球暦を持ち出す意味が
この作品の謎を解く鍵になりそうです。

Re: 衝撃的な展開

> こんばんはです。
> 長文失礼します、

 こんばんはです。
 アストラさんはまさかの急展開でしたね。

> 今回の事で重要分岐点となりうる話であったので
> 書き込みました、
> 今回の話を見て最初から見る方は私も含めて
> 多いかとwww
> この作品は本当に凄く稀に見る名作かも。
> 見返すと付箋が以前から見え隠れてしている事に
> 気付きました。
> 今更ですが作画のレベルも何気に高い気がします。

 ジャンプ系で戦闘でもラブコメでもなかったという意味で
 注目していた作品でしたが、
 内容も作画もよく、伏線も見事にはられていますよね。
 いい意味で裏切られた作品かもしれません。

> キトリーさんとフニシアさんはクローンでは?という
> 話は何となく思った通りだったが、まさか乗組員
> 全員(ポリ姐を除く)が同じというのは
> 驚きました。
> しかもコピー元が親であり、いずれ乗り換える為の
> 器という事実には驚きました。

 全員クローンという展開を読んでいた人は、
 おそらくあまりいなかったと思います。
 親が冷淡だった理由もなんとなく見えてきましたね。

> アリエスさんはシャルスさんが話したセイラさんの
> クローンという事でしょう。

 平民のセイラさんのクローンを作ったのは
 一体どんな理由があったのかも気になります。

> 事実を知ったメンバーの悲しみは大きかったが
> カナタさんが皆んな家族という叫びは素敵でした。
> 皆んなのフォローに回るカナタさんは流石は
> キャプテンという感じでした。

 こういったところで周りをまとめるところは
 しっかり主人公しているなと思います。

> アリエスさんは例え嘘でもお母様から受けた愛は
> 本物と信じる姿も良かったです。
> 恐らくアリエスさんのお母様は本当に優しく
> アリエスさんを実の娘の様に育た可能性がある。

 他の親があまりにも冷淡すぎたのもありますが、
 アリエスさんのお母さんだけは優しい人だったと思いたいです。

> ザックさんの遺伝子に関係なく育った環境で人は
> 変わるという話も良かった。

 人間は血縁でも遺伝子でもなく環境だと、
 そう言い切れるのはすごくいいことだと思います。

> ザックさんとキトリーさんは船内の重い空気を
> 変えるべく結婚宣言するというアイデアは良かった。
> 面白かったのはザックさんが無表情で語る数々の
> 爆弾発言が効果に現れる表現には笑ったwww
> ザックさんの表情とは裏腹の言葉の数々に
> 皆んなが爆死するのも無理はないかとww

 前回に続いていきなりの進展でしたが、
 ザックさんは面白い人というイメージが強まりました。

> ザックさんは望遠鏡を修理し2千光年先の星を
> 観測出来る様にしたというのも凄い話であった。
> モニターに写し出された地球に良く似た星は
> 地球でなくアストラという本タイトル名の星であった。
> ボリー姐は皆んなが向かっている星が地球でない事に
> 驚く。
> どうなるのか楽しみです。

 宇宙船の名前だとばかり思っていたのが、
 いきなり星の名前だったのは、
 どんでん返しをくらった感じがします。

> 本日もご苦労様でした。
> 私なりの考察を書いたので参考にして
> 楽しんで頂けると幸いです。

 今日も大変お疲れ様でした。
 これだけ書かれるのもすごいなと思います。

> この作品は始まる前からストーリー賞を
> 取った作品として注目を浴びた作品の様で、
> 確かに凄い作品だと思う。
> 色々と凄い事になっていて置いてきぼりを喰らいそうです。

 原作を読むなり見直すなりしていかないと、
 ちゃんと理解することは難しいのかもしれません。

> まずはボリ姐を除く皆んなの共通が、クローンだったという
> 事実には驚きと共に、皆んなと同じく怒りさえあります。
> 魂が乗り替わる訳ではないので乗換ということ事態は
> 破綻してますが、考えが恐ろしいです。

 昔の「鋼の錬金術師」の古い方のアニメで、
 ラスボスの目的が新しい体に乗り換えること……
 だったような気がします。

> 一昔の作品であるプラメモに近いと思った人も
> いるかもですね。
> 彼らは生まれ変わりの代用を想定したと思うが、
> 根底から間違っていますね。

 プラメモはすごく泣ける作品ですよね。
 見直そうと思いながらも、
 号泣しそうなのでずっと留まってます。

> ボリ姐が以前に話していた何も起きなかった?という
> 話と今回の事実に納得がいきました。
> 確かにカナタさん達は地球という事は一言も
> 言ってなかったが、この作品を見ている殆どの方は
> 地球からの話と考えると思われる。

 視聴者がみんな地球人ですし、
 特によその星という発言もなかったですし……

> アストラという名前は船の名前と思った方は
> 私も含めて多かった筈。

 見る前は人名だと思っていて、
 1話を見て船の名前だと判断したのが、
 今は惑星になってしまったのですね。

> 思い返すと最初の話の辺りで船を見つけた時、
> 「PER ASPE RA AD ASTRA 」のメッセージを
> 見つけ、船の名前にしました。
> この言葉は実際にある名言らしいです。
> ASTRAは星の名前であり、困難を乗り越えて
> 故郷に帰るという意味と本編で解説していた。
> この時点で付箋を貼っていたのですね。

 本作のストーリーをなぞったものになっているのは
 とても興味深いです。

> ではボリ姐さんはどうするのか注目したいですね。
> そもそも地球は無事なのでしょうか?
> その為のボリ姐さん達の惑星調査だったような気がします。
> 最後に「ASTRA」という惑星名の表示のシーンは
> インパクトがあり鳥肌が立つほどでした。

 地球と似た文明があったのか、
 そのあたりを含めて、
 今後からますます目が離せません。

> さて、ここでいくつかの疑問点が出てきました。
> 1.メンバーの中に刺客がいる事。
> そいつは恐らくクローンの事も以前から知っており、
> 万が一に備え大人達が用意した人物?
> シャルルさんが一番怪しいのですが、何気にフニシヤさんも
> 強引に入れたという話が引っかかる。

 一時的に刺客の話題が出ましたが、
 今後またこれがぶり返してくるのでしょうか。

> 2.カナタさん達が乗っていた船と、地球から来た筈の
> ポリ姐の機体が同じというのはおかしい。
> 違う星で作ったものが同系統になる可能性なんて
> ありえない。

 どちらかが元々あったものを、
 コピーして作ったと考えるしかないかも。

> 3.クローンとして育ったカナタさん達ですが、本当に
> 母性はアストラなのか?
> 改めて1話を見たが最初にベースキャンプに向かう星の
> 名前がマクパだったので、少なくとも太陽系では
> 無さそうです。
> ただアリエスさんが船内に持ち込んだ荷物で、冷凍ミカンや
> 麦茶など地球の物があるのが謎になります。

 宇宙に進出した人類が別の惑星に定住して、
 同じような文明を残していたのかも。

> 4.カナタさんが持っている写真で先生と一緒に写っている写真の
> 船はアストラ号に見えた。
> そうすると先生は地球人だったかもですね。

 地球とアストラがどう繋がっているのか、
 そのあたりを最後まで検討していければと思います。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム