【アニメ感想】鬼滅の刃 第21話「隊律違反」

 鬼滅の刃の21話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトのあらすじを見ると累さんの過去のお話……らしいです。
 鬼になった彼は何を思ってかりそめの家族を作ろうとしたのでしょうか。

【内容】
 後に十二鬼月となった累は人間だった頃は体が弱く、呆然と空を見上げていて母に連れ戻されます。
 無惨がやってきて強い体にしてもらった累でしたが、今度は人間を食べなければ生きていけなくなりました。
 川で溺れた我が子を助けるために死んだ親子がいたというお話に感動したという累でしたが……

 累の父は息子を殺そうとし、母は泣くばかりで息子をかばうことはありませんでした。
 両親を返り討ちにした累は自分達の絆は「偽物」だったと考えますが……
 母は強い体に産めなくてごめんと言って命を落とし、父は人を殺した業を一緒に背負うつもりだったようです。

 無惨は自分の強さを誇れと言い、累は自分の罪に耐えきれずに言うがままにするしかありませんでした。
 偽りの家族を作ってもむなしさはやまず、強くなればなるほど人間の記憶が消えていくとのこと。
 炭治郎は累の体から深い悲しみを感じ、累は炭治郎の体に触れて自分が父母に謝りたかったことを思い出します。

 累の元に死んだはずの両親が現れ、一緒についていくと言ってくれました。
 最後に親子の絆を取り戻した累は涙を流して謝罪しながら冥土へと旅立っていきます。
 しかし、義勇は累の服を踏みつけ、人を殺した鬼に情けをかけるなと言ってきました。

 炭治郎は自らの行いを悔いている者を踏みつけにはしないといい、鬼は元々人間だったと訴えます。
 しのぶが禰豆子に斬りかかってきてそれをかばった義勇に「そんなんだからみんなに嫌われるんですよ」と言ってきました。
 操られていた隊員はしのぶの調合した注射で元に戻り、善逸も無事だったようで何よりでした。

 義勇は「俺は嫌われていない」と言いますが、しのぶは「自覚してなかったんですね」と言ってきます。
 炭治郎は禰豆子は妹だと言いますが、しのぶは構わずに彼女を殺そうとします。
 義勇は炭治郎を先に進ませ、しのぶは義勇は「隊律違反」ではないかと突っ込みを入れてきました。

 炭治郎はしのぶに踏みつけにされ、しのぶは容赦なく禰豆子を殺そうとします。
 しのぶは炭治郎をかかと落としで倒しますが、禰豆子は子供の姿になって逃げおおせます。
 義勇はしのぶを取り押さえ、急に2年前のことを話し出しますが……

 カラスは炭治郎と禰豆子の2人を拘束して本部に連れ帰れと命令してきました。
 禰豆子も炭治郎も連れていかれ、伊之助は連行されながら自分は弱いのかと考えて、善逸は包帯でぐるぐる巻きにされました。
 そして、たたき起こされた炭治郎の前に柱の皆さんがそろっているのでした。
 
【感想等】
 主人公には主人公の、仲間には仲間の、敵には敵の戦う理由がある……ということでしょうか。
 私自身も体があまり強くなかったので累さんにちょっとだけ同情してしまいました。
 無惨さんが累さんを鬼にしたシーンだけみると、無惨さんがいい人のようにも思えてきます。

 孤独と嫉妬で動いていた累さんは精神的にはまだ「人間」だったといってもいいのかも。
 強敵の哀しみを背負って戦う炭治郎さんはある意味ではケンシロウさんの後継なのかもしれません。
 そのうち過去の強敵が彼の後ろに現れて力を貸してくれる……というのは考えすぎでしょうか。

 義勇さんは実はいい人っぽいキャラですが、口下手なおかげで損をしているように思えます。
 禰豆子さんの底知れない強さはもしかしたら十二鬼月と同レベルの実力というのは考えすぎでしょうか。
 炭治郎さんはこれからどうなるのか心配ですが、義勇さんのこともすごく気になる今日この頃です。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム